うまずたゆまず

コツコツと

天一天上(てんいちてんじょう)

「天一天上」(てんいちてんじょう)とは、
「天一神」(てんいちじん)という方角の神様が天に上っているため、
天一神の祟りがなく、どの方角へ進んでも良しとされ、
特に、相場師が縁起を担いでこの日を用いました。
 
 

「天一天上」の日取り

「天一天上」の期間は、「天一神」が天に昇っている期間で、
「六十干支」の「癸巳」(みずのとみ)から「戊申」(つちのえさる)までの
16日間です。
 
この「天一神」は地上にいる間は、
位置を変えながら8つの方角を巡ります。
これを「天一神遊行」(てんいちじんゆぎょう)と呼び、
その滞在する方角は「塞」(ふたがり)と言って禁忌となります。
 
天一神遊行の日程
 f:id:linderabella:20201127063511j:plain
「己酉」から 6日間  ➡ 東北「艮」(うしとら) の 方角 
「乙卯」から 5日間  ➡ 東 「卯」(う)    の 方角
「庚申」から 6日間  ➡ 東南「巽」(たつみ)  の 方角
「丙寅」から 5日間  ➡ 南 「午」(うま)   の 方角
「辛未」から 6日間  ➡ 南西「坤」(ひつじさる)の 方角
「丁丑」から 5日間  ➡ 西 「酉」(うしとら) の 方角
「壬午」から 6日間  ➡ 北西「乾」(いぬい)  の 方角
「戊子」から 5日間  ➡ 北 「子」(ね)    の 方角
 
方違え
そちらに向かっては万事を忌むべしとされ、
特に争いごと、殺生、お産には祟りがあるとされました。
「天一天上」は古い暦にも載せられていて、
特に平安時代に流行し、
「天一神」という神様のいる方角を侵すことを慎むために
「方違え」(かたたがえ)をしました。
 
「天一神」は、「天一神遊行」(てんいちじんゆぎょう)後は、
再び「癸巳」(みずのとみ)の日に天上に昇り、
「戊申」(つちのえさる)までの16日間を天上で過ごされると
言われてます。
この16日間が「天一天上」です。
 
令和4(2022)年の「天一天上」
「癸巳」 「戊申」
  2月 9日 [水] 
   天一太郎
 2月24日 [木]  
  4月10日 [日]  4月25日 [月]
  6月 9日 [木]  6月24日 [金]
  8月 8日 [月]  8月23日 [火]
 10月 7日 [金] 10月22日 [土]
 12月 6日 [火] 12月21日 [水]
 
 
 

「天一天上」とは

この16日間は「天一神」の障りが無いので、
「方角の禁忌がない」とされ、
どこに出掛けるのも「良し」とされています。
 

f:id:linderabella:20220110162652p:plain

 
その代わりに
「日遊神」が地上に降りて家の中に留まるので、
この期間は家の中を清潔にしなければ
「日遊神」の祟りがあるとされています。
 
家さえキレイにしておけば、
どこへ出掛けても幸福な出来事に出会えるので、
旅行に最適と言われています。
 

f:id:linderabella:20201213085843j:plain

 
その年の最初の「天一天上」の1日目
「天一太郎」と言って、
この日は「上吉日」とされています。
また、この日の天候でその年の豊作・凶作を占い、
雨が降ると、その後の天候が良くなくなると言われています。