うまずたゆまず

コツコツと

二十四節気

二十四節気「雨水」

「雨水」(うすい)とは、降る雪が雨へと変わり、雪解けが始まる頃のこと。 令和6(2024)年の「雨水」は2月19日から3月4日 になります。 『暦便覧』(こよみびんらん) 「雨水」(うすい) 春一番 雪解け(ゆきどけ) 春の土(はるのつち) 春祭り 雛祭(ひな…

二十四節気「立春」

「立春」(りっしゅん)は春が始まる日です。 「二十四節気」の最初の節気であり、 令和6(2024)年の「立春」は2月4日になります。 『暦便覧』(こよみびんらん) 「立春」(りっしゅん) 一年の始まり 「年内立春」「新年立春」「朔旦立春」 「立春大吉」で…

二十四節気「大寒」

「大寒」は、二十四節気の第24節目で 一年の最後の節気です。 『暦便覧』(こよみびんらん) 「大寒」(だいかん) 寒前(かんまえ) 寒の入り(かんのいり) 寒変わり(かんがわり) 寒の内かんのうち、寒中かんちゅう 寒明け(かんあけ) 七十二侯 初候「欵…

二十四節気「小寒」

令和6(2024)年1月6日から二十四節気は 「小寒」になります。 いよいよ一年で最も寒さが厳しくなる時期が 始まります。 『暦便覧』(こよみびんらん) 「小寒」(しょうかん) 人日の節句 成人の日 十日えびす 鏡開き 小正月 冬の土用 七十二候 初侯「芹乃栄…

冬至梅(とうじばい/とうじうめ)

冬至の頃にはもう咲き出す。 「冬至梅」(とうじばい、とうじうめ)とは、 山野に自生する野梅(やばい)の園芸種です。 開花期が12月中旬~2月中旬と早く、 「冬至」の頃に咲くのが名前の由来です。 お正月用の梅として使用されています。 枝が細く、鉢植え…

二十四節気「冬至」

令和5(2023)年の「冬至」は12月22日です。 北半球では、一年の間で昼が最も短く、 夜が最も長くなる日になります。 『暦便覧』(こよみびんらん) 「冬至」とは 短日(たんじつ) 寒影(かんえい) 一陽来復 冬至粥(小豆粥) 冬至南瓜 柚子湯 七十二候 初侯…

二十四節気「冬至」は「一陽来復の日」

「冬至」は太陽の力が復活する日です。 そのため、冬至は別名、「一陽来復」の日と 言われています。 「一陽来復」(いちようらいふく)とは、 「良くないことが続いた後、 物事がようやく良い方向に向かう」という 意味です。 太陽を神と見なし、あらゆる生…

運盛り

「冬至」の日に 「ん」の付くものを食べることは 「運盛り」(うんもり)と呼ばれ、 大変縁起が良いとされています。 これは縁起担ぎだけでなく、 栄養をつけて、寒い冬を乗り切るための 知恵でもあります。 一陽来復(いちようらいふく) 「ん」のつく食べ…

冬至粥(とうじがゆ)

「冬至粥」(とうじがゆ)とは、 冬至に食べる「小豆粥」のことです。 小正月に食べる「小豆粥」と紛らわしいので、 「冬至粥」と呼んで区別しています。 冬至は「日短きこと至る(極まる)」を意味し、 一年のうち昼が最も短くなります。 そのため古代人達は…

朔旦冬至(さくたんとうじ)

「冬至」の日の夜が「新月」と重なることを 「朔旦冬至」(さくたんとうじ)と言います。 「朔旦」とは、一日の朝という意味です。 旧暦十一月一日が「冬至」となり、 一年の節目と月の始まりが重なる おめでたい日とされます。 日本で「朔旦冬至」の祝いの…

二十四節気「大雪」

二十四節気はいよいよ「大雪」(たいせつ)に突入。本格的に冬が到来する頃となりました。 令和5(2023)年は12月7日から12月21日です。 『暦便覧』(こよみびんらん) 大雪(たいせつ)とは? 冬将軍 事八日 正月事始め 七十二候 初侯「閉塞成冬」(そらさむ…

二十四節気「小雪」

「小雪」(しょうせつ)とは、 雨が雪に変わり、雪が降り始める頃です。 まだ、積もるほど降らないことから、 「小雪」と言われたようです。 冬の入口に当たります。 令和5(2023)年は11月22日から12月6日です。 『暦便覧』(こよみびんらん) 「小雪」(しょ…

二十四節気「立冬」

「立冬」(りっとう)とは、 冬に分類されている6つの節・中のうち、 最初に巡って来る、まさに「冬の始まり」です。 『暦便覧』(こよみびんらん) 「立冬」とは 今朝の冬(けさのふゆ) 小春日和(こはるびより) 冬支度(ふゆじたく) 「酉の市」(とりの…

二十四節気「霜降」

『暦便覧』(こよみびんらん) 「霜降」(そうこう)とは 霜が降りる⁈ 放射冷却 霜注意報 紅葉 紅葉狩り 行く秋(ゆくあき) 七十二候 初候「霜始降」(しもはじめてふる) 次候「霎時施」(こさめときどきふる) 末候「楓蔦黄」(もみじつたきばむ) 『暦便…

二十四節気「寒露」

『暦便覧』(こよみびんらん) 寒露とは 秋晴(あきばれ) 天高く馬肥ゆる秋 秋澄む 水澄む 七十二候 初候「鴻雁来」(こうがんきたる) 次候「菊花開」(きくのはなひらく) 末候「蟋蟀在戸」(きりぎりすとにあり) 『暦便覧』(こよみびんらん) 「草木に…

