うまずたゆまず

コツコツと

暦について

九星

「九星」(きゅうせい)とは、 いかにも”星”や”天文”と関係ありそうに見えますが、 暦とも直接には関係がなく、むしろ「占法」に属するものです。 そもそも人の「運勢」や「吉凶を占う」ために生まれたものです。 「九星」とは 起源 年月日への配当 年の九星…

暦について

目 次 1.暦について 主な吉日・凶日 2.月のサイクル 3.月 次 暦について ① 日 ② 曜日 ③ 干支 ④ 九星 ⑤ 行事、二十四節気、朔望、撰日 など ⑥ 旧暦 ⑦ 六曜 ⑧ 中段(十二直) ⑨ 二十八宿 ⑩ 暦注下段 ⑪ 日出入 ⑫ 月出入(月の名前) ⑬ 満潮 ⑭ 干潮 主な吉日…

陰陽五行説

「陰陽五行説」とは、 古代Chinaに生れた自然界の理を説く思想のひとつで、 「陰陽説」や「五行説」を融合した思想です。 「陰陽五行説」とは 陰陽説 代表的な陰陽の区分 陰陽太極図 五行説とは 相生関係 相克関係 比和 日本での陰陽五行説 「陰陽五行説」と…

十二直

「十二直」(じゅうにちょく)は暦注の一つで、 建・除・満・平・定・執・破・危・成・納・開・閉の 十二語を毎日に割り当て、日々の吉凶を占うものです。 「十二客」(じゅうにかく)とか「十二建」(じゅうにけん)などとも 呼ばれます。 また暦の中段辺り…

暦注(れきちゅう)

カレンダーに書かれた日時や方位などの吉凶、 大安や大凶などその日の運勢などの注意事項のことを 「暦注」(れきちゅう)と言います。 旧暦時代は、暦の中の多くのスペースが暦注に使われたことからも、 当時の人気が分かります。 「暦注」の大半は、「干支…

干支(十干十二支・六十干支)

新年にその年の干支を表す動物の置物を飾ったり、 「子年生まれ」「寅年生まれ」のように、 生まれ年を表すものとして親しまれている「干支」(えと)。 本来は、干支は「かんし」と言って、 「十干」(じっかん)と「十二支」(じゅうにし)を組み合わせた…

暦注下段

日々の暦の欄の下の方に記載されている「暦注」のことを、 「下段」または「暦注下段」「暦の下段」と呼びます。 現在の日本では、「暦注」と言えば「六曜」となっていて、 「暦注下段」はあまり目にする機会がないかも知れませんが、 今でも市販のカレンダ…

旧暦

日本で使われてきた「旧暦」とは、 正式には「太陰太陽暦」と言い、 月の運行に太陽暦の要素を加味した「暦」です。 「旧暦」とは 暦の種類 太陽暦 太陰暦 太陰太陽暦 日本における暦の歴史 自然暦 旧暦 「新暦」の採用 「旧暦」と「新暦」の違い 閏月の有無…

十干(じゅっかん)

「十干」(じっかん)は、 紀元前のChinaで生まれたと言われています。 甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の 10の要素からなり、 元々は、1か月を10日間一区切りにして、 その10日間の1日1日に 甲・乙・丙・丁・・・と名前を割り付け、 日を数えるた…

十二支(じゅうにし)

「十二支」(じゅうにし)とは、 子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の 12種類からなり、 「十干」よりも古くからChinaで使われていたとされます。 古代Chinaでは、 「年」を数える時には「木星」の動きをもとにしていました。 「木星」は12年…

二十八宿(にじゅうはっしゅく)

「二十八宿」の「宿」とは星座のことで、 28種類の星座に吉凶の意味をつけ、 それを日々に配して占うものです。 「二十八宿」の起源 日本に伝わる 高松塚古墳とキトラ古墳 「二十八宿」の吉凶 東の青龍(せいりゅう) 角宿(かくしゅく) 【すぼし】 亢宿(…

「節月」(せつげつ)

明治5(1872)年まで使われていた「旧暦」では、 「月切り」(つきぎり)と「節切り」(せつぎり)という 二つの方法で年月日を表していました。 「月切り」で数えるひと月を「暦月」(こよみつき)、 「節切り」は「節月」と(せつげつ)と言います。 「月切…

選日(撰日・雑注)

カレンダーに書かれた日時や方位などの吉凶、 大安や大凶などその日の運勢などの注意事項のことを 「暦注」(れきちゅう)と言います。 この「暦注」(れきちゅう)の中で、 六曜、七曜、十二直、二十八宿、九星、暦注下段以外のものを総称して 「選日(撰日…

「年内立春」「新年立春」「朔旦立春」とは?

「立春」と同様、「旧正月」も新しい年の始まりと言われます。 日にちが近いために混同されがちですが、 「立春」と「旧正月」は全くの別の物です。 「立春」は「太陽」の運行を元にした暦であるのに対し、 「旧正月」は「月」の満ち欠けに基づいた暦ですか…

六曜

歴中の中で、現在最も知られているのが この「六曜」ではないでしょうか。 「六曜星」(りくようせい)が正式な名称となります。 六曜の始まり 六曜の仕組み 六曜の連続性の決まり 六曜星の意味 六曜の始まり 現代ではお馴染みの「六曜」ですが、 実はその起…

恵方・鬼門

「恵方」(えほう)とは、陰陽道において その年に最も縁起が良いとされる方角のことです。 庶民に広まったのは江戸時代以降で、 歳神様(年神様)が来る方角と考えられ、 「恵方詣り」などの習慣が生まれました。 一方、「鬼門」(きもん)とは、 反対に最…

六十干支(ろくじっかんし)

暦注の多くは、 「陰陽五行説」(いんようごぎょうせつ)という 古代Chinaの思想や易から発生し、 月日に当てられるようになったもので、 その大きな柱となるものが「干支」です。 「干支」(えと)は、 「十干」(じっかん)と「十二支」(じゅうにし)の組…

十干(じっかん)

「十干」(じっかん)とは、 「甲」「乙」「丙」「丁」「戊」「己」「庚」「辛」「壬」「癸」の 10の要素の順列を言います。 おおまかにいうと、10日間を一区切りにして、 その10日間の1日1日に名前を割り付けたものです。 10日を一区切りにすると…

十二支

「十二支」は、元々は、古代Chinaで考え出されたもので、 惑星の内で、最も尊い星と考えられていた木星が、 約12年で天球を一周することから、 その位置を示すために天球を12の区画に分けて それぞれに名前を付けたものが「十二支」の名の由来と言われて…