うまずたゆまず

コツコツと

7月7日「七夕」

f:id:linderabella:20210701172138j:plain

 

 
七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読み、
古くから行われている日本のお祭り行事で、
「五節句」のひとつにも数えられています。
 
五節句
  • 人日(1月7日)
  • 上巳(3月3日)   
  • 端午(5月5日)
  • 七夕(7月7日)
  • 重陽(9月9日)
 
 
七夕の朝には、
里芋の葉に降り立つ湯で墨をすり、
7枚の梶の葉に歌をしたため、
字の上達を願うという慣習がありました。
これは古代Chinaの七夕行事「乞巧奠」(きっこうでん)
技芸の上達を祈る祭りであることに由来します。
 
七夕の夕べには、
真菰で編んだゴザを敷き、初夏の収穫物を供え、
七個の池(水を張った7つのタライ)を飾って
水面に映る星を愛でました。
 
そして五行に因んだ五色の麻芋(あさお)を吊るし、
神様の依り代として七五三で繋いだ竹を立てるのが、
宮廷での七夕の習わしだったそうです。
古くは7月6日の夜から7月7日の早朝にかけて行われる神事でした。
 
古い日本の習俗では、旧暦7月7日の「七夕」とは、
続く7月15日に迎えるお盆の準備をする日だったようです。
「七夕」は「棚幡」(または「棚機」)とも書き、
その棚とは、
お盆に祖先の霊をお招きする「精霊棚」だとも言われます。
 
笹の葉を川に流す風習も元を辿れば、
心身の穢れを水で浄める禊の儀式に由来するとか。
「七夕」は「お盆」と一つ繋がりの行事であり、
「お盆」のための神事という意味がありました。
 
 
「七夕」の起源には数多く説があります。
  

1.織姫と彦星

 

 
こと座の「ベガ」とわし座の「アルタイル」は、
天の川を挟んで並び、七夕の頃、夜空に一際輝きます。
Chinaの人はいつしか、
七夕を年に一度、
ベガ(織姫)とアルタイル(彦星)が出会える日と考え、
「織姫と彦星」のストーリーが生まれました。 
 

f:id:linderabella:20210701172134j:plainf:id:linderabella:20210701172142j:plain

 

www.linderabell.com

 

2.日本の神事「棚機」

Chinaから七夕が伝わる以前から、
日本では既に、7月7日は別の行事が行われていました。
それが「棚機」(たなばた)、「棚機津女」(たなばたつめ)
呼ばれる行事です。
 

www.linderabell.com

 
秋の豊作を神様に祈るために、
若い女性が選ばれ、
水辺に小屋を立ててそこに籠り、
神様に備える布を織りました。
この時に使ったのが「棚機」と呼ばれる織り機です。
 
いつしかこの「棚機」の行事が、
Chinaから伝わった「乞巧奠」(きこうでん)や織姫の話と
融合していったようです。 
 

3.China宮中行事「乞巧奠」

Chinaでは、古くから
「ベガ」(織姫星)は針仕事を司る星とされてきました。
一方、「アルタイル」(彦星)は農業を司る星です。
 
「乞巧奠」(きこうでん/きっこうでん)は、
Chinaで7月7日の夜に行われた宮中行事です。
女性達は織姫星に手芸や裁縫、機織りの上達を願いました。
この儀式が日本に伝わり、
平安時代には宮中や貴族の間に広がりました。
 

4.関連記事

 

f:id:linderabella:20201227114527j:plain