うまずたゆまず

コツコツと

夏越の祓(なごしのはらえ)

「夏越の祓」(なごしのはらえ)とは、
1年の半分に当たる6月30日に、
半年の間に身に溜まった穢れを落とし、
残り半年の息災を祈願する神事です。
 
神社には大きな「茅の輪」(ちのわ)が据えられて、
参拝者はここを潜って厄除けを行います。
 
 

夏越の祓とは?

「夏越の祓」とは、6月30日に半年分の「穢れ」を落とし、
この後の半年の健康と厄除けを祈願する行事です。
「名越の祓」(なごしのはらえ)、「夏越神事」(なごしのしんじ)
「六月祓」(みなづきばらえ)とも呼ばれます。
大宝元(701)年に「大宝律令」で正式に定められたという、
古い歴史を持つ行事です。
 
 

「大祓」の由来

 
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が黄泉の国で受けた穢れを祓うため、
禊祓(みそぎはらい)をした故事に由来します。
 
「大祓」の初見は、『古事記』に
仲哀ちゅうあい天皇が崩御の時、国の「大祓」をしたことが見え、
制度としては「大宝令」に始まったようです。
 
神祇令によれば、毎年の 6月と12月の晦日に
中臣なかとみが祓のぬさ
東西やまとかわち文部ふびとべが祓のたち(罪穢を断つ義)を奉り、
祓所にて、中臣が百官の男女に大祓詞を宣り下し、
卜部うらべ解除はらえをしていたようです。
 
そして中世以降になると、
各神社の年中行事の一つとして普及しました。
 
ところが「応仁の乱」で京都市街が荒廃してからは、
神仏習合の影響もあり、
宮中の年間行事として行われなくなってしまいました。
その一方、民間では「夏越の祓」などの形で残りました。
 
それが明治4(1871)年の「太政官布告」で復活。
宮中の賢所(かしこどころ)の前庭で「大祓」が行われ、
翌5年には全国の神社で行うよう布告が出て、
400年以上途絶えていた「大祓」が再興されました。
 
そして現在、多くの神社の恒例式となっています。
心身を清めてお盆を迎えるための「夏越しの祓」では、
厄災を祓い清めるために「大祓詩」が唱えられる他、
いくつかの特徴的な行事が行われています。
 
 

人形代(ひとかたしろ)

 
 
「大祓」では、「人形代」を用いて祓をします。
人の形を模した紙の形代(かたしろ)のことです。
紙だけでなく、藁などで人形を作るところもあります。
この人形に自分の名前と年齢などを書き、
その人形で身体を撫でて息を吹きかけて、
罪やケガレを移し、身代わりとして神社に納めます。
 
神社によって、撫で方や息の吹きかけ方・回数が
詳しく決まっているところもありますので、
そちらに従って行って下さい。
 
そして、その人形を海や川に流したり、焚き上げたりすることで、
厄を落とします。
お清めのために人が直接、川や海に入る地方もあります。
 
 

茅の輪(ちのわ)くぐり

 
「夏越の祓」で最も知られている行事は、
「茅の輪くぐり」ではないでしょうか?
 
この時期、「茅の輪」(ちのわ)を設置している神社は多くあります。
「茅の輪」は「茅」(ちがや)という草で編んだ輪のことです。
この「茅の輪」を潜ることで、
病気や災いを免れることが出来るとされています。
 
 
茅の輪くぐりの作法
  1. 一礼してから茅の輪をくぐり、左に回る
  2. 再び一礼してから茅の輪をくぐり、右に回る
  3. また一礼して茅の輪をくぐり、左に回る
  4. 最後に一礼して茅の輪をくぐり、
    そのまま神前へ進み参拝
 
一般的にこのような手順となっています。
 
簡単に言うと、
潜ったら左に廻り、また輪を潜って右に廻り、
最後にまた潜って左廻りと、
「8の字」を書くように3回潜り抜けるというイメージです。
 
左回りの時は左足から、右回りの時は右足から進む、
という案内がある神社もあるようです。
神社や地域によって風習が異なることもあるので、
それぞれの案内に従ってやってみて下さい。
 
 
「茅の輪」を潜る際に、
水無月みなづき夏越の祓なごしのはらえする人は、千歳ちとせの命ぶというなり
という古歌を唱えながら、3回潜るというところもあります。
 
他にも、
はらえたまへ、清めたまへ、守りためへ、さきわへたまえ
という唱え詞を奏上しながら潜る神社もあるようです。
 
 
 

なぜ、茅の輪をくぐるのか?

