うまずたゆまず

コツコツと

ジャックオランタン

 
 
ハロウィンと聞いて、まず思い浮かべるのは、
かぼちゃの「ジャックオランタン」!
「ジャックオランタン」は、
かぼちゃの中身をくり抜いて
中に火を灯してランタン(提灯)にしたもので
ハロウィンにおける魔除けのような意味合いのアイテムです。
悪魔を寄せ付けないように持つのが、「ジャックオランタン」です。
 

 
ハロウィンは古代ヨーロッパに広く住んでいた
ケルト人のお祭りだと言われています。

そして、ケルト人が元々使っていた「ジャックオランタン」は、

かぼちゃではなく
カブをくり抜いて作ったジャックオランタンだったそうです。
それがかぼちゃに変わったのは、
ケルト人がアメリカに移住したためと言われています。
ケルト人にとって、カブは身近な農作物でしたが、
カブはアメリカの土地には馴染みがない一方、
かぼちゃは手に入りやすく、
またランタンに加工しやすかったためだそうです。
スコットランドでは、
今でもカブのジャック・オ・ランタンがあるそうです。
 
ところで、そんな「ジャックオランタン」には、
知られざる怖い伝説があります。

 

 
昔、ジャックという名の
ずる賢く、乱暴者で嘘つきのけちな男がいました。
 
酒好きのジャックは、
あるハロウィンの夜も散々に酔っ払っていました。
そこに、地獄から出て来た悪魔と出会います。
悪魔はジャックの魂を取ろうとしました。
そこでジャックは悪魔に
「魂をあげるから最期に酒を飲ませてくれ」と頼みます。
 
月日は流れて10年後。
悪魔は再びジャックの魂を狙いにやってきました。
でも、またしても巧みな話術で悪魔を騙そうとするジャック。
ジャックは今度は悪魔に、
木になっているリンゴを取ってきてもらうようにお願いします。
ジャックの最後の願いだと思って、
悪魔が木のリンゴを取ろうとすると、
ジャックはナイフで木に十字架を刻み付けました。
すると、悪魔は木から降りられなくなってしまったのです。
困った悪魔は、しぶしぶジャックの魂はもう狙わないと約束しました。
 
時は経ち、ジャックは寿命を迎えて亡くなりました。
悪いことばかりをしてきたジャックは、天国へはいけません。
しかし、地獄へ行こうとしたジャックに、悪魔が現れて言いました。
「おまえの魂は取らないと約束したから、地獄へ連れていくことも出来ない」
天国へも、地獄へも行けなくなってしまったジャックは、
その狭間で彷徨うことになってしまったのです!
 
暗闇の中、途方に暮れるジャックに悪魔は小さな炎を手渡します。
ジャックは、近くにあったカブをくり抜いて、
中に炎を灯してランタンにしました。
カブのランタンを手に、ジャックは今もなお、
行き場を失って彷徨よい続けていると言われています。