よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

5月

5月

皐 月(さつき) 旧暦5月は田植えの時期で、「早苗月」(さなえづき)が略されて、「早月」になったという説があります。 「早月」も「さつき」と読み、5月の異名のひとつなのですが、「皐」という字には「神に捧げる稲」という意味があるため、「皐月」と…

端午の節句

5月5日は「端午の節句」、男の子の成長を願う日されています。 「鯉のぼり」を上げ、「柏餅」や「粽」を頂き、「菖蒲湯」に浸かります。 「端午の節句」の「端」は始めという意味です。 ですから、「端午」とは月初めの「午」(うま)の日を指し、 「端午…

文部省唱歌「茶つみ」

立春を第1日として、 そこから数えて88日目を「八十八夜」と言います。 この日に摘んだお茶を飲むと、 その一年間、健康に過ごせると言われています。 「夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る あれに見えるは茶摘みじゃないか あかねだすきに菅の笠…

五月忌み(さつきいみ)

「五月忌み」とは、 田植えを控えた女性達が、身を清めるために行っていた行事のことです。 古くは、田植えは生命を生み出す存在である女性達の仕事だったそうです。 女性は、田の神様に使える神聖な役割を持っていたためです。 田植えの日に、苗を田に植え…

雑節「八十八夜」

立春から八十八夜目に当たる日に「八十八夜」が訪れます。 農事の節目の日とされ、茶の栽培では、「新茶」の茶摘みの時期です。 また、霜が降りなくなるため、そろそろ田植えが始まります。 「八十八夜」は、暦の上では雑節の一つとされ、 暮らしや習俗の中…

粽・柏餅

「粽」を端午の節句に食べるようになったのは、 Chinaが起源だと言われています。 Chinaでは古来、粽は水神への捧げものでした。 今からおよそ2300年前の中国に、屈原(くつげん)という詩人がおりました。 屈原は国王の側近として仕え、その正義感と国を思…

端午の節句の飾り物

「端午の節句」は、男の子の成長を祝うとともに、立身出世を願って 「鯉のぼり」や「鎧兜」を飾ります。 また、菖蒲湯に入り、厄除けをする習わしがあります。 兜飾り 三段飾りの場合、 上段中央に「鎧兜」、向かって左に「弓矢」、右に「太刀」を置きます。…

葵祭

京の三大祭の中で最も古いこの祭礼は、 正式には「賀茂祭」と言われ、 上賀茂神社(上社)と下鴨神社(下社)で 5月1カ月間に行われる祭礼の1日を指しています。 京都三大祭 葵祭・祇園祭・時代祭 『山城国風土記』によると、6世紀中葉の欽明天皇(540~5…

「母の日」の起源

日本を始め、世界の多くの国々で 5月の第2日曜日は「母の日」として広がっています。 1907年5月、アメリカ・フィラデルフィアの教会で、 アンナ・ジャービスという女性が生前の母の活動や功績に心を打たれ、 「自分の亡き母を追悼したい」という想いから、…

破魔弓(はまゆみ)

「破魔弓」は、「魔障を破り払う弓」という意味で、 江戸時代以来、男の子の初正月のお祝いとして贈られています。 由来は古く、『日本書紀』の頃から宮中では 「射来」(じゃらい)と呼ばれる弓の儀式があり、 後にお正月の儀式となりました。 この儀式には…

トップに戻る