うまずたゆまず

コツコツと

獅子座新月

f:id:linderabella:20200818140829j:plain

 
8月8日、日曜日の22:50頃に、
獅子座で新月を迎えます。
 
新月は
目標を立てたり、新しいことを始めるのに最適な時期です。
星座にはそれぞれテーマがあり、
その星座の力を上手に借りれば、新月の願い事はもっと叶いやすくなります。
 
 

獅子座新月のテーマ

 
獅子座のテーマは
「自分自身を肯定し、自信を持って生きること」
「自分の人生を、主役として思いっきり楽しむこと」です。
 
 
- 獅子座のテーマ -
「自分自身」「自己存在」「自信」「寛大さ」
「陽気」「情熱」「活動的」「遊びごころ」
「気前の良さ」「思いやり」「ロマンティスト」
「揺るぎない理想」「誠実さ」「正直さ」
「独占欲」「嫉妬深さ」「ゴージャス」「リッチ」
「成功」「皇帝、王」「スター性」「カリスマ性」
「エンターテイメント」
 
 
「獅子座」は、百獣の王である「獅子」の名を持つ、
太陽系銀河の中心である「太陽」を守護星に持つ星座です。
太陽のように中心的存在になる力強さがあります。
 
獅子座は昔から「王者のサイン」と言われています。
「自信」「威厳」「プライド」、
それから王に必要な「決断力」「リーダーシップ」も獅子座のテーマです。
他の人に決めてもらうのではなく、自分で決め、実行する・・・。
この「意志の強さ」も獅子座の特徴です。
本人だけでなく周囲も巻き込んで目標に向かって引っ張っていく力もあります。
 
そのため獅子座は、自分の可能性を心から信じています。
自分というものの存在価値を肯定しています。
コンプレックスや人の目を気にしてしまう傾向がある方は、
そんな獅子座の新月の力を借りない手はありません。
 
また、表現欲求が高い獅子座には、
「創造性」やありとあらゆる形の「創作活動」を支配しているとも言われています。
 
 

蟹座の新月の願い事、書き方の具体例

 
 以上のような「蟹座」が持つ力を借りて、願い事を叶えましょう。
 やり方はとても簡単!
 好きな紙に2件以上10件以内のお願い事を書き留めるだけです。
 
- 獅子座の新月の願い事、書き方の具体例 -
  • 私は、どんなことも勇気を持ってチャレンジしています。
  • 私は、自分に自信を持つことが出来、周囲からも認められました。
  • 私は、周りの目を気にすることなく、自分らしさを発揮しています。
  • 私は、プロジェクトの中心となって活躍しています。
  • 私は、目標を達成するまで飽きることなく頑張りました。
  • 私は、子供のように無邪気に毎日を楽しんでいます。
  • 私は、子供と過ごす時間を増やしています。
  • 私は、毎日1つ以上は楽しいことをしています。
                          ・・・・などなど
 

新月の願い事の手順と方法

linderabella.hatenablog.com

願いが叶いやすい時間帯とボイドタイム

 ボイドタイムとは、
 月の効果が一時的に無効になってしまう時間帯です。
 何かを判断したり決定するのは向いていないので
 この時間帯を避けた方がいいでしょう。
 
最も効果が高い時間帯
(新月から8時間以内
8.08 (日)
22:50
8.09 (月)
6:50
出来るだけこの時間内に
(新月から24時間以内
8.08(日)
22:50
8.09(月)
22:50
この時間内には必ず
(新月から48時間以内
8.08(日)
22:50
8.10(火)
22:50
ボイドタイム
8.09(月)
21:24
8.09(月)
23:57
 
 

「獅子座」が支配する身体のパーツとケアのポイント

 
f:id:linderabella:20201208135202j:plain
 
 12の星座はそれぞれ、
 私達の身体のあるパーツも象徴・支配しています。
 該当の場所をマッサージなどのケアをすることで、
 全身のセルフケアを行うことが出来ます。
 
 獅子座の支配パーツは
「心臓」「血液の循環」「背中」です。
 
 獅子座は太陽で象徴される星座です。
 体の中の血液循環のポンプ役である「心臓」がポイントになるため、
 「血圧のチェック」は必須です。
 
 
 また、血流の悪さは全身の不調に繋がります。
 血流やリンパの流れを促進するために、マッサージをしましょう。
 特にこの季節、クーラーで冷えがちな下半身はオススメです。
 可能ならエステやマッサージ店で全身の血流を促進する施術を受けるのも
 いいかもしれません。
 

  

 
 獅子座はまた
 「注目を浴びる」ことが大好きな星座でもあります。
 ところが、前から見たら完璧なのに、後ろ姿が老けていた…
 なんてことにならないように、
 「背中」のケアも怠らないようにしましょう。
 

  

 
 背筋を伸ばすストレッチやエクササイズも取り入れて、
 美しい後姿を手に入れましょう。