うまずたゆまず

コツコツと

「恵方巻き」のルール

 
節分の日に、
その年の恵方を向いて(令和4年は「北北西」
一本丸ごと食べると縁起がいいとされる太巻きを
「恵方巻き」と言います。
関西を中心にした風習のようです。
 
はたして、縁起を担ぐにはどうやって食べればよいのでしょうか?
「恵方巻き」のルールについてご紹介致します。
 
1.恵方を向いて食べる!
 神様がいらっしゃる、恵方を向いて、
 食べている間はその方向だけを見ること。
 よそ見をしてはいけません。
 でないとご利益を得ることが出来ないそうです。
 今年、令和4年の恵方は「北北西」です!
 
 
2.黙って食べる!
 黙って食べましょう。
 丸ごと全部食べ終わるまで黙って食べないと、
 ご利益を得ることが出来ないそうです。
 
 
3.一気に食べる!

 一本をガブっと一気にいただきましょう。
 途中で休んだりすると、
 やはりご利益がなくなってしまうんだそうです。
 食べる前に恵方を向き、深呼吸をし、そのままの方向を向き、
 一気にガブリ!です。
 切らずに1本丸ごとかぶりつくのは、
 「縁を切らないため」と言われています。
 
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plainf:id:linderabella:20201227110726j:plain