うまずたゆまず

コツコツと

年中行事

新嘗祭

「新嘗祭」とは 宮中で行われる「新嘗祭」 日本各地で行われている「新嘗祭」 十日夜 亥の子 アエノコト 「新嘗祭」とは 新たに穀物が収穫出来た事を神様に感謝するお祀りで、 天皇陛下が、神嘉殿において新穀を皇祖はじめ神々にお供えになって、 神恩を感謝…

宮中で行われる収穫祭

神嘗祭(かんなめさい/かんなめのまつり) www.youtube.com 「神嘗祭」は、10月17日に宮中と伊勢神宮で行われます。 今年穫れた作物、新穀を神様にお納めする意味を持ちます。 稲の初穂(田で初めて穫れた稲穂)を船に載せて伊勢神宮に奉納する、 「初…

日本各地で行われる収穫祭

三九日(みくにち) 刈上の節供(かりあげのせっく) 十六団子の日 十日夜(とおかんや) ずいき祭、芋煮会(いもにかい) 亥の子祭(いのこまつり) 霜月祭(しもつきまつり) くんち 三九日(みくにち) 旧暦の9月の9の付く日(9、19、29)は 「三…

収穫祭

収穫祭は、元は「穂掛祭」と「刈上祭」の二度行われていました。 穂掛祭(ほかけまつり) 刈入れ始めに、実り出した稲穂を少し取り、 「穂掛け」といって神前に掛けます。 この時、新米の焼餅を供えるそうです。 刈上祭(かりあげまつり) 「穂掛祭」に次い…

ジャックオランタン

ハロウィンと聞いて、まず思い浮かべるのは、 かぼちゃの「ジャックオランタン」! 「ジャックオランタン」は、 かぼちゃの中身をくり抜いて 中に火を灯してランタン(提灯)にしたもので ハロウィンにおける魔除けのような意味合いのアイテムです。 悪魔を…

亥の子餅

「亥の子の祝」(いのこのいわい)という行事をご存知ですか? 農作物の収穫祝いを始め、 子供をたくさん産むイノシシにあやかって、 「亥の子餅」やイノシシのお菓子(和三盆)などを食べて 子孫繁栄や収穫祝い、無病息災を祈る祭りです。 亥の子の祝 「亥…

神嘗祭(かんなめさい)

伊勢神宮では、10月15日から25日まで、 収穫に感謝し、新穀を神様に捧げる「神嘗祭」(かんなめさい)が 伊勢神宮の両正宮(しょうぐう)、別宮、摂社、末社、所管社に至る 全てのお社125社において行われます。 「神嘗祭」とは 概要 「神嘗祭」の日 「神嘗…

十三夜

「お月見」と言うと、 旧暦八月十五日の「十五夜」が有名ですが、 日本では古来もうひとつ、旧暦九月十三日の「十三夜」もまた 美しい月であると重んじられていました。 令和4年の「十三夜」は10月8日(土曜日)です。 日本独自の風習 「十五夜」「十三夜」…

衣替え(冬)

「衣替え」(ころもがえ)とは、季節の推移に応じて衣服を替えること。 現在は、学校や企業などの制服を 6月1日から「夏服」、10月1日から「冬服」に改めるのが 一般的とされています。 衣替えの由来 秋の衣替えは「18℃」が目安!秋の衣替え前線予報 夏物を…

十五夜

本日、令和4(2022)年は9月10日は「十五夜」。 美しい月を眺めるお月見の日です。 十五夜とは 中秋の名月? 仲秋の名月? 仲秋の名月 中秋の名月 十五夜の別名 三五夜(さんごや) 名月(めいげつ) 明月(めいげつ) 初名月(はつめいげつ) 芋名月(いもめ…

お月見(おつきみ)

潮の満ち引きが、主に月の引力によって起こるように、 月の満ち欠けによって暦の日を定めたように、 月とは古来より、人の暮らしにとってかけがえのないものでした。 実際、様々な行事が「満月」の日の行われます。 特に、「十五夜」は、 この季節に採れる里…

八朔(はっさく)

「八朔」とは、旧暦の8月1日を指します。 現代の暦では8月下旬〜9月頃に当たり、 令和4(2022)年は8月27日の土曜日になります。 昔から豊作祈願の行事が各地で催されたり、 「田の実」が「頼み」に通じることから、 よく頼み事をする相手に贈り物をしたり、 …

地蔵盆

「地蔵盆」は、京都など近畿地方を中心に行われている 子供達が主役となって、町内の地蔵さんにお供物をして祀る、 地域の行事です。 地蔵盆とは? 「地蔵盆」の起源 「地蔵盆」に行われること 町内の「辻地蔵(地蔵さん)」をきれいにする 飾り付けをする …

小野篁と地蔵信仰

小野篁(おののたかむら)は 平安時代前期の政治家・学者・歌人です。 遣隋使・小野妹子の子孫で、 小野好古、道風(「三蹟」の一人)は、篁の孫に当たります。 博識多才で、「漢詩は白楽天、書は王羲之父子に匹敵する」と 言われたほど。 「三蹟」(さんせ…

盆送り火

盆明けの16日の夕方に火を焚いて祖先の霊を送り出す・・・、 これが「送り火」です。 「送り火」とは 送り火の準備とやり方 夏の風物詩の「大文字焼」 京都五山送り火 奈良大文字送り火 箱根 強羅大文字焼 「精霊流し」と「灯籠流し」 灯篭流し(とうろう…

