うまずたゆまず

コツコツと

1月

二十日正月(はつかしょうがつ)

「二十日正月」は、 正月にお迎えした歳神様(年神様)がお帰りになる日と考えられています。 歳神様(年神様)がお帰りになられるので、 「二十日正月」を「正月の祝い納め」の日とし、 お正月の飾り物などを全て片付け終えて、 正月料理や餅なども全て食べ…

藪入り(やぶいり)

昔は、「小正月」の1月15日と 「お盆」の7月15日の翌日の16日は、 「藪入り」と言って、 嫁入り先のお嫁さんや、奉公先の丁稚や女中が 実家に帰ることの出来る休みの日でした。 語源 藪入りの由来 いきみたま 藪入りの日 語源 藪の深い田舎に帰るか…

小正月

「小正月」(こしょうがつ)とは、 1月1日を中心とした正月行事「大正月」(おおしょうがつ)に対し、 1月15日に行われる行事のことを言います。 年末の準備から、 元旦、松の内と続いてきた正月を締めくくるための 様々な行事が行われます。 小正月とは 古…

どんど焼き・左義長

「どんど焼き」とは、 「小正月」(1月15日)に 全国的の神社や仏閣の「火祭」のことです。 門松、注連縄、破魔矢などの「正月飾り」や「書き初め」、 それに古いお札などをお焚き上げします。 その煙に乗って 歳神様(年神様)が天上に帰ってゆくとされ…

小正月の習わし

「小正月」は「農の正月」とも言われ、 農耕に結び付いた様々な行事が古くから行われてきました。 主に「豊作祈願」「吉凶占い」「悪霊払い」の 3つが行われます。 まず前日の14日は、 「十四日年越し」(じゅうよっかとしこし)と言って、 団子を作った…

鳥追い(とりおい)

「鳥追い」は、 子供達が、 手に手に鳥追い棒と称する棒切れや杓子を持って 打ち鳴らし、 「朝鳥ほいほい、夕鳥ほいほい、 物を食う鳥は、頭割って塩つけて、 佐渡が島へ追うてやれ」 などの歌を歌いながら、田畑などを囃して回るお祭です。 秋の収穫時には…

鏡開き

お正月の間、歳神様(年神様)の居場所になっているのが「鏡餅」。 そのため、歳神様(年神様)がいらっしゃる「松の内」の間は飾っておき、 「松の内」を過ぎたら下げて食べ、歳神様(年神様)をお送りします。 「鏡開き」は、 「松の内」を1月7日までと…

「初顔祝」(はつがおいわい)

「鏡開き」は、本来は1月20日だったそうです。 武家では語呂合わせで、 「刃柄祝」(はつかいわい)と言い、 具足に供えたお餅を食べたと言います。 女性もこの日は鏡台に供えたお餅を食べました。 こちらは「二十日を祝う」にかけて、 「初顔祝」(はつ…

酒樽の蓋を開く「鏡開き」

1月11日は「鏡開き」です。 一年の健康と発展を祝って、 供えた鏡餅を割って食べる 新年の仕事・行事初めの儀式の一つです。 「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味します。 酒樽の蓋を開く神事も「鏡開き」と言います。 古くから、酒樽の上蓋は、 丸…

初子(はつね)

「初子」(はつね)とは、 その年の初めての「子」(ね)の日のことを言います。 この日に大黒天を祀る社寺で行われる縁日のことを 「初子祭」(はつねさい)と言って、初詣の人々で賑わいます。 「大黒天」は福徳や財宝を与える福の神ですが、 「大黒」の「…

成人の日

現在のような「成人式」(せいじんしき)が行われるようになったのは、 戦後間もない、昭和21(1946)年11月22日に、 埼玉県の現在の蕨市で開催された「青年祭」だと言われています。 これが全国に広まり、昭和24(1949)年に 「おとなになったことを自覚し、 み…

商売繁盛を願う「十日えびす」

「十日えびす」とは、 「漁業の神」「商売繁盛の神」「五穀豊穣の神」 として有名な「七福神」の戎(恵比寿)様を祀るお祭りで、 縁起物を吊るした「福笹」などが売られます。 毎年1月9日から3日間行われます。 9日「宵 戎」 (よいえびす) 10日「本 戎」 (ほ…

人日の節句

五節句は 「3月3日」「5月5」日など 奇数の月と重なる日が選ばれています。 1月は1日の元日は別格として、 7日の「人日」(じんじつ)を五節句(五節供)に入れています。 「七草」「七草の節句」「七種(ななくさ)の節句」とも言います。 昔、China…

春の七草

よく知られた昔の和歌に 「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ 春の七草」という歌があります。 「人日の節句」(1月7日)の朝には、 7種の野菜が入った「七草粥」を食べると邪気を払い万病を除くと、 古くから言い伝えられてきた…

若菜摘み

日本には古来より、 年の初めに雪の間から芽を出した若菜を摘み、 自然界から新しい生命力をいただく 「若菜摘み」という風習がありました。 明日よりは 春菜採まむと 標めしのに 昨日も今日も 雪はふりつつ 山部赤人 「若菜摘み」の様子は「古今和歌集」に…

