うまずたゆまず

コツコツと

「初午」の食べ物・行事食

 

初午いなり

 
稲荷神社といえば「狐」。
狐といえば「油揚げ」が大好物。
という訳で、
初午の日には、油揚げや油揚げにすし飯を詰めたものを
奉納しました。
これが「稲荷寿司」の始まりです。
「稲荷神社」も「稲荷寿司」も親しみを込めて
「おいなりさん」と呼ばれています。
 
「願いの数だけいなり寿司を食べると良い」
「いなりの3文字に倣い、
 命の<い>、名を成すの<な>、利益を上げるの<り>として、
 3つのいなり寿司を食べると良い」など、
各地で様々な縁起に基づいた習わしとして、
いなり寿司を食べる風習があります。
 
稲荷信仰
稲荷神社の主神は「宇迦之御魂神」(うかのみたまのかみ)という
五穀豊穣の神様で、別名を「御饌津神」(みけつのかみ)
言いました。
そこに狐の古い呼び方である「けつ」が重なり、
「三狐神」と解されるようになり、
そこから宇迦之御魂の使いは「狐」とされ、
稲荷と狐の関係が生まれたと言われています。
 
また、狐自体も穀物を食べるネズミを捕食することや、
尾の形や色が実った稲穂に似ているところから、
古く平安時代から動物を神の使いとする信仰の対象であり、
そこに稲荷信仰が習合して、
江戸時代になって、稲荷神が商売繁盛の神としても
もてはやされるようになり、
今日へと続く信仰が生まれたと考えられています。
f:id:linderabella:20210418175412j:plain 
 
因みに、東日本の稲荷寿司は米俵に見立てた「俵型」で、
西日本の稲荷寿司は狐の耳に見立てた「三角」が主流です。
 
 

初午団子

 
「初午」には、蚕の神様を祀る行事も行われています。
そういったところでは、初午の日に
餅粉で繭の形に作った団子「初午団子」(はつうまだんご)
お供えします。
 
「初午団子」は富山県の郷土料理で、
餅粉を繭(まゆ)の形に似せて作った団子です。
富山県では養蚕が盛んだったため、
蚕がよく育ち、繭が沢山出来ることを祈願して、
この団子をお供えする習慣があったのだそうです。
そしてこの「初午団子」は、
「繭にシミがつかないように」という意味から、
醤油をつけずに食べられていました。
但し現在では、団子を焼いて醤油などで味付けしたり、
ぜんざいに入れたり、様々な方法で食べられています。
 
 

しもつかれ

 
栃木県の郷土料理である「しもつかれ」も、初午の定番料理です。
 
「しもつかれ」は、
おせち料理や節分の豆の残りなどを利用し、
鮭の頭と、鬼おろしですった大根や人参、油揚げ、大豆などを
酒粕と一緒に煮込んだ栄養満点の郷土料理です。
 

 
栃木県内では、「初午の日」に節分に使った豆を
稲藁のつとの中に入れて、稲荷様や氏神様に供える風習があります。
 
  • わらづとに入れて屋根の上に投げると火事にならない
  • 稲荷様に供えるとキツネが畑を荒らさない、疫病にかからない
  • 初午以外の日に作ると火事になる
  • しもつかれを7軒食べ歩くと病気にならない
と言われています。
 
「わらつと」とは「藁苞」と書き、
稲藁を束ねて中にものを包むようにしたもののことです。
「わら納豆」は煮た大豆をこの「わらつと」に包んだもので
藁に付着している納豆菌が繁殖し、大豆は納豆になります。
 
 
「しもつかれ」の名前の由来は、
栃木県の昔の呼び名である「下野の国」(しもつけのくに)に由来する説と、
大豆に酢をかけた料理「酢むつかり」が起源とする説などがあるそうです。
 

f:id:linderabella:20201227110726j:plain