うまずたゆまず

コツコツと

三伏:初伏・中伏・末伏

「初伏」「中伏」「末伏」を合わせて
「三伏」(さんぷく)と言い、凶日とされています。

 

 
夏至の後
3回目の「庚」の日が「初伏」(しょふく)、
4回目の「庚」の日が「中伏」(ちゅうふく)、
立秋後
最初の「庚」の日を「末伏」(まっぷく)とします。
 
 
「夏至」
一年で最も陽気が盛んになる季節です。
「夏」は五行では「火」が盛んな時期で、
体内では陽気が発散し過ぎて、逆に陽気不足になりがちと
言われています。
 
f:id:linderabella:20200716062542j:plain
 
 
一方、「庚」
陰陽五行説では「金性の陽」に割り当てられていて、
(そのため日本では「かのえ」(金の兄)とも呼ばれています。)
「金」は五行では「秋」に対応しています。
 
 
五行説では、
「火」と「金」は「相克」の関係にあります。
つまり「火」は「金」を溶かしてしまうように、
「金」にとって「火」は苦手な存在なのです。
 
 
せっかく「金」が秋の気配をもたらそうとしても、
夏(「火」)の暑さに負けて、
潜んでしまうということになります。
そこで、夏の時期の「庚の日」は「凶」とされているのです。
種まき・療養・遠行・男女の和合など、
全て慎むべき日とされてます。
 
 
五行では、「金」は肺や大腸と対応していますので、
「金」の活動が抑えられると、
こうした内臓にも悪影響を与えることになります。
 
こんな時に冷たいものをドンドン食べていたら、
体内の陽気は益々衰えてしまいます。
 
 
三伏の時は、
暖かいお茶で水分を補給すると同時に、
寒気の侵入を抑える注意も必要です。

 

f:id:linderabella:20200728122014j:plain

 

f:id:linderabella:20200616092637j:plain