うまずたゆまず

コツコツと

暑気払い

「暑気払い」とは、暑い夏、体に溜まった熱気を取り除くことを言います。
 
暑さや熱そのものに限らず、
弱った「気」(エネルギー)を元に戻して、「元気」になろうとすることです。
現在では、「夏に開催する飲み会」と思っている人も多いようですが、
本来は、「暑気払い=飲み会」ではなく、
「暑さを打ち払う」ための日本独自の習わしであり、年中行事です。
 
 
宮中では、暑さをしのぐために氷を食べたり、甘酒を飲んだりする習慣がありました。
『枕草子』の「あてなるもの」(高貴なものの意)の段に、
「削り氷に甘葛入れて、あたらしき鋺に入れたる」とあります。
 
「削り氷」(けずりひ)
「甘葛」(あまづら)という甘味料を入れて
新しい鋺(かなまり)(=碗)に入れてあるのが高貴なものだ、
と清少納言は言っていて、平安貴族が暑気払いに食べていたことが分かります。
 
江戸時代に入ると、庶民の間でも暑い夏を乗り切るために
酒、薬、食べ物などを口にしたり、
薬湯(枇杷湯、桃湯、薄荷湯、どくだみ湯など)や
行水、川遊びなどをしていたようです。
 
「薬」と言っても、漢方薬などのことではなくて、
例えば「みりん」のような、
体の熱を取り去るための飲み物や滋養のあるものを指します。
 
また、現代の暑気払いに欠かせない「ビール」の原材料、「麦」(大麦)も
夏の体調管理に欠かせないものです。
6~7月に収穫される「麦」は、夏バテを防ぐ上で効果的と言われています。
「七夕」は「麦の収穫祝い」も兼ねていて、
行事食のそうめんを食べると、無病息災で過ごせると言われています。
お中元、お盆の供物にそうめんを用いる理由のひとつは、
「暑気払い」にも通じるからだそうです。
ということで、
ビールは体を冷やし、利尿作用で不要なものを体から出してくれる優れものです。
・・・飲み過ぎには注意!
 
f:id:linderabella:20201227114527j:plain