うまずたゆまず

コツコツと

お彼岸

暑さ寒さも彼岸まで・・・。
春分の日」と「秋分の日」は昼夜の長さがほぼ等しく、
気候の変わり目でもあり、
この頃になると、冬の寒さも夏の暑さも薄れて、
過ごしやすい気候になっています。
 
 

お彼岸とは

 

お彼岸の期間

「お彼岸」は、
春分の日」と「秋分の日」を中日(ちゅうにち)として、
前後3日間、合計7日間が「お彼岸の期間」とされています。
 
なぜこの日なのかというと、
春分・秋分の日は太陽が真東から昇り、真西に沈む、
すなわち昼と夜の長さが等しくなります。
この状態が、
仏教の中道(ちゅうどう)=「どちらにも片寄らない」という教えに
合致しているからです。
 
なお、単に「彼岸」と呼ぶ時は、「春の彼岸」を指します。
 
令和3(2021)年「お彼岸」の日程
<春の彼岸>
  • 彼岸入り    :3月17日(水)
  • 中日(春分の日):3月20日(土・祝)
  • 彼岸明け    :3月23日(火)
 
<秋の彼岸>
  • 彼岸入り    :9月20日(月・祝)
  • 中日(秋分の日):9月23日(木・祝)
  • 彼岸明け    :9月26日(日)
 

法律上の定義

お彼岸の中日である「春分の日」、「秋分の日」は「国民の祝日」です。
昭和23年に公布された「国民の祝日に関する法律」の第2条によると、
春分の日」は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日、
秋分の日」は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日と
定義されています。
 

www.linderabell.com

 

お彼岸の意味

f:id:linderabella:20200815070121j:plain

 
「お彼岸」は、
自然やご先祖様に感謝を捧げる仏教の伝統行事です。
「彼岸」は、
元々サンスクリット語の「パーラミター(波羅蜜)」が語源で、
漢訳「到彼岸」の略だと言われています。
文字通り「彼岸」に至ることを意味します。
 
仏教においては、
煩悩と迷いの世界である「此岸」にいる者が
「六波羅蜜」の修業を修することで、
「彼岸(悟りの世界)」へ到達することが出来ると言われています。
 

www.linderabell.com

 
このように「パーラミター」は仏教用語なのですが、
仏教のルーツであるインドやChinaに
「お彼岸」という行事はありません。
 
仏教を開いたお釈迦様は、
そもそも霊魂の存在を認めていません。
人は死後49日で
別の存在に生まれ変わる(輪廻転生)か、
輪廻転生の世界から解脱するか、
いずれかの道に進むというのです。
 
ですから、ご先祖があの世にとどまり、
お盆やお彼岸の時期になるとこの世にやってくるというのは、
お釈迦様本来の教えではなく、
仏教が伝わる以前から存在していた、
日本古来の「先祖崇拝信仰」の名残りなのです。
 

www.linderabell.com


f:id:linderabella:20201227114524j:plainf:id:linderabella:20201227114520j:plain