うまずたゆまず

コツコツと

1月

えびす講

「えびす講」は、 恵比寿様を祀って商売繁盛を願う行事です。 恵比寿様 えびす講の由来 えびす講 二十日戎(はつかえびす) べったら市の起源 「べったら」って何? べったら漬けに挑戦! 十日戎(とおかえびす) 農村部 商家 誓文払い(せいもんばらい) 恵…

藪入り(やぶいり)

昔は、「小正月」の1月15日と 「お盆」の7月15日の翌日の16日は、 「藪入り」と言って、 嫁入り先のお嫁さんや、奉公先の丁稚や女中が 実家に帰ることの出来る休みの日でした。 語源 藪入りの由来 いきみたま 藪入りの日 語源 藪の深い田舎に帰るか…

1月

睦月 正月に親類一同が集まり、睦み合うことから 「睦び月」(むつびつき)となり、 更に「睦月」となったという説が有力です。 始まる月・元になる月ということから 「元月」(もとつき)になり、 それが転じて「むつき」になったという説、 稲の実を初めて水に…

暦・歳時記-お正月の行事

お正月 1日 元旦 初門出 初詣 初日の出(令和3年、各地の初日の出の時刻) 若火・若火迎え 若水 初竈(はつかまど)・初炊ぎ(はつかしぎ)・俎始(まないたはじめ) 着衣始(きそはじめ) <人生儀礼> 初正月○ 破魔弓○ 羽子板市) 年男・年女 厄年○ 厄落…

初不動(はつふどう)

毎月28日は、お不動様のご縁日です。 1月28日は、その年最初のご縁日で「初不動」と呼ばれ、 護摩が焚かれ、 数多くの参拝の方々で賑わいます。 「不動明王」は「不動尊」(ふどうそん)とも言われ、 「不動」の字から分かるように、梵語では「動かざる…

鷽替え神事(うそかえしんじ)

「初天神」の日には、 「鷽替えの神事」(うそかえのしんじ)が 行われます。 「鷽替え」は、太宰府天満宮が発祥と言われています。 1月7日の夕方酉の刻(午後6時)に、 「替えましょ、替えましょ」の掛け声のもと、 参拝者が手にした「木うそ」をお互い…

初天神(はつてんじん)

菅公は25日に縁があります。 6月25日:誕生 1月25日:大宰府に左遷 2月25日:死去 そのため、毎月25日は天神様の縁日となります。 菅原道真が京の都を去る時に詠んだ 「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」は有名…

初地蔵

地蔵尊の縁日は24日です。 特に、1年で最初の1月の大祭を「初地蔵」と言って、 年の始めの「地蔵尊」へのご供養と祈願のお参りを行い、 一年間の最上の福を願います。 「初地蔵」には2つの意味があります。 仏様には、その仏様と縁を結んで供養を行う日…

初愛宕(はつあたご)

1月24日は1年で最初の愛宕の縁日、「初愛宕」です。 「火防」(ひぶせ)の神様として知られる愛宕神は、 お地蔵様が変身した姿という訳で、 1月24日の「初地蔵」は「初愛宕」でもあります。 全国に約900社を数える愛宕神社の本社として、 京都市最…

初大師(はつだいし)

「初大師」とは、その年最初の弘法大師の縁日ことです。 1月21日に開催され、「初弘法」とも呼ばれます。 この日は神奈川県の川崎大師や京都府の東寺〔教王護国寺〕は、 多くの人で賑わいます。 毎月21日は、大師、真言宗の縁日です。 真言宗の開祖「弘…

初観音(はつかんのん)

毎月18日は観音様の縁日です。 中でも年の初め、1月18日の観世音菩薩の縁日は、 「初観音」と言って多くの信者が参詣する日で、 観音様を本尊とする寺では、様々な行事が行なわれます。 ところでなぜ観音様の縁日は18日になったのでしょうか。 隅田川…

初閻魔・閻魔賽日・十王詣

毎月16日は「閻魔王」の縁日です。 特に1月と7月の16日は「閻魔王の賽日」と言われ、 この日は「地獄の釜の蓋が開いて鬼も亡者も休む日」とされて、 罪人も責め苦を免れ 、骨休みになるとされました。 閻魔王は、仏教、ヒンドゥー教などでの 地獄、冥…

どんど焼き・左義長

「どんど焼き」とは、 「小正月」(1月15日)に全国的の神社や仏閣の「火祭」のことです。 門松、注連縄、破魔矢などの「正月飾り」や「書き初め」、 それに古いお札などをお焚き上げします。 その煙に乗って歳神様(年神様)が天上に帰ってゆくとされて…

小正月の習わし

「小正月」は「農の正月」とも言われ、 農耕に結び付いた様々な行事が古くから行われてきました。 主に「豊作祈願」「吉凶占い」「悪霊払い」の3つ。 前日の14日は 「十四日年越し」(じゅうよっかとしこし)をします。 団子を作ったり、飾りをしたり、 …

鳥追い(とりおい)

「鳥追い」は、 子供達が、 手に手に鳥追い棒と称する棒切れや杓子を持って 打ち鳴らし、 「朝鳥ほいほい、夕鳥ほいほい、 物を食う鳥は、頭割って塩つけて、 佐渡が島へ追うてやれ」 などの歌を歌いながら、田畑などを囃して回るお祭です。 秋の収穫時には…

