うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「牡丹華」

「ぼたんはなさく」
と読みます。
牡丹の花が咲き始める頃となりました。

 
牡丹は、晩春から初夏にかけて直径10~20cmの豊麗な花をつけ、
色も紅・淡紅・白・紫など様々です。
 

 
牡丹は甘く上品な香りとその格調高い姿から、
唐の時代に「百花の長」として人気を誇った「牡丹」が
日本に伝わったのは奈良時代です。
 

 
初めは薬草として伝わりましたが、
平安時代には宮廷や寺院で観賞用として栽培され、
江戸期には一般庶民にも栽培が可能になり、
身近な花として親しまれました。
今でも、俳句のテーマや絵画や着物のモチーフとして
よく登場します。
 

 
衣装の文様としては平安時代から用いられ、
室町時代に渡来した「名物裂」にも見られます。
単独で使われる他、組み合わせもあります。
 
唐草と組み合わせた「牡丹唐草ぼたんからくさ」、

唐草文に牡丹花とその葉を配した文様。
唐時代にこの文様が完成しました。
正倉院宝物中や名物裂の中に多く見られます。
 
能の『石橋』(しゃっきょう)をモチーフにした
唐獅子牡丹ぼたんからじしもんよう」、

能楽の『石橋』を題材としたもので、
獅子が現れ牡丹の間を舞い戯れ、
天下泰平千秋万歳を祝って、
力強く舞い踊る獅子の姿を表しています。
 
Chinaの伝説や「胡蝶の夢」から生まれた「蝶牡丹」、

「胡蝶の夢」とは、荘子が夢の中で胡蝶になり、自分が胡蝶か、胡蝶が自分か区別がつかない物我一体の境地、または現実と夢とが区別出来ないことのたとえ。蝶は長寿の意味を持ち、不死不滅のシンボルとして武士の紋章にもなってきました。
 
牡丹の花や葉が蟹に似ているユニークな
「蟹牡丹」などがよく知られています。

 
 
 
- 能『石橋』 -
 
 
Chinaやインドの仏跡を巡る旅を続けていた
寂昭法師(大江定基)は、
Chinaの現在の山西省にある清涼山しょうりょうぜんの石橋付近に
到着しました。
そこに一人の樵(きこり)の少年が現れ、
橋の向こうは文殊菩薩の浄土であること、
この橋は狭く長く、深い谷に掛かり、
人の容易に渡れるものではないこと
[仏道修行の困難を示唆]などを教えてくれます。
そして、ここで待てば奇瑞を見るだろうと告げて、
姿を消します。
寂昭法師が待っていると、やがて橋の向こうから
文殊の使いである獅子が現われます。
香り高く咲き誇る牡丹の花に戯れ、獅子舞を舞った後、
元の獅子の座、すなわち文殊菩薩の乗り物に戻ります。
 

f:id:linderabella:20201227114524j:plain