うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「鷹乃学習」

「たかすなわちわざをならう」

と読みます。

 

f:id:linderabella:20210717013432j:plain

 
 
5~6月に孵化したヒナは、この頃に飛び方や狩りの方法を覚え、
独り立ちに備えます。
 
 
鷹を巧みに扱い、狩りを行う「鷹狩り」は、
紀元前およそ1000前から、Chinaやインドで行われていたそうです。
 
日本でも古くから行われていたようで、
石器時代の貝塚からは鷹の骨が多く見つかっておりますし、
古墳時代の尻に鈴をつけた鷹匠の埴輪も出ています。
『古事記』や『日本書紀』にも「鷹匠」は登場しています。
「鷹匠」とは、鷹を訓練して調教し、
捕獲能力の高い鷹へと育て上げる専門家のことです。
 

   

 
「鷹狩り」は、平安時代には下火になる時期もあったそうですが、
武士が台頭してからは、
鷹の力強さなどが好まれ、再び人気となりました。
 

 
特に、織田信長は大の鷹狩り好きとして知られています。
『信長公記』には、鷹狩りの様子が何度も出てきます。
天台宗の高僧・天沢和尚(てんたくおしょう)と武田信玄との対話の中で、
信長の鷹狩りの様子が記述されています。
 
信長はまず、
「鳥見(とりみ)の衆」と名付けた家臣20人を二人一組で
2里(8km)、3里(12km)も先へやります。
この「鳥見の衆」は、
「あそこの村、ここに、雁がいる、鶴がいる」と見つけると、
1人は鳥に付け置き、1人は報告に行きます。
 
更に、弓と槍を持った「六人衆」と「馬乗」と呼ばれる者1人を
信長の近くに控えさせます。
また、鷹が獲物を捕獲して着地する地点近くには、
予め農夫を装った「向かい待ち」を待機させ、
この「向かい待ち」に、最終的に獲物である鳥を押さえさせます。
 

   

 
獲物を定められると、
騎馬の者が藁に虻(あぶ)を付けて回しながら近寄り、
鳥の注意を引き付けます。
そして信長自身が鷹を手に据えて、馬の陰に隠れて近づき、
近くになると馬の陰から走り出て、鷹を放ちます。
鷹が鳥に取り付いて組み合いになると、向待の者が出て鳥を抑えます。
 
信長と言えば、茶道具の「名物狩り」が有名ですが、
諸国の大名達が我先にと、「鷹」を献上した話も有名です。
 

   

 
明治初頭、日本の代表的産物・産業について取り上げた
教草(おしえぐさ)(30数枚1組)が、
海外博覧会で「日本のものづくり」を分かりやすく紹介すること、
それらを日本の子供達が学ぶ教材とすることを目的に
当時の博物局によって刊行されました。
 
「教草」(おしえぐさ)という言葉は、
江戸時代、往来もの(初等教育用の教材)の意味で用いられていました。
 
その『教草』の中にも、
鷹の種類、道具、調教方法、狩りの時期などが記されています。 
 
国立公文書館 に所蔵されており、これらの文書が含まれる「公文録)」は、
1998(平成10)年に国の重要文化財に指定されています。

コレクション -教草 -農場博物館 - 東大生態調和農学機構 - 東京大学

 

f:id:linderabella:20201227114527j:plain