うまずたゆまず

コツコツと

国民の祝日

秋分の日

「秋分の日」は 「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」として 国民の祝日として定められています。 因みに、「春分の日」は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」です。 法律上の定義 日付 秋の大型連休『シルバーウィーク』日程 「国民の祝日」に定…

敬老の日

9月の第3日曜日は「敬老の日」です 長年社会のために働いてきたお年寄りを敬い、 長寿を祝う国民の祝日です。 各地で敬老に因んだ行事が行われ、 家庭では、父母や祖父母を労ってお祝いを贈ったり、 ごちそうをいただいてお祝いしたりします。 「敬老の日…

スポーツの日

令和元(2019)年までは「体育の日」という名称でした。 日本の国民の祝日の一つで、 日本の祝日では、初めての英語由来の片仮名の名称です。 昭和39(1964)年の10月10日に 「東京オリンピック」の開会式が行われたを記念して、 昭和41(1966)年)に10月10日を「…

海の日

「海の日」とは 「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」日として、 平成8(1996)年に制定された国民の祝日です。 当初は7月20日の「海の記念日」が「海の日」として定められましたが、 現在では7月の第三月曜日となっています。 この…

昭和の日

4月29日は「昭和の日」(しょうわのひ)です。 「激動の日々を経て、 復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」日です。 昭和64(1989)年1月7日の昭和天皇崩御の後、 それまで「天皇誕生日」であった4月29日を 「生物学者であり自然を愛…

「春分の日」「秋分の日」が祝日になった理由

元々日本では、この日は「お彼岸」であって、先祖を祭る日でした。 またお彼岸に最も近い「戊」の日は、 「社日」として氏子が氏神たる神社に参詣し、 春は「五穀豊穣」を祈り、秋は実りある「収穫に感謝する」 習わしがありました。 明治11(1978)年に、…

春分の日

春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」として 国民の祝日として定められています。 因みに、秋分の日は 「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」です。 国民の祝日に定められる以前には、 「春季皇霊祭」といって、 宮中の先祖の霊を祀る日…

初代天皇・神武天皇

高天原(たかあまのはら)を治める 天照大御神(あまてらすおおみかみ)の子孫である 神倭伊波礼毘古(かむやまといわれびこのみこと)、 後の神武天皇は、 日向(ひむか)の高千穂宮(たかちほのみや)で、 世の中を上手く治めるために東へ行こうと言い、 …

建国記念の日

2月11日は「建国記念の日」(けんこくきねんのひ)です。 「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、 昭和41(1966)年に定められました。 この日はかつて「紀元節」(きげんせつ)と呼ばれていました。 近代国家の仲間入りを果たした明治時代、 日…

成人の日

現在のような「成人式」(せいじんしき)が行われるようになったのは、 戦後間もない、昭和21(1946)年11月22日に、 埼玉県の現在の蕨市で開催された「青年祭」だと言われています。 これが全国に広まり、昭和24(1949)年に 「おとなになったこと…

文化の日

11月3日は「文化の日」です。 「自由と平和を愛し、文化をすすめる」という趣旨で、 昭和23(1948)に、現在の「祝日法」で制定された国民の祝日です。 元々は、第122代・明治天皇の誕生日で、 明治時代には「天長節(天皇誕生日)」、 大正時代には…

国民の祝日

国民の祝日に関する法律 (昭和23年法律第178号) [第1条] 自由と平和を求めてやまない日本国民は、 美しい風習を育てつつ、 よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、 ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、 これを「国…