うまずたゆまず

コツコツと

6月

水無月(6月)

「水無月」は水の無い月と書きますが、 この無は「の」を意味する 連体助詞の「な」であるため、 水無月は「水の月」になるという説が有力です。 「陰暦六月」は田んぼに水を引く月であったため それ以外の水が無いという説や、 暑さで水が干上がってしまう…

夏越の祓(なごしのはらえ)

「夏越の祓」(なごしのはらえ)とは、 1年の半分に当たる6月30日に、 半年の間に身に溜まった穢れを落とし、 残り半年の息災を祈願する神事です。 神社には大きな「茅の輪」(ちのわ)が据えられて、 参拝者はここを潜って厄除けを行います。 夏越の祓とは…

父の日

6月の第3日曜日は「父の日」です。 令和4(2022)年は6月19日になります。 5月の「母の日」に対して、こちらは「父親に感謝する日」です。 「父の日」の起源 「父の日」が日本に普及したのは? 父の日に贈る花 実際にもらって嬉しかった「父の日のプレゼ…

和菓子の日~嘉祥菓子

6月16日は「和菓子の日」です。 古来より行われていた「嘉祥」(かしょう)という行事に因んで、 全国和菓子協会が昭和(54)1979年に「和菓子の日」としました。 嘉祥菓子 「嘉祥菓子」の起源 武士の間でも祝われた「嘉祥祝」 「嘉祥」と徳川家康 七嘉祥 「嘉…

雑節「入梅」

雑節の「入梅」は、暦の上での梅雨入りの日で、 令和4年の雑節「入梅」は6月11日6時53分になります。 (国立天文台発表「令和 4年(2022) 暦要項」参照) しかし、実際の梅雨入り時期は一定ではなく、 気象庁から「梅雨入り宣言」が出された日となります。 …

稽古始めは「6歳の6月6日」

日本では古来より 「6歳の6月6日にお稽古を始めると上達しやすい」と 言われてきました。 器や舞踊など伝統芸能の「稽古始め」は 6歳の6月6日がよいとされ、 歌舞伎、能、狂言の世界では「初稽古」(はつげいこ)と呼んで、 その日に稽古を始めるべしとして…

衣替え

更衣(こうい) 「衣替え」の歴史は、平安時代頃まで遡ります。 その頃は「衣替え」を「更衣」と呼んでいました。 古代Chinaの慣行に倣って、 宮廷では、旧暦の4月1日と10月1日に 「夏服」と「冬服」を切り替えていました。 江戸時代に入ると、 「更衣…