よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

選日

天赦日

「天赦日」(てんしゃにち)は 天赦日は百神が天に昇る日で、天が地上の万物を生養し、その罪を許す日。 日本の暦の上で1番良い最大の大吉日です。 年に5~6回しかない貴重な開運日で、 新しい何かをスタートさせたり、躊躇していたことに挑戦するには も…

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

この日に一粒の米をまくと、 万倍の稲穂となって 大きな富をもたらしてくれると言われる「一粒万倍日」。 何事を始めるにも良い日とされている日です。 特に「小さなものを大きく増やす」という 「一粒万倍」の意味が当てはまる 「宝くじ」や「貯金」などに…

天一天上

「天一神」という方角神が、天に上っておられる期間のこと。この16日間は「天一神」の祟りはなく、 どこに出掛けるのも「良し」とされています。 その代わりに 「日遊神」が地上に降りて家の中に留まるので、この期間は家の中を清潔にしなければ 「日遊神…

不成就日

「ふじょうじゅび」または 「ふじょうじゅにち」と読みます。 「不成就日」は、 日本の古来からある暦の「選日(撰日)」(せんじつ)の一つです。 「選日」とは、暦注のどのカテゴリ以外のものの総称です。 「撰日」、「雑注」とも呼びます。 日の吉凶を占…

十方暮(じゅっぽうぐれ)

「十方暮」は陰陽五行説に基づく「暦注」で、 干支(十干十二支)の 21番目に当たる「甲申」( きのえさる)の日から 30番目の「癸巳」(みずのとみ)に至る10日間を指します。 この期間中は、十方の気が塞がって、 何の相談事も上手くいかず、労して…

十死日

「じゅうしにち」または「じゅうしび」と読みます。 十死日とは? 「十死日」は、昔の暦に「十し」と記載されていた、 「十死」「十死一生日」「天殺日」などとも言われている 「凶日」です。 「受死日」に次いで最悪の日と言われており、 「十死一生日とい…

犯土(つち・ぼんど):大犯土・小犯土

「犯土」と書いて、 「つち」または「ぼんど」と読みます。 「大犯土」(おおつち・おおづち)または「大土」(おおつち・おおづち)と、 「小犯土」(こつち ・こづち )または「小土」(こつち ・こづち )の 2つの期間があり、 「大犯土」は「庚午」(か…

三隣亡(さんりんぼう)

「三隣亡」は、 「屋立てあし」「蔵立てあし」ということから建築関係の「大凶日」とされ、 文字通り「この日に建築関係のことを行うと三軒隣まで滅ぼす」と言われていました。 また、「高いところへ登ると怪我をする」と注記されている暦もあります。 江戸…

八専(はっせん)

「干支」とは「十干」と「十二支」の組み合わせによって作られた名称です 十干 (じゅっかん):甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸 十二支(じゅうにし):子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥 「十干」は五行の「木」「火」「土」「金」…

選日(せんじつ)

暦に書かれている暦注の中で、 六曜、十二直、二十八宿、九星、暦注下段に含まれないものをまとめて 「選日(撰日)」(せんじつ)または「雑注」と言います。 八専 「天干」と「地支」の五行の気が揃う日のこと。壬子から癸亥までの間に8日だけあるので、「…

トップに戻る