うまずたゆまず

コツコツと

六曜

歴中の中で、現在最も知られているのが
この「六曜」ではないでしょうか。
「六曜星」(りくようせい)が正式な名称となります。
 
 

六曜の始まり

現代ではお馴染みの「六曜」ですが、
実はその起源もはっきりと分かってはいません。
ただ、歴史も古いものではないようです。
Chinaで発生したと言われていますが、
古くは日々の吉凶を表すものではなく、
1か月30日を指の数の5で割り、6日ずつの単位にしたとか。
つまり、現在の七曜と同じように、
日にちを区別するために用いられたと考えられています。
 
日本には、室町時代初期の14世紀頃に伝わったとされ、
次第に日本独自の名称や解釈に変化していったようです。
しかし、江戸時代末になるまではほんの一部の暦で見られただけで、
あまり知られてはいなかったようです。
 
ところがどういう訳か、江戸時代の終わり頃から流行り出し、
特に太陽暦が採用された明治5(1872)年以降、
非合法に出版されていた
通称「お化け暦」と言われる暦の中で紹介されてから、
広く知られるようになりました。
 
第二次世界大戦中は一時なりを潜めましたが、
戦後になって暦の出版が自由化されると、
再び大流行して、現在に至っています。
 

六曜の仕組み

六曜は、
「先勝」⇨「友引」⇨「先負」⇨「仏滅」⇨「大安」⇨「赤口」
の順で毎日繰り返し、
旧暦の月が変わる時に連続性を一度断ちます。
そして新しい月の1日からは、
決められた星から再びスタートします。
 
六曜の連続性の決まり
以下の表のように、
旧暦の月毎に1日(ついたち)に配される星が決まっています。
その星から月まで繰り返し、
旧暦の月が変わった時点でリセットします。
閏月の場合も月毎の決まりに従います。
 
<旧暦1月・旧暦7月>
「先勝」⇨「友引」⇨「先負」⇨「仏滅」⇨「大安」⇨「赤口」
<旧暦2月・旧暦8月>
「友引」⇨「先負」⇨「仏滅」⇨「大安」⇨「赤口」⇨「先勝」
<旧暦3月・旧暦9月>
「先負」⇨「仏滅」⇨「大安」⇨「赤口」⇨「先勝」⇨「友引」
<旧暦4月・旧暦10月>
「仏滅」⇨「大安」⇨「赤口」⇨「先勝」⇨「友引」⇨「先負」
<旧暦5月・旧暦11月>
「大安」⇨「赤口」⇨「先勝」⇨「友引」⇨「先負」⇨「仏滅」
<旧暦6月・旧暦12月>
「赤口」⇨「先勝」⇨「友引」⇨「先負」⇨「仏滅」⇨「大安」
 
 

六曜星の意味

六曜
 
 
万事あさよりひるまでにすればさわりなし
ひるすぎより日暮まではわるし
 
先勝は「先んずればすなわち勝つ」の意味。
万事に急ぐことが良いとされ、
「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」とされています。
時代とともに名称も変遷して、
鎌倉、室町時代には「速喜」、
江戸時代中~後期の寛政・享和年間には「即吉」とも書かれました。
室町・戦国時代の武将の間で、
開戦日の吉凶を占うために用いられていたと言われています。
「せんしょう」「さきがち」とも言われます。
 
 
 
友びきとて半よし  うまのときわろし
此日 そうれいいたすべからず 大にいむべし
 
「朝は吉、昼は凶、夕は大吉。但し葬式を忌む」とされています。
友引の日は、「凶事に友を引く」の意味からお葬式を避けます。
葬式・法事を行うと、
友が冥土に引き寄せられる(=死ぬ)との迷信があり、
友引の日は火葬場を休業とする地域もあります。
結婚や出産などの祝い事については
“幸せのお裾分け”という意味で、
結婚披露宴の引出物をこの日に発送する人もいます。
かつては「勝負なき日と知るべし」と言われて、
勝負事で何事も引分けになる日、
つまり「共(に)引(き分ける)」から来ました。
 
 
 
万事あさよりひる迄わるし
ひるすぎより日ぐれまでさわりなし
 
「先んずれば即ち負ける」の意味です。
「午前中はわるく、午後はよろしい」とも言われています。
昼過ぎから日暮れまでは吉。
万事に平静であることが良いとされ、
勝負事や急用は避けるべきとされています。
「先勝」と同様に、室町・戦国時代の武将の間で、
開戦日の吉凶を占うために用いられました。
また、名称も変化しており、
鎌倉・室町時代には「小吉」と書かれ、
江戸時代の寛政・享和年間に「周吉」と書かれ
吉日とされていました。
「せんぷ」「せんぶ」「さきまけ」とも言います。
 
 
 
大悪日なり よろずもちゆべからず
 
仏滅は「仏も滅するような大凶日」という意味です。
この日は六曜の中で最も凶の日とされていて、
婚礼などの祝儀を忌む習慣があります。
「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」と
言われています。
元は鎌倉・室町時代に「空亡」と書かれ、
江戸時代の寛政・享和年間頃には「虚亡」書かれていました。
しかしこれを全てが虚しいと解釈して「物滅」と呼ぶようになり、
これに近年になって「佛(仏)」の字が当てられたものです。
 
 
 
大吉日なり なにごともよろずよし
 
f:id:linderabella:20210228065947j:plain
大安は「大いに安し」という意味で、
六曜の中で最も吉の日とされています。
めでたい日であり、
結婚式を挙げる人の多い日です。
旅行、引っ越しも吉です。
内閣組閣も
大安の日を選んで行われているそうです。
江戸時代の寛政・享和年間には
「泰安」とも書かれていました。
「だいあん」とも言います。
 
 
 
 此日もあく日也 よろずいむべし
 ただし うまのとき一ときさわりなし
 
六曜の中では唯一、昔から名称が変わっていない日です。
「じゃっく」「しゃっこう」「じゃっこう」「せきぐち」
とも言います。
「万事に用いない悪日。但し法事、正午だけは良い」と
言われています。
赤口は午の刻(午前11時頃から午後1時頃まで)のみ吉で、
朝晩は凶です。
祝い事は大凶。
「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつけること。
つまり「死」を連想される物に注意する日です。
陰陽道の「赤舌日」(しゃくぜつにち)という凶日に由来します。