うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「天地始粛」

「てんちはじめてさむし」と読みます。
 
天地の暑さがようやくおさまり始める頃になりました。
「粛」は縮む、鎮まるという意味です。
夏の気が落ち着き、万物が改まる時季とされています。
 
 
f:id:linderabella:20210825200011j:plain
 
日中はまだまだ暑い頃ですから、体感としては夏の気候でしょう。
それでも、少しずつ冷たい空気が秋を運んでくる時季で、
天気図には時折、「秋雨前線」が登場するようになります。
 
その北側には大陸の冷たい空気を孕んだ高気圧が控えていて、
前線とともに日本列島をゆっくりと南下しながら秋を運んできます。
 
高い山々や北国では、これから急速に秋が深まっていきます。
平野部でも少しずつ秋へ向かう気配が感じられます。
涼風が心地よく大地に吹き渡ると、実りの秋はもう目前です。
 

f:id:linderabella:20201227114520j:plain