うまずたゆまず

コツコツと

八朔(はっさく)

f:id:linderabella:20201123052824j:plain

 

 

「八朔」とは、八月朔日(ついたち)の略で、旧暦8月1日のことです。
この日には、本格的な収穫を前に
「豊作祈願」のために様々な行事が行われてる地域があります。
 
また、「二百十日」「二百二十日」「八朔(旧暦8月1日)」は
昔から強い風の吹く日だったようで、「農家の三大厄日」と言われ、
「八朔」には各地で風の難を受けないように祈願する祭りが行われました。
 
 

風鎮祭・風祭

f:id:linderabella:20210823025811j:plain

 
旧暦8月1日は、新暦では9月上旬に当たります。
この時季は稲が開花・結実する大事な時ですが、
台風が相次いで襲来し、
農作物が被害を受けてしまうことがよくあります。
 
特に、「二百十日」「二百二十日」「八朔(旧暦8月1日)」は
「農家の三大厄日」と言われ、
「この風の難を受けないように」「豊作でありますように」と祈り、
「風鎮祭」「風祭」といった名前のお祭りや奉納祭が行われます。
 
 

豊作祈願

f:id:linderabella:20201123054638j:plain

 
西日本では、「穂出し」を祈願する行事を
「たのむ」「たのみの祝い」「たのもの節供」などと言います。
 
「田誉めの節句」とも呼びます。
八朔の日にお神酒をさげて自分の田圃に行き、
ちらほら出始めている走り穂を眺め、
「良く出来ている」などと豊作ぶりを誉めて喜び、
そしてお神酒を振り撒き、自分も畦に腰を下ろして
お神酒をいただいて帰ってきます。
 
九州北部では、七夕の笹のようなものを立てて
田の畔で「作頼みを祈る」風習があります。
 
初穂を田の一隅や家の竈神などにかけて供え、
榊に稲穂をかけた「穂掛榊」を焼米などとともに神前に供えた後、
神輿を船に載せて「一つ石」という神石に渡御して豊作豊漁を祈り、
帰路は各町内の屋台の先導で還御する「穂掛祭」を行うところもあります。
 
  • 田ほめ   :田の稲に誉め言葉をかける
  • 作頼みの祈り:田の神様に豊作を願う行事
  • 穂掛祭   :稲の初穂を掛ける行事
 
 

八朔休み

 
昔、関西辺りでは、「八朔を休日」としていたそうです。
田植え始まりから許されてきた「昼寝の習慣」は、
「八朔」の日までとされました。
そして、その次の日から「夜なべ仕事」が始まりました。
 
大阪では「昼寝」のことを「日の辻休み」と言ったことから、
旧暦の「八朔」は「日の辻の取り上げ休み」と称していたそうです。
 
昼寝を取り上げられたり、夜なべが始まったりでしたから、
奉公人にとっては嬉しくない日でした。
奉公人達が辛い思いで休日を迎えたことから「泣き節句」と言ったり、
ふるまいの麦饅頭を「泣き饅頭」、
小豆飯を「涙飯」と呼んだりする地方もあったようです。
 
 

田の実の節句

 
「八朔」は早稲が実る時期に当たり、
古代・中世には、
早稲の「田の実」を天皇などに献じた風習があったようです。
農家では、その年初めての稲の実りを、田の神様に供え、
お世話になった人へ送り合う習わしがありました。
これが転じて、武家などでは主君と家来が贈答品を贈り合い、
主従関係を確かめる慣習になったとか。
「田の実」(たのみ)と「頼み」(たのみ)の語呂合わせで、
八朔を「田の実の節句」とも言いました。
 
徳川家康が天正18(1590)年8月朔日に江戸に入場したところから、
江戸時代になると、八朔は幕府の重要な祭日となりました。
それに因んで大名や旗本などが総登城を行う日になりました。
この日、大名や旗本は裃や白帷子に身を包み、
将軍にお祝いを述べ、太刀などを献上しました
(「八朔御祝儀」)。
江戸城の八朔御祝儀にあやかってか、
花街の吉原では遊女達が白無垢の小袖に衣替えし、
花魁道中に繰り出しました。
これは「八朔の雪」とか「秋の雪」と称されています。
 
 

馬形(うまがた)

 
瀬戸内地方などでは、「八朔」に馬形を飾る習わしがあります。
元々は、新米で作ったと言われ、
初穂を供える穂掛の神事に由来するもののようです。
 
また、団子をこねて人形にする「タノモ人形」という習俗もあったとか。
雛人形や八朔馬を作ったり、贈ったりすることが知られています。
厄除けの意味と玩具としての目的があり、
子供の健やかな成長を願う心意が込められています。
 

f:id:linderabella:20201227114520j:plain