うまずたゆまず

コツコツと

秋分の日

f:id:linderabella:20201022174112j:plain

 
「秋分の日」は
「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」として
国民の祝日として定められています。
因みに、「春分の日」は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」です。
 

f:id:linderabella:20200815070121j:plain

 
 

法律上の定義

 
「秋分の日」は、昭和23(1948)年に公布・施行された
「国民の祝日に関する法律」(「祝日法」、昭和23年法律第178号)によって
制定されました。
そして、同法第2条では
「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」ことを趣旨としています。
 

日付

 
「秋分の日」は毎年変わります。
 
太陽は星々の間を移動していて、その通り道を「黄道」と言います。
また、地球の赤道を天にまで延長したものを「天の赤道」と言います。
この「黄道」と「天の赤道」が交わった2つの点を、
一方を「春分点」、もう一方を「秋分点」と呼びます。
そして、太陽が春分点・秋分点の上を通過する瞬間がそれぞれ
「春分」「秋分」と定義され、「春分」「秋分」を含む日のことを、
それぞれ「春分の日」「秋分の日」と呼ぶのです。
ですから、各々計算することは出来ますが、
具体的な「春分の日」「秋分の日」は、
毎年国立天文台が発表したものになります。
 
毎年国立天文台が「秋分日」を含め作成する
翌年の『暦象年表』という小冊子に基づき、
施行年の前年の2月第1平日付の官報の公告「暦要項」において
「秋分の日」は公告されます。
 

秋の大型連休『シルバーウィーク』日程

 
「シルバーウイーク」とは、9月下旬の大型連休のことです。
春の「ゴールデンウィーク」と異なり、
「シルバーウィーク」はカレンダーと曜日の並びによって
数年に一度しか発生しない大型連休です。
 
鍵となるのは、「敬老の日」と「秋分の日」です。
「敬老の日」は9月の第3月曜日、
「秋分の日」は基本的に9月21日・22日・23日のいずれかになります。
「シルバーウィーク」は毎年日程が変化する連休だからこそ、
計画を立てる前のカレンダーチェックが必須です!
 
今年、令和3(2021)年はあいにく「秋分の日」の前後が平日です。
但し、「敬老の日」が9月20日(月・祝)であるため、
18日(土)から20日(月・祝)までは「3連休」と、
9月23日(木)の祝日の組み合わせとなります。
とまあ、カレンダー上では5連休になりませんが、
有給休暇を取れば色々なパターンで連休を叶えることが可能な日程です。
 

「国民の祝日」に定められる以前

 
「秋季皇霊祭」(しゅうきこうれいさい)と言って、
歴代の天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式で、
宮中祭祀のひとつで、祭日とされていました。
 
元々この日は「お彼岸」であって、先祖を祭る日でした。
またお彼岸に最も近い戊の日は、
「社日」として氏子が氏神たる神社に参詣し、
春は五穀豊穣を祈り、秋は実りある収穫に感謝する習わしがありました。
 
明治11(1878)年、
それまでの歴代天皇や主たる皇族の忌日を春と秋にまとめ、
明治41(1908)年9月19日に「皇室祭祀令」制定し、
「春季皇霊祭」・「秋季皇霊祭」が大祭として指定されました。
 
同法は、昭和22(1947)年)5月2日に廃止され、
祭日ではなくなりましたが、
宮中では、昭和23(1948)年以降も
従来通りの「春季皇霊祭」・「秋季皇霊祭」が行われています。
 

関連事項

 
 

f:id:linderabella:20200614164803p:plainf:id:linderabella:20201227114520j:plain