うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「半夏生」

「はんげしょうず」と読みます。
 

 
 
「半夏生」は、「半夏」が生える時期ということを伝えています。
夏の半ばに花を咲かせることから、「半夏」と呼ばれています。
 
「半夏」は、サトイモ科の「烏柄杓」 (からすびしゃく)の別名で、
「狐のろうそく」とか「蛇の枕」とも呼ばれ、
名前の通り、ヒョロっと不思議な形をしていて、
この頃、山道や畑などに生え始めます。
地下に出来る球茎(きゅうけい)は、
乾燥させると生薬になり、咳止めや酔い止めに利用されてきました。
 

 
 
因みに、少しややこしいですが、
「半夏」とは、別に「半夏生」という植物も存在します。
半夏生の特徴は何といっても葉っぱ。
最初は青々とした葉なのに、花が咲く時期になると白く変化します。
 
漢字では、半夏生の頃に花を咲かせることから「半夏生」、
葉の半分が白くなることから「半化粧」などと書きます。
 
 

f:id:linderabella:20201227114527j:plain