うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「蟋蟀在戸」

「きりぎりすとにあり」と読みます。
 

f:id:linderabella:20211017055734j:plain

 
戸口で秋の虫が鳴き始める頃となりました。
「キリギリス」とありますが、
昔は「蟋蟀 (コオロギ)」のことをキリギリスと呼び、
秋鳴く虫の総称でもありました。
 
キリギリスは、
古くから日本人によって観賞用に飼育されてきました。
江戸時代、いわゆる「虫売り」という行商ビジネスがありました。
キリギリスはスズムシ、マツムシと並んで、
「虫売り」の代表的商品の一つでした。
 
コオロギ科以外で
唯一商品価値を持つ「鳴く虫」であったキリギリスは
竹製のカゴ「ギスかご」に入れて販売され、
そのカゴが縁側や店先に吊るされて
キリギリスが鳴き声を響かせるのは、
江戸の夏の風物詩でした。
 
1980年代初頭までは、
キリギリスがデパートや夜店で販売され、
大きな河川敷や野原では、
小銭稼ぎの「ギッチョ採りのおじさん」が見られましたが、
いつの間にか消えてしまいました。
 
ところで、キリギリスは別名を「機織り虫」と言います。
 
昔は、秋の夜長、聞きなしした虫の声に励まされながら、
針仕事に勤しみました。
声の主は、「ツヅレサセコオロギ」。
 
リ、リ、リ、リ、リ、・・・と、
一定のリズムで10分も20分も続く鳴き声が、
「肩刺せ、裾刺せ、綴れ刺せ」と聞こえたのだとか。
 
「綴れ」とは 破れたところを継ぎはぎした粗末な服のこと。
「肩や裾を今のうちに繕っておいて」と、
虫達が冬支度を導いてくれたのでしょうか。
 

f:id:linderabella:20201227114520j:plain