六日年越・七日正月

正月七日を「七日正月」と言います。 そしてその前日を「六日年越し」として祝います。 1日の「大正月」と15日の「小正月」の 半ばに当たる1月7日は、 祭に向けて心身を浄める意味の期間の始まりの日でした。 そのため、正月の六日の夜から七日の朝にか…

初巳(はつみ)

新年の最初の「巳の日」に行われる「初巳祭」。 この日、七福神の一つである 「弁財天」に参詣する風習があります。 弁財天が蛇を使者に用いたことに由来します。 弁財天 インド神話では、河川の女神「サラスヴァティー」と言われ、 水と豊穣の神として崇拝…

「正月三が日」にやってはいけない6つのタブー

「三が日」とは、 1月1日、2日、3日の3日間のことを言います。 縁起を担いで、 やらない方がいいとされている風習があるのですが ご存知でしょうか? 1.掃除をしてはダメ! お正月には、「年神様」という神様が 福を持って家を訪ねていらっしゃるのに…

初夢

初夢はいつ見た夢のことを示すかについては、 いくつか説があります。 大晦日の夜から元旦にかけて見る夢 元旦から2日の夜にかけて見る夢 正月2日の夜に見る夢 古来、大晦日は眠らずに元旦を迎えていたため、 初夢は元日の夜に見る夢を指していました。 そ…

お年始とお年賀

正月三が日に、 ご挨拶に伺うことを「お年始」、 その時に贈るものを「お年賀」と言います。 「お年始」は、元々は、 農村部で行なわれて来たお正月の行事に由来します。 当時は「年賀」とも呼ばれ、 分家が本家に集まって、 「歳神様(年神様)」を祀って新年を…

書初め(かきぞめ)

書の上達を願い、1月2日に書をしたためる「書初め」。 「書初め」の起源は、 平安時代のの宮中における「吉書の奏」(きっしょのそう)です。 「吉書の奏」(きっしょのそう)とは、 改元・代替わり・年始など、物事が改まった節目に、 天皇に文書を奏上す…

仕事始め

江戸時代までは、1年の仕事始めは1月2日でした。 この日は、普段の仕事を形だけ行い、 恵みをもたらす神を祀り、 豊作豊漁や無事安全、技芸の上達などを祈ります。 農村では田畑にひと鍬入れ末の小枝を差したり、 山村では木の伐り初めをしたり、 漁村で…

初卯(はつう)

「初卯」は正月の最初の卯の日のことです。 東京では江東区亀戸にある亀戸天神社内の妙義社(御嶽神社)、 大阪では住吉区住吉にある住吉神社などに参詣し、 「卯の札」という神符を受けるならわしがあります。 江戸および近郊の 最も詳しい年中行事の文献で…

初日の出

一年の新しい始まり、 元旦の日に最初に昇る太陽のことを 「初日の出」と呼びます。 初日の出(はつひので)とは 四方拝(しほうはい) ご来光 初富士 初曙、初明かり、初茜 初東雲(はつしののめ) 初空 初日の出(はつひので)とは 一年の新しい始まり、元…

令和4年、各地の初日の出の時刻

「初日の出」の時刻は場所により異なりますが、 日本列島では、 6:40~7:40の1時間に 「初日の出」を迎えるスポットがほとんどです。 日本で一番早く初日の出が見られる場所は、 太平洋上の東京都小笠原村南鳥島の「5時25分」になります。 人が住んでいる場…

初寅(はつとら)

「初寅」(はつとら)は、 その年最初の「寅の日」のことを言います。 「寅の日」を縁日とする 「毘沙門天」(びしゃもんてん)は、 招福と勝負、鬼門を守護する神であり、 特に「初寅の日」を重んじます。 この日には、護摩法要が行われ、 福徳成就、商売繁…

初詣(はつもうで)

年の初めに神社やお寺にお参りする初詣。 お正月の「三が日」や「松の内」(7日、または15日まで)、 遅くても1月中くらいまでには 初詣に行くという方が多いのではないでしょうか。 「初詣」の由来は、 平安時代からある 「年籠り」(としごもり)とい…

初門出(はつかどで)

新年に初めて出掛けることです。 「初日の出参り」や「初詣」は勿論、 ちょっとした外出でも「初門出」と言って、 めでたいこととされています。 「門出」は人生の節目を迎える人に対して使われる言葉です。 「門出」には2つの意味があります。 1つ目は「…

初竈(はつかまど)・初炊ぎ(はつかしぎ)・俎始(まないたはじめ)

元日に初めて竈を焚くことを「初竈」(はつかまど)と言います。 火や竈の神様に水を上げたり、塩で浄めたりして、 一年の火の用心を祈ります。 新年最初に飯を炊くことを「初炊ぎ」(はつかしぎ)と言います。 元日の朝はお雑煮を頂くので、元日の夜か2日…

若火・若火迎え

新年の行事として、 大晦日に歳神様の祭壇に供える灯明の火種となる 新しい火を起こし、 福茶や雑煮を作る竈の火を焚くための神聖な火を迎える 「若火迎え」という行事がありました。 昔は、大晦日の夜に 神社で大きな篝火(かがりび)を焚いたり、 民家でも…