うまずたゆまず

コツコツと

地蔵盆

「地蔵盆」は、京都など近畿地方を中心に行われている 子供達が主役となって、町内の地蔵さんにお供物をして祀る、 地域の行事です。 地蔵盆とは? 「地蔵盆」の起源 「地蔵盆」に行われること 町内の「辻地蔵(地蔵さん)」をきれいにする 飾り付けをする …

小野篁と地蔵信仰

小野篁(おののたかむら)は 平安時代前期の政治家・学者・歌人です。 遣隋使・小野妹子の子孫で、 小野好古、道風(「三蹟」の一人)は、篁の孫に当たります。 博識多才で、「漢詩は白楽天、書は王羲之父子に匹敵する」と 言われたほど。 「三蹟」(さんせ…

盆送り火

盆明けの16日の夕方に火を焚いて祖先の霊を送り出す・・・、 これが「送り火」です。 「送り火」とは 送り火の準備とやり方 夏の風物詩の「大文字焼」 京都五山送り火 奈良大文字送り火 箱根 強羅大文字焼 「精霊流し」と「灯籠流し」 灯篭流し(とうろう…

お盆

「お盆」は、 旧暦7月15日を中心に行われてきた、 祖先の霊(祖霊)をお迎えして、もてなし、お送りする行事です。 『日本書紀』によると、古くは推古天皇14年(606年)に 「四月の八日、七月の十五日に設斎(おがみ)す」とあり、 その頃にはお盆の習…

盆飾り

迎え火 苧殻(おがら) 精霊馬(しょうりょうま) 精霊棚 盆提灯 施餓鬼(せがき) 送り火 灯籠流し 迎え火 地方によって異なりますが、13日の夕方、 縁側の軒先や精霊棚に吊るした盆提灯に火を灯した後、 家の門口や玄関で迎え火を炊きます。 「焙烙」(…

お盆の日程

お盆は、祖先の霊(祖霊)をお迎えして、 もてなし、お送りする行事です。 お盆のためにどのような準備をし、 どのように過ごしたらよいのでしょうか。 お盆の準備やお墓参りを計画されている方は、 早い段階からお盆の期間をチェックしておくことをおすすめ…

夏の土用

「立秋」前の夏の終わりの約18日間は「夏の土用」に当たります。 今年、令和4(2022)年の「夏土用」は、7月20日から8月6日になります。 夏の土用の丑の日には鰻を食べる習慣があり、 またこの期間は「暑中」と呼ばれ、「暑中見舞い」を出す時期でもあります。…

夏の「土用の丑の日」

「土用の丑の日」とは、 「土用」の期間中にやってくる「丑」(うし)の日のことです。 「土用」の期間中に「丑」の日が2日ある場合は、 それぞれ「一の丑」、「二の丑」と言います。 今年、令和4(2022)年の夏の土用は、 「一の丑」が7月23日 [土]で、「二…

七夕(たなばた)

7月7日は「七夕」(たなばた)です。 織姫様と彦星様が天の川を渡って、1年に1度だけ出会える7月7日の夜のこと。折り紙で七夕飾りを作ったり、短冊に願い事を書いて、手芸の上達などを願います。 五節句のひとつ 乞巧奠(きっこうでん)の伝来 日本古来の民…

七十二候 「大雨時行」

「たいうときどきふる」と読みます。 「夏」の最後の候で、 集中豪雨や夕立などの夏の激しい雨が降る頃です。 この時季多い 夕立(「ゆうだち」または「ゆだち」)は、 積乱雲によって突然降り出す大雨のこと。 夏の季語になっていて、 昼過ぎから夕方頃にか…

七十二候「土潤溽暑」

今週のお題「SFといえば」 「つちうるおうて むしあつし」 と読みます。 「溽」は「じょく」とか「ひょく」と読み、 これは「蒸し暑い」ということを意味します。 つまり、「土潤溽暑」とは、 「土が湿って蒸暑くなる」、 「暑気が土中の水分を蒸発させて、…

二十四節気「大暑」

「暑気いたりつまりたるゆえんなれば也」 江戸時代に発行された『暦便覧』(こよみびんらん)には、 このように記されています。 「夏の暑さが極まる季節だから(大暑)である」 という意味です。 但し、実際の暑さのピークはもう少し後になります。 新暦だ…

七十二候「桐始結花」

「きりはじめてはなをむすぶ」と読み、 桐の花が実を結び始める季節を表しています。 「桐」は初夏に薄紫色の花を咲かせ、 盛夏を迎える今頃、卵形の実を結びます。 「花」を結ぶ? 「実」を結ぶ? どちらなのでしょうか? 桐は、夏の土用の頃には、 何と翌…

七十二候「鷹乃学習」

「たかすなわちわざをならう」 と読みます。 5~6月に孵化したヒナは、この頃に飛び方や狩りの方法を覚え、 独り立ちに備えます。 鷹を巧みに扱い、狩りを行う「鷹狩り」は、 紀元前およそ1000前から、Chinaやインドで行われていたそうです。 日本でも古くか…

七十二候「蓮始開」

「はすはじめてひらく」と読みます。 蓮の花が開き始める時候を言います。 蓮の花は夜明けと共に、 泥の中に水を弾いて優雅な花を咲かせ、 昼過ぎには閉じてしまいます。 そして、4日目、 花びらは再び閉じることなく散ってしまいます。 「ハスは泥より出で…

