うまずたゆまず

コツコツと

敬老の日

f:id:linderabella:20210912191930j:plain

 
9月の第3日曜日は「敬老の日」です
長年社会のために働いてきたお年寄りを敬い、
長寿を祝う国民の祝日です。
各地で敬老に因んだ行事が行われ、
家庭では、父母や祖父母を労ってお祝いを贈ったり、
ごちそうをいただいてお祝いしたりします。
 
 
「敬老の日」は日本生まれの記念日です
敬老の日の由来は諸説あります。
 
歴史上の由来としては、
  • 聖徳太子が老人や病人向けの施設「悲田院」を作った日である
  • 元正天皇が養老の滝に行幸した日、
  • もしくは高齢者に贈り物をした日である
などの説があります。
 
 
「祝日」としての「敬老の日」が誕生するきっかけとなったのは、
昭和22年、兵庫県多可郡野間谷村(現:多可町)で行われた
敬老会でした。
「お年寄りを大切にし、お年寄りの知恵を生かした村作りをしよう」
という考えのもと、「としよりの日」が提唱されたのが始まりです。
 
この「9月15日」という日程は、
農閑期であること、気候が良いことに加え、
先程ご紹介した「養老の滝の伝説」に基づいたものだということです。
 

f:id:linderabella:20200614164803p:plain

 
その取り組みは村から県、
昭和25(1950)年には兵庫県全体に広がり、
次第に全国に広がっていきました。
 
その後、「としよりの日」ではなく
もっと良い呼び方にしようということで、
昭和39年に「老人の日」と改称され、
昭和41年に「国民の祝日」に関する法律が改正され、
9月15日が「敬老の日」と定められました。
 
更に、「祝日法」改正(いわゆる「ハッピーマンデー法」)によって、
平成15(2003)年から「敬老の日」が9月の第3月曜日に変更され、
それまでの9月15日は
「老人福祉法」の改定によって「老人の日」に、
9月15日~21日は「老人週間」となりました。
 
それぞれの定義は次の通りです
敬老の日
多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う
老人の日
老人が自らの生活の向上に努める意欲を促す
老人週間
広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、
老人に対し自らの生活向上に努める意欲を促す
 
 
ところで
映画のシニア割引は60歳以上、
東京都のバスや地下鉄に適用されるシルバーパスは70歳以上、
JR各社では50歳位から各種割引がありますが、
一般的には、何歳からが老人なのでしょうか?
 
 
日本の行政制度では、
  • 老齢基礎年金は原則65歳から支給、
  • 介護保険制度の第1号被保険者は65歳以上、
  • 税制上の老人扶養親族は70歳以上、
  • 長寿医療制度(後期高齢者医療制度)は75歳以上
となっています。
 
 
因みに、国連の世界保健機構(WHO)では、
高齢者は65歳以上と定義されており、
  • 65~74歳 ⇒ 前期高齢者
  • 75~84歳 ⇒ 後期高齢者
  • 85歳以上  ⇒ 末期高齢者  となっています。
 

f:id:linderabella:20200614164803p:plain f:id:linderabella:20201227110705j:plain