うまずたゆまず

コツコツと

雑節「半夏生」

「半夏生」(はんげしょう)は雑節の一つです。
 
「夏至」から数えて11日目の
7月2日頃から七夕(7月7日)頃までの5日間で、
今年、令和3(2021)年は7月2日(金)に当たります。
天文学的に言うと、
太陽が黄経100度を通過する日が「半夏生」となっています。
 

この頃に降る雨を 「半夏雨」(はんげあめ)
(地域によっては「半夏水」(はんげみず))と言って、
大雨になることが多いのですが、 この頃から梅雨が明けてきます。
 

 
 
「半夏生」は気候の変わり目として、
農作業の大切な目安とされています。
 
田植えは
「夏至の後、半夏生に入る前」に終わらせるものとされ、
それを過ぎると、秋の収穫が減ると言われてきました。
 

f:id:linderabella:20210620161907j:plain

 
そして無事に田植えが終わると、
「早苗饗」(さなぶり)という行事を行ないます。
 
「早苗饗」(さなぶり)は、
「田の神」が田植えが終わるのを見て帰る日で、
この日に田の水口や畔または床の間などに苗を供えて
田の神を祀る風習は日本各地で見られます。
 また、この日の天気で収穫の出来を占ったりしました。

 
「半夏生」の5日間は働くことを忌み、
天から毒が降るので井戸に蓋をして、
この日に採った野菜を食べてはいけないと言われるなど、
様々な物忌みが行なわれていました。
これは、田植えで疲れた体を休めるための昔の人の知恵だと
言われています。
 
 

半夏雨(はんげあめ)

 
半夏生の日に雨が降ると、
それをきっかけに大雨が続くと言われています。
またその大雨のせいで洪水になると、
「半夏水」とも言われています。
半夏雨は、田植えを終えて安心した田の神様が
天に上る時の雨という所もあります。
 
 

半夏半作(はんげはんさく)

 
昔は「半夏半作」と言って、
「半夏生」までに田植えを終えないと、
秋の収穫が減る(半分になる)と言われています。
また「半夏生」は、
田植えを手伝った早乙女や借りた牛の持ち主などに
田植え賃を払う日で、
「半夏じまい」とも言いました。
 
 

半夏団子(はんげだんご)、半夏蛸(はんげだこ)

 
半夏生には、「半夏団子」(または「はげ団子」)と言って、
ちょうど収穫の時期に当たる小麦の団子を頂く習わしが、
近畿・中国地方にあります。
また関西では、
稲が蛸の足の様に沢山に分かれた増えていきますようにと願い、
半夏生に蛸(「半夏蛸」)を頂く習慣があります。
 
 

うどんの日

 
収穫したばかりの麦で売ったうどんを、
半夏生に振る舞う習慣もあります。
田植えや麦刈は大仕事のため、
隣近所や方々から人手が集まって行われましたが、
その労をねぎらって振る舞われたのがうどんでした。
 
 

虫送り

 
夏の田植えを終えると、
全国様々な地方で「虫送り」の行事が行われます。
「虫送り」とは、
その年の農作物の豊作をお祈りする伝統行事のことを言います。
昔は現代ほど農薬が普及しておらず、
農作物に害を及ぼす虫が後を絶ちませんでした。
そのため、害虫を追い払い、
少しでも多くの農作物が収穫出来るようにと願って行われました。
 
また、農作物への害虫は、
「悪霊」の仕業とも考えられていたことから、
その退散を祈る呪法といった見方もあるようです。
 
「虫送り」の方法は、
害虫の身代わりに例えられた藁人形を燃やしたり、
川に流したり、各地で違いはあります。
但し、近年では農薬の発達や、燃やすための火を使うことが
安全面で懸念されるために、
「虫送り」を行わない地域も増えてきています。
 

 
 

半夏(からすびしゃく)

 
漢方の生薬に用いられるサトイモ科の薬草で、
夏の半ばに花が咲くので「半夏」と呼ばれています。
 
生存力が強い植物で、
塊茎、種子、珠芽のいずれからも繁殖が可能であることから、
厄介な畑の雑草としても知られています。
生薬「半夏」は地下に出来る球状の塊茎を乾燥させたもので、
ホモゲンチジン酸(フェノール類)などの成分を含み、
「鎮静」「鎮吐」「鎮咳」「去痰」などの作用があります。
 

 
「からすびしゃく」という名前は、
ラッパのような「苞」(ほう)が柄杓に似ているからとも
言われています。
 

 
また、「はんげしょう」というドクダミ科の植物があって、
この時期に花を咲かせます。
葉の半分が白くなることから、
「半化粧」(はんげしょう)と名付けられたそうです。
 

f:id:linderabella:20201227114527j:plain