草市(くさいち)

「草市」(くさいち)とは、 かつて7月12日の夜から翌朝にかけて開かれていた、 盂蘭盆(うらぼん) の仏前に供える草花「盆花」や、 焙烙(ほうろく)や苧殻(おがら)、鬼灯(ほおずき)といった お盆の飾り物などを売る市のことです。 「草市」では、 お…

ほおずき市

梅雨明けの頃、東京を中心に関東各地で「ほおずき市」が開かれます。 「ほおずき市」とは 愛宕神社の「ほおずき市 千日詣り」 浅草寺の「ほおずき市」 関西の「千日詣り」 鬼灯(ほおずき) 名前の由来 鬼灯提灯 薬用 食用 赤トウモロコシ 「ほおずき市」と…

七夕飾り

江戸時代になり、七夕行事が「五節句」の一つとなると、 七夕は庶民の間にも広まり、全国的に行われるようになりました。 人々は野菜や果物を供えて、詩歌や習い事の上達を願いました。 そして、短冊に色々な願い事を書いて笹竹に吊るし、 星に祈るお祭りと…

棚機津女(たなばたつめ)

Chinaから「乞巧奠きこうでん」の行事が伝えられる以前から、 日本には「棚機津女たなばたつめ」(機を織る女性)の信仰がありました。 毎年稲の開花時期に合わせて、 神様を迎えて豊作を祈り、村の人々の穢れを清める 古代日本における禊みそぎの行事、つま…

七夕伝説

縁結びの神様 京都地主神社からの抜粋です。 因みに、地主神社じしゅじんじゃは、 縁結びの神様「大国主命」を主祭神として、 その父母神、 「須佐之男命すさのおのみこと」・「櫛名田比売命くしなだひめのみこと」、 櫛名田比売命の父母神、 「足名椎命あし…

羽衣伝説

七夕にまつわる昔話に「羽衣伝説」があります。 天女が地上に降り、川で水遊びをしていると、 村の若者が天女の羽衣を隠してしまいます。 羽衣がなく、天井に帰ることが出来なくなった天女は、 若者に嫁ぎ、一緒に暮らします。 三年が立ち、若者が隠し場所を…

二十四節気「小暑」

暑さも本格的になる時期。 暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、 この頃から暑さが本格的になってきます。 天気予報やニュースで「小暑」という言葉を耳にしたら、 本格的な夏を迎える合図だと思って下さい。 梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発…

七十二候「温風至」

「あつかぜいたる」と読みます。 熱い風が吹き始める頃となりました。 そろそろ梅雨が明ける時期になります。 温風至の「温風」は、この頃に吹く南風を意味しており、 この風は「白南風」(しろはえ・しらはえ)と呼ばれています。 一方、梅雨の最中に吹く風…

索餅(さくべい)

7月7日は「乾麺デー」(全国乾麺協同組合連合会 制定)であり、 「恋そうめんの日」(三輪山本 制定)でもあります。 どちらも「素麺を天の川にみたてて食べる風習があった」ことから 制定された記念日です。 この素麺の先祖は「索餅」(さくべい)という唐…

暑気払い

うだるような夏の暑さ。 夏の暑い時期を元気に乗り切るため、 日本には、暑さを体から打ち払う「暑気払い」という 古くからの伝わる風習があります。 「暑気払い」とは 江戸時代から伝わる智慧「暑気払い」 「暑気払い」に効く食べ物 氷(かき氷、氷菓子、氷…

雑節「半夏生」(はんげしょう)

「半夏生」(はんげしょう)は雑節の一つです。 雑節「半夏生」 半夏生の季節に咲く花 「半夏生」(はんげしょう) 「半夏」(はんげ) 半夏雨(はんげあめ) 農作業の大切な目安 半夏半作(はんげはんさく) 「早苗饗」(さなぶり) 半夏生に食べると良いも…

七十二候「半夏生」

「はんげしょうず」と読みます。 「半夏生」は、「半夏」が生える時期ということを伝えています。 夏の半ばに花を咲かせることから、「半夏」と呼ばれています。 「半夏」は、サトイモ科の「烏柄杓」 (からすびしゃく)の別名で、 「狐のろうそく」とか「蛇の…

山開き

初夏になると、各地で「山開き」が行われます。 「山開き」の起源 「山開き」の時期 期間外の登山は要注意 富士山の山開き 「山開き」の起源 日本では古来「山岳信仰」といって、 山岳を神聖視し、神霊の宿る地として崇めてきました。 山岳は入峰修行(にゅ…

釜蓋朔日(かまぶたついたち)

七月朔日ついたちは「地獄の釜の蓋が開いて精霊が出てくる日」ということで、 「釜蓋朔日かまぶたついたち」「釜蓋あき」「釜の口あけ」などと言い、 地獄に閉じこめられている精霊が蓋の開いた釜の口から飛び出します。 地獄からの道のりは遠く、そこから13…

氷室の節句(ひむろのせっく)

冷蔵庫も製氷技術もなかった昔、 人々にとって夏の猛暑を凌ぐのは大変なことでした。 涼しい山影の杉木立に包まれる山中に深い穴を掘って、 底に茅を敷き、その上に冬に降り積もった雪や天然の氷を載せて 上に枯れ草や杉皮などで覆い夏まで貯えておく場所を …