うまずたゆまず

コツコツと

商売繁盛を願う「十日えびす」

「十日えびす」とは、
「漁業の神」「商売繁盛の神」「五穀豊穣の神」
として有名な「七福神」の戎(恵比寿)様を祀るお祭りで、
縁起物を吊るした「福笹」などが売られます。
 
 

f:id:linderabella:20201226102522j:plain

 
 
毎年1月9日から3日間行われます。
  •  9日「宵 戎」 (よいえびす)
  • 10日「本 戎」 (ほんえびす)
  • 11日「残り福」
 
 
恵比寿様は、右手で釣竿を持ち、左手には大きな鯛を持つ
七福神の中で唯一、日本の土着の神様です。
伊邪那岐命(イザナギノミコト)、伊邪那美命(イザナミノミコト)の間に生まれ、
「大漁追福」(たいりょうついふく)や「商売繁盛」、「五穀豊穣」をもたらす
神様です。
 
漁業、商業、農業の神様として信仰され、知恵を働かせて体に汗を流して働けば、
恵比寿様が福を授けて下さると考えられています。
 
 
関西で特に親しまれている「十日えびす」は、
「商売繁盛、笹もってこい」という掛け声がとても 有名です。
これは「笹を持ってきたら商売繁盛させてやるよ」という意味と
「商売繁盛したら来年も笹を持って来てね」という意味があるそうです。
 
十日戎で売られている「福笹」(ふくざさ)は
恵比寿様が持っている釣り竿を見立てているとも言われていて、
商売繁盛のご利益があると言われています。
更にこの福笹に「吉兆」「小宝(子宝)」と呼ばれる
米俵や小判や鯛などを模した縁起物を付けて
家に持ち帰って飾ると福を授かると言われています。
 
 
~日本三大えびす神社~
  • 西宮神社   (兵庫県)
  • 今宮戎神社  (大阪府)
  • 京都ゑびす神社(京都府)
 
西宮神社 の開門神事と福男選び
西宮神社では、本えびすの10日午前0時に全ての門が閉ざされ、
神職は居籠りし午前4時から大祭が厳かに執り行われます。
午前6時に赤門が開放され、230m離れた本殿へ「走り参り」をし、
本殿へ早く到着した順に1番から3番までがその年の「福男」に認定されます。
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plainf:id:linderabella:20201227110722j:plain