うまずたゆまず

コツコツと

受死日

「じゅしび」とか「じゅしにち」
 と読みます。
 

f:id:linderabella:20220331190027j:plain

 
死を受ける日という字面から見ても、
縁起の良くない日だとは思われますが、
一体、どういう日なのでしょうか?
 
 
受死日とは?
「受死日」は
カレンダーの最下段に書かれる暦注の一つで、
「●」の印で記載されていたために、
「黒日」と呼ばれることもあります。
 
この「受死日」は、
「病を患えば必ず死ぬ最悪の大凶日」と言われていて、
「大安」や「一粒万倍日」などの「吉日」が重なっていても、
そのポジティブパワーを黒く打ち消すほど
ネガティブパワーの方が強いと言われています。
 
 
受死日に避けたほうがいいこと
「受死日」は基本的に何をやってもNGの日と認識されているので、
避けた方が良いというよりも
あまり行動しない方が良いというのが答えとなるでしょう。
その中でも、更にやっては行けないと言われていることは、
「病気見舞い」「服薬」「針灸」「旅行」だそうです。
但し、「葬式」だけは差支えがないとされています。
 
 
受死日と十死日の違い
一般的には、最も運勢の悪い日が「受死日」で、
次に悪いのが「十死日」と言われています。
「受死日」は葬式はOKだけど、
十死日」は葬式もNGと言われています。
 
 
「受死日」の選日法
「節切りの月」毎に、日に配される「干支」で決まります。
 正月節   戌
 2月節  辰
 3月節  亥
 4月節  巳 
 5月節  子
 6月節   午
 7月節  丑
 8月節  未
 9月節  寅
 10月節  申
 11月節  卯
 12月節  酉
 
 
受死日が天赦日と重なるとどうなる?
天赦日」と言えば、
天が全ての罪を赦すという最上の吉日で、
結婚式や入籍など婚礼関係、
引っ越し、開業、出生届、財布の新調などを行うのに
特に良い日と言われています
一方、「受死日」と言えば、
他の暦注を全てを帳消しにしてしまうほど最悪の日とされています。
そのため「天赦日」であっても、
「受死日」の方が勝ってしまうという説もあります。
但し、令和4(2022)年は
「受死日」と「天赦日」が重なる日はないようです。
 

www.linderabell.com

 

f:id:linderabella:20201220063356j:plain