うまずたゆまず

コツコツと

11月

11月

霜 月(しもつき) 「霜降り月、霜降月」(しもふりつき)が省略されて「霜月」に。 満ちた数字である十を「上月」とし、それに対して「下月」(しもつき)になったという説、その年の収穫を感謝する意味を持つ「食物月」(しものつき)が省略されたという説…

酉の市

「酉の市」とは、関東を中心とした神社で、 11月の酉の日の酉の刻(午後5時~7時)頃から開かれる露店市です。 「大酉祭」(おおとりまつり)、「お酉様」(おとりさま)などとも言われます。 熊手や招き猫などの縁起物を買い、一年の無事と来る年の福を願…

十六団子の日

3月16日と11月16日は「十六団子の日」です。 十六団子の日とは 田の神様 十六団子 「16」という数字の意味 嘉祥の日 嘉祥頂戴 嘉祥喰(かじょうぐい) 「十六団子の行事」の現在 十六団子の日とは この日は杵と臼を使って餅つきをし、 餅をつく音で 農耕の神…

オランダ正月

「オランダ正月」は、 江戸時代、長崎の出島在住のオランダ人達や、江戸の蘭学者達によって行われた、 太陽暦(グレゴリオ暦)で祝った正月のことを指します。 長崎出島のオランダ商館では、太陽暦(西暦)の1月1日に盛大な祝宴が催されました。 日本からは…

亥の子餅

「亥の子の祝」(いのこのいわい)という行事をご存知ですか? 農作物の収穫祝いを始め、子供をたくさん産むイノシシにあやかって、 「亥の子餅」やイノシシのお菓子(和三盆)などを食べて 子孫繁栄や収穫祝い、無病息災を祈る祭りです。 亥の子の祝 「亥の…

えびす講

「えびす講」は、 恵比寿様を祀って商売繁盛を願う行事です。 恵比寿様 えびす講の由来 えびす講 二十日戎(はつかえびす) べったら市の起源 「べったら」って何? べったら漬けに挑戦! 十日戎(とおかえびす) 農村部 商家 誓文払い(せいもんばらい) 恵…