うまずたゆまず

コツコツと

年中行事

お盆の日程

お盆は、祖先の霊(祖霊)をお迎えして、 もてなし、お送りする行事です。 お盆のためにどのような準備をし、 どのように過ごしたらよいのでしょうか。 お盆の準備やお墓参りを計画されている方は、 早い段階からお盆の期間をチェックしておくことをおすすめ…

お盆

「お盆」は、 旧暦7月15日を中心に行われてきた、 祖先の霊(祖霊)をお迎えして、もてなし、お送りする行事です。 『日本書紀』によると、古くは推古天皇14年(606年)に 「四月の八日、七月の十五日に設斎(おがみ)す」とあり、 その頃にはお盆の習…

藪入り(やぶいり)

昔は、「小正月」の1月15日と 「お盆」の7月15日の翌日の16日は、 「藪入り」と言って、 嫁入り先のお嫁さんや、奉公先の丁稚や女中が 実家に帰ることの出来る休みの日でした。 語源 藪入りの由来 いきみたま 藪入りの日 語源 藪の深い田舎に帰るか…

盆送り火

盆明けの16日の夕方に火を焚いて祖先の霊を送り出す・・・、 これが「送り火」です。 「送り火」とは 送り火の準備とやり方 夏の風物詩の「大文字焼」 京都五山送り火 奈良大文字送り火 箱根 強羅大文字焼 「精霊流し」と「灯籠流し」 灯篭流し(とうろう…

お盆の由来

お盆の正式名称は、「盂蘭盆会」(うらぼんえ)と言います。 これを略して「盆」や「お盆」です。 サンスクリット語では「ウランバーナ」と言って、 「逆さに吊された苦しみ(倒懸)」という意味があります。 ヒャーっ!なんとも、おどろおどろしい意味です…

草市(くさいち)

「草市」(くさいち)とは、 かつて7月12日の夜から翌朝にかけて開かれていた、 盂蘭盆(うらぼん) の仏前に供える草花「盆花」や、 焙烙(ほうろく)や苧殻(おがら)、鬼灯(ほおずき)といった お盆の飾り物などを売る市のことです。 「草市」では、 お…

山開き

初夏になると、各地で「山開き」が行われます。 「山開き」の起源 「山開き」の時期 期間外の登山は要注意 富士山の山開き 「山開き」の起源 日本では古来「山岳信仰」といって、 山岳を神聖視し、神霊の宿る地として崇めてきました。 山岳は入峰修行(にゅ…

釜蓋朔日(かまぶたついたち)

七月朔日ついたちは「地獄の釜の蓋が開いて精霊が出てくる日」ということで、 「釜蓋朔日かまぶたついたち」「釜蓋あき」「釜の口あけ」などと言い、 地獄に閉じこめられている精霊が蓋の開いた釜の口から飛び出します。 地獄からの道のりは遠く、そこから13…

氷室の節句(ひむろのせっく)

冷蔵庫も製氷技術もなかった昔、 人々にとって夏の猛暑を凌ぐのは大変なことでした。 涼しい山影の杉木立に包まれる山中に深い穴を掘って、 底に茅を敷き、その上に冬に降り積もった雪や天然の氷を載せて 上に枯れ草や杉皮などで覆い夏まで貯えておく場所を …

夏越の祓(なごしのはらえ)

「夏越の祓」(なごしのはらえ)とは、 1年の半分に当たる6月30日に、 半年の間に身に溜まった穢れを落とし、 残り半年の息災を祈願する神事です。 神社には大きな「茅の輪」(ちのわ)が据えられて、 参拝者はここを潜って厄除けを行います。 夏越の祓とは…

父の日

6月の第3日曜日は「父の日」です。 令和4(2022)年は6月19日になります。 5月の「母の日」に対して、こちらは「父親に感謝する日」です。 「父の日」の起源 「父の日」が日本に普及したのは? 父の日に贈る花 実際にもらって嬉しかった「父の日のプレゼ…

稽古始めは「6歳の6月6日」

日本では古来より 「6歳の6月6日にお稽古を始めると上達しやすい」と 言われてきました。 器や舞踊など伝統芸能の「稽古始め」は 6歳の6月6日がよいとされ、 歌舞伎、能、狂言の世界では「初稽古」(はつげいこ)と呼んで、 その日に稽古を始めるべしとして…

母の日

日本を始め世界の多くの国々で、 5月の第2日曜日は「母の日」として知られています。 今年、令和4(2022)年の「母の日」は、5月8日になります。 「母の日」の起源 もっと昔からあった「母の日」 日本での「母の日」 カーネーション プレゼントする時に気をつ…

春の大型連休「ゴールデンウィーク」

4月末から5月の上旬の「ゴールデンウィーク」。 毎年、何連休となるのか日数は異なります。 今年、令和4(2022)年はいったい何連休なのでしょう? 令和4(2022)年のゴールデンウィークの期間は? 令和4(2022)年のゴールデンウィークカレンダー 令和4(2022)年ゴ…

針供養(はりくよう)

昔から日本人は道具にも命と魂が宿ると信じ、 その一つ一つを大切にしてきました。 「針供養」(はりくよう)はその心持ちによって生まれた行事で、 折れたり、錆びたり、曲がったりして使えなくなった針に感謝し、 供養することで裁縫の上達を願います。 「…