 
ところで、なぜ「茅の輪」を潜るのでしょうか?
「茅の輪くぐり」は日本神話に基づいていると言われています。
 
昔、旅の途中で宿が見付からず困っている神様がいました。
神様は、蘇民将来(そみんしょうらい)、巨旦将来(こたんしょうらい)という兄弟に宿を貸して欲しいと頼んだそうです。
弟の巨旦将来は裕福な暮らしをしていたのに断り、
その一方、兄の蘇民将来は貧しい暮らしをしていましたが、
神様に宿を貸してもてなしたそうです。
神様はお礼に、「もしも疫病が流行した時は、茅の輪(ちのわ)を腰に付ければ逃れられるでしょう」とお教えになりました。
すると数年後、その地域で疫病が流行したにも関わらず、
茅の輪を腰に付けた蘇民将来の家族だけは助かったそうです。
後に、その神様は「スサノオノミコト」と分かりました。
(備前国風土記、蘇民将来説話)
 
それから腰に「茅の輪」を付ける信仰が広まっていったと言われています。
そして時代とともに大きな「茅の輪」となり、
潜ることで罪や穢れを取り除けると考えられるようになっていったようです。
 
また、家の玄関に「蘇民将来札」(そみんしょうらい)という札を貼り、
厄除けにするという風習も残っています。
 
 
 

京都の行事食「水無月」

 
京都では「水無月」という、
白いういろう生地の上に小豆を乗せた三角形の和菓子を
夏越の祓での行事食として食しています。
 
京都で「水無月」が食されるようになったのは、
宮中で行われていた「氷の節句」に由来すると言われています。
6月1日に行われていた氷の節句では、
取寄せた氷を口に含み、暑気を払って
夏を無事に乗り切れるよう祈願されました。
しかし、庶民にとって氷は高嶺の花であったため、
氷をイメージした「三角のういろう」に、
邪気を払う「小豆」を乗せた「水無月」が作られたのだとか。
 

 
 
旧暦六月の別名「水無月」
「氷の節句」に始まり、「夏越しの祓」に終わる6月は、
旧暦では梅雨明けの暑い季節でした。
月の半ばには、
水神祭りなどが各地で行われ、水にまつわる行事が多い、
いわば「水の月」と言えます。
 
そんな旧暦六月の別名「水無月」の意味には諸説あるようです。
新暦の六月としては
「梅雨で天の水が無くなるから」などと説明しますが、
旧暦では
「田植えを終えて、田に水を張らなくてはいけない水張り月」から
「水月」(みなづき)になったと言われています。
 
 
 

夏越ごはん


www.youtube.com

 
「水無月」がそれほど浸透しなかった関東では、
「夏越の祓」に決まった行事食はありませんでしたが、
近年になって東京を中心に「夏越ごはん」が話題になっています。
 
公益社団法人「米穀安定供給確保支援機構」が
6月30日を「夏越ごはんの日」に制定し、
東京・赤坂の日枝神社や氷川神社など、
都内の多くの神社では「夏越ごはん」を無料提供しています。

www.komenet.jp

 
「夏越ごはん」とは、雑穀ごはんの上に
茅の輪をイメージした夏野菜の丸いかき揚げをのせ、
生姜を効かせたおろしだれをかけた丼物のことです。
 
米、雑穀 、夏野菜がベースの「夏越ごはん」は、
炭水化物、ビタミン類、食物繊維を効率よく摂ることが出来る
暑い季節の栄養ごはんです。
また、卵、 肉、魚などのたんぱく質を多く含む食材ともよく合います 。
味噌汁、漬物などの発酵食品を添えるなどのひと工夫で、
更にバランスのよい食事になります。
 
3つの「夏越ごはん」のレシピを動画付きで紹介しています。
 
1.「夏野菜かき揚げ夏越ごはん」
  夏野菜がたくさん入ったかき揚げをのせた夏越ごはんです。
  おろしだれでさっぱり食べられます。


www.youtube.com

 
 
2.「だしかけ夏越ごはん」
  切って、のせるだけのかんたん夏越ごはんです。
  火をつかわないので子供でも安全に作れます。


www.youtube.com

 
 
3.「セビーチェ風夏越ごはん」
  火を使わずに具を混ぜてのせるだけの夏越ごはん。
  ※「セビーチェ」とは、ラテンアメリカで食べられる
   魚介類のマリネです。


www.youtube.com

 

f:id:linderabella:20201227114527j:plain