お盆

「お盆」は、 旧暦7月15日を中心に行われてきた、 祖先の霊(祖霊)をお迎えして、もてなし、お送りする行事です。 『日本書紀』によると、古くは推古天皇14年(606年)に 「四月の八日、七月の十五日に設斎(おがみ)す」とあり、 その頃にはお盆の習…

お盆の日程

お盆は、祖先の霊(祖霊)をお迎えして、 もてなし、お送りする行事です。 お盆のためにどのような準備をし、 どのように過ごしたらよいのでしょうか。 お盆の準備やお墓参りを計画されている方は、 早い段階からお盆の期間をチェックしておくことをおすすめ…

藪入り(やぶいり)

昔は、「小正月」の1月15日と 「お盆」の7月15日の翌日の16日は、 「藪入り」と言って、 嫁入り先のお嫁さんや、奉公先の丁稚や女中が 実家に帰ることの出来る休みの日でした。 語源 藪入りの由来 いきみたま 藪入りの日 語源 藪の深い田舎に帰るか…

お盆の由来

お盆の正式名称は、「盂蘭盆会」(うらぼんえ)と言います。 これを略して「盆」や「お盆」です。 サンスクリット語では「ウランバーナ」と言って、 「逆さに吊された苦しみ(倒懸)」という意味があります。 ヒャーっ!なんとも、おどろおどろしい意味です…

草市(くさいち)

「草市」(くさいち)とは、 かつて7月12日の夜から翌朝にかけて開かれていた、 盂蘭盆(うらぼん) の仏前に供える草花「盆花」や、 焙烙(ほうろく)や苧殻(おがら)、鬼灯(ほおずき)といった お盆の飾り物などを売る市のことです。 「草市」では、 お…

山開き

初夏になると、各地で「山開き」が行われます。 「山開き」の起源 「山開き」の時期 期間外の登山は要注意 富士山の山開き 「山開き」の起源 日本では古来「山岳信仰」といって、 山岳を神聖視し、神霊の宿る地として崇めてきました。 山岳は入峰修行(にゅ…

釜蓋朔日(かまぶたついたち)

七月朔日ついたちは「地獄の釜の蓋が開いて精霊が出てくる日」ということで、 「釜蓋朔日かまぶたついたち」「釜蓋あき」「釜の口あけ」などと言い、 地獄に閉じこめられている精霊が蓋の開いた釜の口から飛び出します。 地獄からの道のりは遠く、そこから13…

氷室の節句(ひむろのせっく)

冷蔵庫も製氷技術もなかった昔、 人々にとって夏の猛暑を凌ぐのは大変なことでした。 涼しい山影の杉木立に包まれる山中に深い穴を掘って、 底に茅を敷き、その上に冬に降り積もった雪や天然の氷を載せて 上に枯れ草や杉皮などで覆い夏まで貯えておく場所を …

夏越の祓(なごしのはらえ)

「夏越の祓」(なごしのはらえ)とは、 1年の半分に当たる6月30日に、 半年の間に身に溜まった穢れを落とし、 残り半年の息災を祈願する神事です。 神社には大きな「茅の輪」(ちのわ)が据えられて、 参拝者はここを潜って厄除けを行います。 夏越の祓とは…

父の日

6月の第3日曜日は「父の日」です。 令和4(2022)年は6月19日になります。 5月の「母の日」に対して、こちらは「父親に感謝する日」です。 「父の日」の起源 「父の日」が日本に普及したのは? 父の日に贈る花 実際にもらって嬉しかった「父の日のプレゼ…

稽古始めは「6歳の6月6日」

日本では古来より 「6歳の6月6日にお稽古を始めると上達しやすい」と 言われてきました。 器や舞踊など伝統芸能の「稽古始め」は 6歳の6月6日がよいとされ、 歌舞伎、能、狂言の世界では「初稽古」(はつげいこ)と呼んで、 その日に稽古を始めるべしとして…

母の日

日本を始め世界の多くの国々で、 5月の第2日曜日は「母の日」として知られています。 今年、令和4(2022)年の「母の日」は、5月8日になります。 「母の日」の起源 もっと昔からあった「母の日」 日本での「母の日」 カーネーション プレゼントする時に気をつ…

衣替え

更衣(こうい) 「衣替え」の歴史は、平安時代頃まで遡ります。 その頃は「衣替え」を「更衣」と呼んでいました。 古代Chinaの慣行に倣って、 宮廷では、旧暦の4月1日と10月1日に 「夏服」と「冬服」を切り替えていました。 江戸時代に入ると、 「更衣…

春の大型連休「ゴールデンウィーク」

4月末から5月の上旬の「ゴールデンウィーク」。 毎年、何連休となるのか日数は異なります。 今年、令和4(2022)年はいったい何連休なのでしょう? 令和4(2022)年のゴールデンウィークの期間は? 令和4(2022)年のゴールデンウィークカレンダー 令和4(2022)年ゴ…

針供養(はりくよう)

昔から日本人は道具にも命と魂が宿ると信じ、 その一つ一つを大切にしてきました。 「針供養」(はりくよう)はその心持ちによって生まれた行事で、 折れたり、錆びたり、曲がったりして使えなくなった針に感謝し、 供養することで裁縫の上達を願います。 「…