うまずたゆまず

コツコツと

八専(はっせん)

「八専」(はっせん)は、
「三隣亡」や「一粒万倍日」といった「選日」の一つです。
入籍や契約や引っ越しなど何事も上手くいくことがない
「凶日」として扱われています。
 
 

八専の日取り

「六十干支」(十干+十二支)を
「陰陽五行」の「木」「火」「土」「金」「水」に配当していくと、
「十干」と「十二支」の五行の「気」が同じになる日が
「六十干支」の終わりの方に12日間に固まってあります。
 
同一の「気」になる日のことを
「専一」(せんいつ)と言いますが、
この「専一」の8日間を特別に「八専」と呼びます。
 
「六十干支」は1年に約6回循環するので、
「八専」も年に6回、約72日間あります。
暦には、
「壬子」(みずのえね)の日に「八専始め」「八専に入る」、
「癸亥」(みずのとい)の日に「八専終わり」などと書かれています。
 
《参考》干支
「干支」とは
「十干」と「十二支」の組み合わせによって作られた名称です
  • 十干 (じゅっかん)
    甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
  • 十二支(じゅうにし)
    子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
 
「十干」には
「五行」の「木」「火」「土」「金」「水」とどれかと
「陰陽説」の「陽」を表す「兄(え)」と「陰」を表す「弟(と)」、
また「十二支」にも
五行の「木」「火」「土」「金」「水」が
割り当てられています。
 
十干 五行+陰陽
 木+兄(陽)
 木+弟(陰)
 火+兄(陽)
 火+弟(陰)
 土+兄(陽)
 土+弟(陰)
 金+兄(陽)
 金+弟(陰)
 水+兄(陽)
 水+弟(陰)
 
十二支 五行
 
《参考》六十干支(ろくじっかんしかん)
「六十干支」(ろくじっかんし)とは、
「十干」と「十二支」を組み合わせたもので、
最小公倍数より60の組み合わせがあり、
「甲子」(きのえね)から「癸亥」(みづのとゐ)まで
規則正しく配置されています。
 
六十干支 十干 十二支 専一  
甲子  
乙丑  
丙寅  
丁卯  
戊辰
己巳  
庚午  
辛未  
壬申  
癸酉  
甲戌  
乙亥  
丙子  
丁丑  
戊寅  
己卯  
庚辰  
辛巳  
壬午  
癸未  
甲申  
乙酉  
丙戌  
丁亥  
戊子  
己丑
庚寅  
辛卯  
壬辰  
癸巳  
甲午  
乙未  
丙申  
丁酉  
戊戌
己亥  
庚子  
辛丑  
壬寅  
癸卯  
甲辰  
乙巳  
丙午
丁未  
戊申  
己酉  
庚戌  
辛亥  
壬子

 

 

 

 

 

 

 

癸丑 間日
甲寅
乙卯
丙辰 間日
丁巳
戊午 間日
己未
庚申
辛酉
壬戌 間日
癸亥
 
令和4年「八専」の日
  •   2月28日(月) ~    3月11日(金)
  •   4月29日(金) ~    5月10日(火)
  •   6月28日(火) ~    7月  9日(土)
  •   8月27日(土) ~    9月  7日(水)
  • 10月26日(水) ~  11月  6日(日)
  • 12月25日(日) ~  R5.1月  5日(木)
 
 

「八専」とは

「八専」は、
その日の干支に配された2つの気が重なることから、
天地陰陽の気が偏り、調和が崩れ、
物事が順調に進まない期間とされています。
 
元々は
「吉はますます吉となり、凶はますます凶となる日」で、
特に軍事上の忌日として、
築城・軍営・出兵・出陣などの凶日として重要視されていました。
 
それが江戸時代に入ると、
まず鍼灸の忌日として、庶民に広まりました。
やがて家造り・地ならし・植樹など建設的なことは「吉」で、
破壊的な物事を始めること、婚礼・法事などの仏事、
人を雇い入れることは「凶」の日とされるようになりました。
そして昨今は、
「凶はますます凶となる日」と
「凶日」という認識の方が強くなりました。
 
天気占い
f:id:linderabella:20210823025811j:plain
また、「八専」は天気占いとしても庶民に広まっていました。
「八専」の初日は「八専太郎」と言い、
この日が晴れだと「八専」の期間中は雨が続き、
反対にこの日が雨だと「八専」の期間中は晴れが続くと言われ、
旅立ち・家の修繕・婚礼などの日取りを決めるのに用いられました。
 
特に八専の2日目は「八専二郎」と言われて、
この日に雨が降ると長雨となり、
農家では厄日として恐れられていたそうです。
 
「八専間日」
「八専」の期間中の
49番目の「壬子」から60番目の「癸亥」までの12日間で、
同一の「気」でない残り4日「癸丑」「丙辰」「戊午」「壬戌」は
「間日」(まび)と言い、凶日ではないとされています。
 
 

八専にしてはいけないこと

「八専」の期間は、天地陰陽の気が偏ることから、
気が乱れ、何事も上手くいかない期間とされています。
「八専」には冥界を司る神々が天に昇るので、
神事や仏事を行なっても意味がないとも言われます。
 
この期間は、以下のことは避けた方が良いと言われています。
  1. 法事(仏事や供養など)
  2. 神事
  3. 入籍や結婚など婚礼に関すること
  4. 契約
  5. 柱を建てる(土木関係)
  6. 建物の解体、木の伐採のような破壊に繋がること
  7. 引っ越し
  8. 針灸                  など
 
更に、八専の期間は雨が多いため、
この期間に木や竹などを伐採すると虫が入ってしまうため
避けた方が良いとも言われています。
 

f:id:linderabella:20201220063356j:plain