よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

9月

9月

長 月(ながつき) 日が昇っている時間がどんどん短くなり、夜が長くなるので「夜長月」(よながつき)と呼ばれていたのが略されたという説が有力です。 他には、稲穂が最も長く成長する時期なので「穂長月」(ほながつき)が略されたという説、稲刈りの時期…

風祭

台風や強風に襲われる田畑の農作物を風害から守るために、 風を鎮める祈りを込めて「風祭」が各地で行われます。 強風の時期は土地ごとに異なるので、 祭りの日も様々ですが、お盆から冬にかけてが多いようです。 立春から数えて二百十日の9月1日頃は、 強…

重陽の節句「菊」

「菊」は古くから愛でられてきた花で、 古代Chinaでは、梅や竹、蘭と伴に「四君子」(しくんし)と言われ賞賛されました。 霊力が高い花、生命力の象徴とも言われ、その香りは独特です。 重陽の節句は、「菊」が重んじられ、 菊酒を始め、菊の被綿(きせわた…

重陽の節句「茱萸袋」(ぐみふくろ)

今の有職飾りでは、茱萸袋の中にはお香などを入れますが、 昔は香り高い、「かわはじかみ」を詰めたそうです。 元々の故事に言う「茱萸」とは、 「呉茱萸」(ごしゅゆ)とも「山茱萸」(さんしゅゆ)とも言われています。 「呉茱萸」の古い和名が「かわはじ…

トップに戻る