うまずたゆまず

コツコツと

重陽の節句「菊」

f:id:linderabella:20200722105000j:plain

 

「菊」は古くから愛でられてきた花で、
古代Chinaでは、梅や竹、蘭と伴に
「四君子」(しくんし)と言われ賞賛されました。
霊力が高い花、生命力の象徴とも言われ、その香りは独特です。
 
重陽の節句は、「菊」が重んじられ、
菊酒を始め、菊の被綿(きせわた)や、菊枕(きくまくら)などの
習わしがあります。
 
 

菊の被綿(きせわた)

観菊の宴の前日の9月8日の夜、菊の花に真綿を被せておき、
夜露を浸み込ませます。
そして菊の香りを移した綿で、
翌9日の朝に、顔や体を拭いて無病息災を祈りました。
 

菊酒

9月9日には、無病息災や長寿を願って、菊酒をいただきます。
昔はこの日、宮中で重陽の宴が催され、菊酒が振る舞われたそうです。
菊酒とは、菊の花びらを浸した水で仕込みをした酒とも、
氷砂糖と一緒に寝かせた菊の花びらを焼酎に漬け込んだものとも
言われています。
 

和菓子、菊料理

四季折々の歳時記を大切にする和菓子や日本料理の世界。
9月9日の重陽の節句を祝い、
趣豊かな上生菓子や、
食用菊を上手く盛り込んだ日本料理の数々が作られます。
 

菊湯

重陽の節句の日は、菊を湯船に浮かべた「菊湯」に入りました。
 

linderabella.hatenablog.jp

 

菊枕

旧暦の9月9日に摘んだ菊の花びらを天日干しにして、
詰め物にして作った枕です。
菊の香りが、邪気を払う力があると信じられ、
頭痛や目の病に良いとされていました。
また、好きな相手が夢に現れるとも言われ、
女性から男性への贈り物とされていました。
 

菊合わせ

「菊合わせ」とは、
大切に育てた菊を持ちよりその美しさを競う催しです。
現在も、各地で菊の品評会や鑑賞会が行われています。
 

菊人形

菊の花や葉を用いて、人形の衣装にしたものを「菊人形」と言います。
江戸時代の後期に菊の栽培が盛んになり、やがて菊人形が生まれました。
 
福島県二本松市、福井県武生市(今の越前市)、大阪府枚方市が
「日本三大菊人形」と言われます。
 

十日の菊/残菊の宴

「菊の節句の翌日10日に菊を用意しても、
 もう役に立たない」という意味で、
「十日の菊」と言われるようになりました。
かつてChinaでも、重陽の節句の翌日に
「小重陽」(こちょうよう)と言って、
お祝いをする習わしがあったそうです。
 
日本の宮中では、
事情により重陽の節句を行えなかった時に
菊の宴を旧暦10月や11月に行い、
それを「残菊の宴」(ざんぎくのうたげ)と言いました。
 

菊の文様

「菊水」の伝説や能楽の『菊慈童』の伝説などにより、
菊は長寿を象徴する代表的な植物と言われ、
吉祥文様として様々な文様があります。
 

linderabella.hatenadiary.com

f:id:linderabella:20201227114520j:plain