二十四節気「秋分」

『暦便覧』(こよみびんらん) 「秋分」(しゅうぶん)とは 暑さ寒さも彼岸まで 彼岸 秋の七草 新・秋の七草 色々な秋 七十二候 『暦便覧』(こよみびんらん) 「陰陽の中分となれば也」 暑い日は減り、代わりに冷気を感ずる日が 増えてきました。 昼と夜の長…

二十四節気「白露」

『暦便覧』 「陰気やうやく重りて、露凝りて白色となれば也」 暑さが弱まり、大気が冷え込んで、 草花に白い露が宿り始める頃。 草の葉に白い露が結ぶという意味です。 夜の間に大気が冷え込み、 草花に「朝露」が宿ることから 名付けられたのでしょう。 「白露…

二十四節気「処暑」

『暦便覧』 「陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也」 江戸時代に発行された 『暦便覧』(こよみびんらん)には、 このように記されています。 このことからも、 「処暑」が昔から「暑さが静まってくる頃」と されていたことが分かります。 「処暑」とは …

二十四節気「立秋」

『暦便覧』 「初めて秋の気立つがゆへなれば也」 江戸時代に発行された 『暦便覧』(こよみびんらん)には、 このように記されています。 「初めて秋の気配が現れてくる頃なので、 (「立秋」と言う)」という意味です。 「立秋」とは 「夏が全盛期を迎え、 秋…

二十四節気「大暑」

『暦便覧』 「暑気いたりつまりたるゆえんなれば也」 江戸時代に発行された 『暦便覧』(こよみびんらん)には、 このように記されています。 「夏の暑さが極まる季節だから(大暑)である」 という意味です。 「大暑」とは 「大暑」(たいしょ)とはその字の通り…

二十四節気「小暑」

暑さが本格的になる時期で、 夏ならではの様々な行事が始まる時期です。 令和5(2023)年は7月7日になります。 一方で、梅雨の晩期に当たるため、 集中豪雨が多くなるので、注意が必要です。 『暦便覧』 「小暑」(しょうしょ)とは 暑中見舞い 暑気払い 七十…

二十四節気「夏至」

本日6月21日は「夏至」(げし)です。 「夏至」は一年で太陽が 最も空高いところまで昇り、 一年の中で昼の時間が最も長くなる日です。 夏至とは? 日の出が最も早いのは「夏至」ではない⁈ 夏至と梅雨 夏至祭 スウェーデンの夏至祭「ミッドサマー」 「二見興…

二十四節気「芒種」

「二十四節気」も今日からは「芒種」です。 「芒」(のげ)とは、 麦や稲などイネ科の植物の穂の先端にある トゲのような突起のことです。 通常、「のぎ」とか「ぼう」と呼びます。 江戸時代に発行された「暦便覧」には 「芒ある穀類、稼種する時なり」とあ…

二十四節気「小満」

「小満」(しょうまん)とは、 秋に蒔いた麦などの穂がつく頃で、 ほっと一安心(=少し満足)したと言う 意味です。 田畑を耕して生活の糧を稼いでいた時代、 農作物の収穫の有無は人の生死に関わる 問題でした。 そのため、麦などに穂がつくと 「今のとこ…

二十四節気「立夏」

「立夏」は、二十四節気の1つで、 昼と夜の長さが同じ日である「春分」と 1年で最も昼の長い日である「夏至」の 丁度中間に当たります。 暦の上では夏の始まり。 この日から「立秋」の前日までが 「夏季」になります。 この頃は晴天の日が多く、 天候が安…

二十四節気「穀雨」

「穀雨」は「種まきや田植えの時期に降る雨」 のことです。 春雨が百穀を潤すことから名付けられたもので、 この時期の雨は 「百殻春雨」(ひゃくこくはるさめ) とも呼ばれており、 あらゆる穀物を潤し育てる恵の雨と考えられて きました。 百穀春雨ひゃっ…

二十四節気「清明」

「清明」(せいめい)とは、 二十四節気の第5節目で、 「清浄明潔」(しょうじょうめいけつ)という語を略したものです。 「空気は澄んで、陽の光は明るく万物を照らして、 全てがはっきりと鮮やかに見える」頃です。 江戸時代の『暦便覧』(こよみびんらん…

二十四節気「春分」

「春分」は二十四節気のひとつで、 昼と夜の長さがほぼ同じになり、 この日を境に昼間の時間が長くなっていきます。 地球の赤道を延長した天の「赤道」と 太陽の通り道の「黄道」が ちょうど交差したところが「黄径0度」。 「春分」とは、 太陽がちょうど「…

二十四節気「啓蟄」

今日から二十四節気の3番目「啓蟄」。 前節の「雨水」以来、春の雨の潤いにより、 植物は芽吹きの季節を迎えてますが、 太陽の高度も上がり、大地が温まり出して、 虫や小動物も目覚めの時季を迎えます。 「啓」の字には「開く」という意味があり、 「蟄」…

令和4年・二十四節気一覧

初春 <正月節・315°>立春(りっしゅん)〔令和4年2月4日〕 暦便覧 「春の気 、立つをもってなり」 二十四節気の最初の節。 この日から春。 様々な決まり事や節目の基準に なります。 【初候】東風解凍:2/04 【次候】黄鶯睍睆:2/09 【末候】魚上氷 :2/14…