小正月

古代Chinaから暦が入って来る以前、 日本では「満月の日」を「月の始まりの日」としていました。 そして旧暦の1月15日は立春後の望月(満月のこと)に当たり、 この日を「正月」としていた名残りで、 元日を「大正月」、1月15日を「小正月」と呼ぶよう…

酒樽の蓋を開く「鏡開き」

1月11日は「鏡開き」です。 一年の健康と発展を祝って、 供えた鏡餅を割って食べる新年の仕事・行事初めの儀式の一つです。 「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味します。 酒樽の蓋を開く神事も「鏡開き」と言います。 古くから、酒樽の上蓋は、丸く…

「初顔祝」(はつがおいわい)

「鏡開き」は、本来は1月20日だったそうです。 武家では語呂合わせで、 「刃柄祝」(はつかいわい)と言い、 具足に供えたお餅を食べたと言います。 女性もこの日は鏡台に供えたお餅を食べました。 こちらは「二十日を祝う」にかけて、 「初顔祝」(はつ…

成人の日

現在のような「成人式」(せいじんしき)が行われるようになったのは、 戦後間もない、昭和21(1946)年11月22日に、 埼玉県の現在の蕨市で開催された「青年祭」だと言われています。 これが全国に広まり、昭和24(1949)年に 「おとなになったこと…

十八粥(団子粥)

1月18日は「十八粥」の日です。 この日は、 「小正月」の1月15日に作った「小豆粥」を取って置いたものに、 「餅花」(小正月に小さく切った餅やだんごを木にさして飾ったもの)や 団子を入れて粥を作り、朝に食べます。 団子を入れるため「だんご粥」…

初荒神(はつあらがみ)

毎月28日は「三宝荒神」の縁日で、 一年で最初の縁日は「初荒神」と呼ばれています。 「荒神信仰」には大別すると 家庭の台所で祀る「三宝荒神」と、地域共同体で祭る「地荒神」とが あります。 「三宝荒神」は日本特有の神で、不浄を許さない厳しさを持つ…

初金毘羅(初十日祭)

「金比羅」(こんぴら)様は、 元々は、「クンピーラ神」とされています。 「クンピーラ神」は、 ガンジス川に棲む「蛟竜」(こうりゅう)または 「鰐」(わに)が神格化されたもので、 仏教では、薬師如来の「十二神将」の筆頭 「宮比羅大将」(くびらたい…

初薬師

「薬師如来」は、 正式名を「薬師瑠璃光如来」(やくしるりこうにょらい)と言います。 病気を平癒し、身心の健康を守って下さる現世利益の仏様として、 日本中に信仰が広まりました。 サンスクリット語名は、「バーイシャジヤグル」です。 「バーイシャジヤ…

商売繁盛を願う「十日えびす」

「十日えびす」とは、 「漁業の神」「商売繁盛の神」「五穀豊穣の神」 として有名な「七福神」の戎(恵比寿)様を祀るお祭りで、 縁起物を吊るした「福笹」などが売られます。 毎年1月9日から3日間行われます。 9日「宵 戎」 (よいえびす) 10日「本 戎…

初巳(はつみ)

新年の最初の「巳の日」に行われる「初巳祭」。 この日、七福神の一つである「弁財天」に参詣する風習があります。 弁財天が蛇を使者に用いたことに由来します。 弁財天 インド神話では、河川の女神「サラスヴァティー」と言われ、 水と豊穣の神として崇拝さ…

春の七草

よく知られた昔の和歌に 「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ 春の七草」という歌があります。 「人日の節句」(1月7日)の朝には、 7種の野菜が入った「七草粥」を食べると邪気を払い万病を除くと、 古くから言い伝えられてきた…

人日の節句

五節句は 「3月3日」「5月5」日など奇数の月と重なる日が選ばれています。 1月は1日の元日は別格として、 7日の「人日」(じんじつ)を五節句(五節供)に入れています。 「七草」「七草の節句」「七種(ななくさ)の節句」とも言います。 昔、China…

初卯(はつう)

「初卯」は正月の最初の卯の日のことです。 東京では江東区亀戸にある亀戸天神社内の妙義社(御嶽神社)、 大阪では住吉区住吉にある住吉神社などに参詣し、 「卯の札」という神符を受けるならわしがあります。 江戸および近郊の最も詳しい年中行事の文献で…

若菜摘み

日本には古来より、年の初めに雪の間から芽を出した若菜を摘み、 自然界から新しい生命力をいただく「若菜摘み」という風習がありました。 明日よりは 春菜採まむと 標めしのに 昨日も今日も 雪はふりつつ 山部赤人 「若菜摘み」の様子は「古今和歌集」にも…

初寅(はつとら)

「初寅」(はつとら)は、年の初めの「寅の日」のことを言います。 「寅の日」を縁日とする「毘沙門天」(びしゃもんてん)は、 招福と勝負、鬼門を守護する神であり、特に「初寅の日」を重んじます。 この日には、護摩法要が行われ、福徳成就、商売繁盛、家…