うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「霎時施」

「こさめときどきふる」と読みます。
 

f:id:linderabella:20211025172935j:plain

 
パラパラと小雨が降り出す頃になりました。
 
この小雨とは、
秋雨のようにしとしと降り続く雨ではなく、
通り雨のように雨が降ったかと思えばすぐに止み、
雲間から青空が顔を出す「時雨」(しぐれ)のことです。
 
f:id:linderabella:20200605164605p:plain
 

秋の終わりから冬の初めの「立冬」の前後は

雨が少ないように思われがちですが、

日本海側や京都盆地、岐阜、長野、福島などの山間部では

突然、空が陰ったかと思うとハラハラと降り出し、

短時間でサッと上がり、

また降り出すといった雨に見舞われることがよくあります。

 

この時期は大陸性高気圧が勢力を増し、

北西の季節風が吹き始めます。

これが「木枯し」となる訳なのですが、

この風が中央脊梁山脈に当たって吹き上げ、

冷やされた空気が雲を作り、降雨します。

 

この残りの湿った空気が

風で山越えしてくる時に降る急雨が「時雨」なのです。

江戸の昔から、

一時的に軽い雨脚で降り過ぎていく雨を「時雨」と言って、

俳句などに読まれてきました。

(実は「時雨」は冬の季語なんです)

 

本来の意味では関東平野に「時雨」はありません。

ただ、和歌、俳句にとどまらず、

広い範囲の日本の文芸において「時雨」は

初冬の象徴的な景物として広く取り上げられてきました。

 

『万葉集』で「雨」のつく言葉を拾っていくと、

「雨」に次ぐのが「時雨」になります

(正宗敦夫編『万葉集総索引』)。

でもそれは晩秋のものとして詠われることも多く、

初冬の景物として固定化するのは鎌倉以降のことです。

 

「初時雨」は、山の動物たちが冬支度を始める合図だと言われ、

これからやって来る冬の寒さに備えます。

f:id:linderabella:20201227114520j:plain