うまずたゆまず

コツコツと

二日灸

f:id:linderabella:20210907192003j:plain

 
 
「二日灸」は、
旧暦の「2月2日」と「8月2日」にお灸を据えると、
通常の何倍も効果があり、無病息災で暮らせるとされる日のことです。
令和3(2021)年は9月8日がその日に当たります。
 
「病気や災難に遭わずに無病息災でその年を暮らせる」、
「長寿になる」などとも言われています。
 

 
なぜ二月と八月なのでしょうか?
旧暦の2月2日は新暦の大体三月中頃に当たります。
冬から春への季節の変わり目で体調を崩しやすく、
地方ではそろそろ田植えなどの農作業が始まり忙しくなる時期です。
一方、旧暦の8月2日は新暦の9月に当たり、
農作業では収穫の時期なので、やはり忙しくなる時期です。
 
このような時期に体の調子を整えるため、
習慣としてお灸をすえると良いと考えられたのではと言われています。
 
江戸時代の儒学者・貝原益軒もその著書『養生訓』の中で、
脾胃(胃腸)が弱く、食が滞りやすい人は
毎年二月八月に灸をするとよい
と記しています。
 
最近では、火を使わないお灸や煙の出ないお灸などもあります。
今年はお灸にチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。
 

f:id:linderabella:20201227114524j:plainf:id:linderabella:20201227114520j:plain