お事汁(おことじる)

「お事汁」とは、 2月8日、12月8日の「事八日」(ことようか)に、 無病息災を祈って食べる、野菜たっぷりの味噌汁のことです。 事八日」の日は「物忌みの日」でもあり、 この日は、野良仕事や針仕事などを休んで、 派手な行いは慎んで静かに屋内で過ごし、 …

事始め

12月8日と2月8日は「事八日」(ことようか)と言います。 「こと」とは、 「行事」「祭事」「斎事」(いわいごと)のことを指します。 どちらか一方を「事始め」(ことはじめ)、 もう一方を「事納め」(ことおさめ)の日と定め、 昔から特別な日として様々…

二十日正月(はつかしょうがつ)

「二十日正月」は、 正月にお迎えした歳神様(年神様)がお帰りになる日と考えられています。 歳神様(年神様)がお帰りになられるので、 「二十日正月」を「正月の祝い納め」の日とし、 お正月の飾り物などを全て片付け終えて、 正月料理や餅なども全て食べ…

小正月

「小正月」(こしょうがつ)とは、 1月1日を中心とした正月行事「大正月」(おおしょうがつ)に対し、 1月15日に行われる行事のことを言います。 年末の準備から、 元旦、松の内と続いてきた正月を締めくくるための 様々な行事が行われます。 小正月とは 古…

どんど焼き・左義長

「どんど焼き」とは、 「小正月」(1月15日)に 全国的の神社や仏閣の「火祭」のことです。 門松、注連縄、破魔矢などの「正月飾り」や「書き初め」、 それに古いお札などをお焚き上げします。 その煙に乗って 歳神様(年神様)が天上に帰ってゆくとされ…

小正月の習わし

「小正月」は「農の正月」とも言われ、 農耕に結び付いた様々な行事が古くから行われてきました。 主に「豊作祈願」「吉凶占い」「悪霊払い」の 3つが行われます。 まず前日の14日は、 「十四日年越し」(じゅうよっかとしこし)と言って、 団子を作った…

鳥追い(とりおい)

「鳥追い」は、 子供達が、 手に手に鳥追い棒と称する棒切れや杓子を持って 打ち鳴らし、 「朝鳥ほいほい、夕鳥ほいほい、 物を食う鳥は、頭割って塩つけて、 佐渡が島へ追うてやれ」 などの歌を歌いながら、田畑などを囃して回るお祭です。 秋の収穫時には…

鏡開き

お正月の間、歳神様(年神様)の居場所になっているのが「鏡餅」。 そのため、歳神様(年神様)がいらっしゃる「松の内」の間は飾っておき、 「松の内」を過ぎたら下げて食べ、歳神様(年神様)をお送りします。 「鏡開き」は、 「松の内」を1月7日までと…

「初顔祝」(はつがおいわい)

「鏡開き」は、本来は1月20日だったそうです。 武家では語呂合わせで、 「刃柄祝」(はつかいわい)と言い、 具足に供えたお餅を食べたと言います。 女性もこの日は鏡台に供えたお餅を食べました。 こちらは「二十日を祝う」にかけて、 「初顔祝」(はつ…

酒樽の蓋を開く「鏡開き」

1月11日は「鏡開き」です。 一年の健康と発展を祝って、 供えた鏡餅を割って食べる 新年の仕事・行事初めの儀式の一つです。 「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味します。 酒樽の蓋を開く神事も「鏡開き」と言います。 古くから、酒樽の上蓋は、 丸…

葵祭(あおいまつり)

京の三大祭の中で最も古いこの祭礼は、 正式には「賀茂祭」と言われ、 上賀茂神社(上社)と下鴨神社(下社)で 5月1カ月間に行われる祭礼の1日を指しています。 京都三大祭 葵祭・祇園祭・時代祭 『山城国風土記』によると、 6世紀中葉の欽明天皇(540~…

六日年越・七日正月

正月七日を「七日正月」と言います。 そしてその前日を「六日年越し」として祝います。 1日の「大正月」と15日の「小正月」の 半ばに当たる1月7日は、 祭に向けて心身を浄める意味の期間の始まりの日でした。 そのため、正月の六日の夜から七日の朝にか…

寒の内(寒中)

「冬至」を過ぎて、季節が「小寒」に変わると「寒の入り」です。 令和4年は1月5になります。 1/4 「冬 至」 1/5 「小 寒」 ➡ 寒の入り ・ ・ ・ ⇧ 寒 「大 寒」 の ・ ・ ・ 内 ⇩ 2/4 「立 春」 ➡ 寒の明け 一年で最も寒い「寒」の到来です。 「寒」とは…

「正月三が日」にやってはいけない6つのタブー

「三が日」とは、 1月1日、2日、3日の3日間のことを言います。 縁起を担いで、 やらない方がいいとされている風習があるのですが ご存知でしょうか? 1.掃除をしてはダメ! お正月には、「年神様」という神様が 福を持って家を訪ねていらっしゃるのに…

初夢

初夢はいつ見た夢のことを示すかについては、 いくつか説があります。 大晦日の夜から元旦にかけて見る夢 元旦から2日の夜にかけて見る夢 正月2日の夜に見る夢 古来、大晦日は眠らずに元旦を迎えていたため、 初夢は元日の夜に見る夢を指していました。 そ…