うまずたゆまず

コツコツと

運盛り

「冬至」の日に
「ん」の付くものを食べることは
「運盛り」(うんもり)と呼ばれ、
大変縁起が良いとされています。
これは縁起担ぎだけでなく、
栄養をつけて、寒い冬を乗り切るための
知恵でもあります。
 
 

一陽来復(いちようらいふく)

  

冬至は「一陽来復」(いちようらいふく)とも言い、
太陽の力が一番弱まる日であり、
この日を境に再び力が甦ってくることから、
太陽が生まれ変わる日と捉え、
古くから世界各地で冬至の祝祭が
盛大に行われていました。
 

「ん」のつく食べ物

「冬至」には、
「ん」の文字が含まれる食べ物を食べると、
運気が良くなると考えられています。
 
こんにゃく

 
「冬至の砂払い」と呼ばれる習慣があります。
食物繊維の豊富な「こんにゃく」は、
「胃腸の砂払い」とも言われる通り、
体に溜まった砂(毒素)を出してくれると
考えられています。
そのため冬至の日に「こんにゃく」を食べて
一年で体内に蓄積された不要なもの(=砂)を
外に出して体をキレイにして
新たな健やかな年を迎えるというものです。
 
「こんにゃく」は、隠し包丁を入れて、
ゴマ油でサッと炒めて醤油などで味付けすれば、
簡単にご飯のお供になりますし、
根菜類と一緒にじっくり煮込めば
お腹から温まります。
 
大根

 
「冬至」の日に最も重んじられる野菜は
「大根」です。
大根は冬の野菜の代表的な物で、
1年12か月になぞらえて、
12本の大根を贈る慣習もあるそうです。
「冬至大根」(とうじだいこん)と言って、
「冬至」になると「大根煮」を振る舞う
神社もあります。
 

www.linderabell.com

また庄内地方を始め東北や新潟などでは、
大黒様のお歳夜」という
大根の実りに感謝し、翌年の豊作を願う
お祭りがあります。
 

www.linderabell.com

 

「ん」が2つ付いている食べ物
冬至の七種

 
更に「冬至の七種(とうじのななくさ)は、
名前に「ん」が2つ付くということで、
口にすれば運をたくさん取り込める
「運盛り」と呼ばれる縁起の良い食べ物です。
「運盛り」は縁起かつぎだけでなく、
栄養をつけて寒い冬を乗り切るための知恵でもあります。
 
冬至の七種
 1.南 瓜 (なんきん)
 2.饂 飩 (うんどん)
 3.人 参 (にんじん)
 4.蓮 根 (れんこん)
 5.寒 天 (かんてん)
 6.銀 杏 (ぎんなん)
 7.金 柑 (きんかん)
 

www.linderabell.com

 
南瓜(なんきん)・・冬至南瓜
 
「かぼちゃ(南瓜)」という漢字には、
「南」という字がつき、
陰[北]から陽[南]に向かうことを意味するため、
縁起の良い食べ物です。
 
昔は冬に緑黄色野菜が採れなかったため、
夏や秋に採れた緑黄色野菜で
漬物や干し野菜を作って保存しましたが、
夏の終わりに収穫した「南瓜」は、
丸ごと保管しておけば冬まで保存出来るため、
冬至に栄養価の高い「南瓜」を食べる風習が
生まれました。
 
 
「冬至に南瓜を食べると、風邪をひかない」
とよく言われますが、その理由は
「南瓜」の豊富な栄養成分にあります。
 
「南瓜」は、緑黄色野菜の王様と言われるほど、
βーカロテンやカロテンなどの栄養が
たっぷりと含まれています。
βーカロテンは体内でビタミンAに変換され、
抵抗力を強めて皮膚や粘膜を丈夫にしたり、
免疫力を正常に保つ働きがあります。
そのため風邪の予防に効果的なのです。
βーカロテンは南瓜の果肉よりも
皮やワタに多く含まれるため、
よく洗って皮ごと使用するのがおススメです。
 
 
饂飩(うんどん)
 
寒い季節にうどんを食べると
身体の中から温まりますよね。
 
 
小麦の栽培が盛んな群馬県では、
昔からうどんやおきりこみなどの
小麦粉を使った料理が昔から親しまれ、
冬至にも、うどんに南瓜やこんにゃくを入れた
「冬至うどん」が食べられてきました。
 
人参(にんじん)
 
栄養も甘味も増してくる人参の旬は10~12月。
βカロテンなどの栄養素も、
他の季節に採れる人参より豊富です。
汁物や鍋料理、スープなどで煮込めば更に甘く、
寒い時期には身体を温められて一石二鳥です。
 
蓮根(れんこん)
 
蓮根は通常、9月下旬迄で成長を終えますが、
その後そのまましばらく寝かせます。
そうすることででんぷん質が糖に変化し、
蓮根の需要が最も多くなる晩秋〜冬にかけて、
粘りと甘みが強くなります。
加熱調理をすることで、
より粘りと甘みを味わうことが出来ます。
 
 
また蓮根は縁起の良い食べ物として、
お正月のお節料理のひとつにもなっています。
・穴が沢山空いていて、
 向こう側を見ることが出来ることから
 「先の見通しが良くなるように」
・1株からたくさん収穫出来、種も多いことから
 「子孫繁栄」、
・茎に節目があることから
 「人生の節目を無事に乗り越えられるように」
 
寒天(かんてん)
寒天づくりは、毎年12月半ばから翌年の2月半ばまでの厳寒期にのみ行なわれます。
 
銀杏(ぎんなん)
 
銀杏の木は、
「生きている化石」と呼ばれることもある
世界的にも最も古い木の一つです。
 
 
とても生命力の強い木で、
樹齢1000年を超すこともざらにあり、
また銀杏の木が実をつけるまでに
長い年月がかかることから、
「長寿」の御利益があると言われています。
また「銀杏」は金色をしていることから、
金運上昇の御利益もあると言われています。
 
 
「松葉銀杏」はお節料理の定番です。
 
金柑(きんかん)
 
小さくてかわいらしい黄色の「金柑」は、
「金冠」と掛けられていて
黄金のようなまばゆい色と合間って富を象徴し、
「金運」を上げてくれる食材として食されます。
 
 
「金柑」の甘露煮にはお節料理の定番です。