うまずたゆまず

コツコツと

牡羊座新月(15:26)

f:id:linderabella:20200818140537j:plain

 
令和4年度の始まりの日
4月1日の15:26頃に
「牡羊座」で新月を迎えます。
 
新月は、目標を立てたり、
新しいことを始めるのに最適な時期です。
星座にはそれぞれテーマがあり、
その星座の力を上手に借りれば、
新月の願い事はもっと叶いやすくなります。
 
 

牡羊座新月

 
牡羊座のテーマ
「自分」「やってみる」「スタート」「一番乗り」
「パイオニア」「切り拓く」「挑戦」「行動する」
「勝つ」「一期一会」「即戦力」「衝動」「冒険」
「向こう見ず」「野心」「勇気」「バイタリティー」
「自立独立」「純粋さ」「正直さ」
 
 
「牡羊座」の新月で叶いやすい願いのテーマは
「新しいことにチャレンジ」です。
 
12星座で一番目の星座である「牡羊座」は、
他のどの新月より、物事をスタートする力に満ちています。
「牡羊座新月」は、
新年度や新天地などの「始まり全般」に力を授けてくれるでしょう。
 
 
「牡羊座」のテーマは
「自分の存在を確かめ、まわりに知ってもらう」ことです。
そのため「牡羊座」は、
「勝負に勝ってNo.1になり、存在感を主張」します。
脇目も振らずに、
ただトップの座を目掛けてひた走るエネルギーと情熱は、
あらゆる困難を乗り越えて物事を成し遂げる原動力になります。
 
また、12星座で一番目の星座であることから、
「情熱」や「冒険心」「開拓者精神」などを持ち、
未知の領域に挑んでいくことも得意ジャンルです。
「戦って何かを勝ち取る」ことや
「スピーディーに物事進める行動力」なども備えています。
 
以上のような「牡羊座」が持つ力を借りて、
様々なスタートがよりいいかたちで進んでいくよう、
ピュアでパワフルな「牡羊座新月」にお願い事をして
願い事を叶えましょう。
 
 
牡羊座の新月の願い事、書き方の具体例
  • やりたいと思ったことをすぐに行動に移します。
  • 新しいことに果敢にチャレンジします。
  • 目標の実現に向けて、
    慎重かつ積極的にスタートを切ります。
  • 本当に求めている生き方に気づいている私になります。
  • 心の声に従い、建設的な行動を起こせる私になります。
  • どんな状況にあっても
    長所を伸ばすためにベストな選択をします。
  • 自分の軸をしっかりと持って生きることが出来ます。
  • 自分の意見をきちんと主張出来る強さを身に付けます。
  • 新しい職場で実力を発揮出来る私になります。
  • 自分らしさを発揮出来る仕事に就きます。
  • 経済的にも精神的にも自立します。
  • 自分を100%受け入れ、
    愛することが出来ようになります。
  • 自分の素晴らしさを正当に評価される人間関係を
    手に入れます。
  • パートナーの前で、
    もっと素直に私らしさを出せようになります。
  • 健全なライバル意識を持って勝利を収めます。
  • 自分の人生のイニシアティブを取ります。
  • 迷っている時に
    背中を押してくれる人やきっかけを引き寄せます。
                   ・・・・などなど
 

linderabella.hatenablog.com

 
願い事をするのに適した時間とボイドタイム
「ボイドタイム」とは、月の力が弱くなり
人間の判断や決断に迷いや間違いが起こりやすくなる時間のことを
言います。
そのため、この時間帯にお願い事をするのは避けたほうがいいと
言われています。
 
最も効果が高い時間帯
 (新月から8時間以内)
4.1 (Fri)
15:26
4.1 (Fri)
23:26
出来るだけこの時間内に
 (新月から24時間以内)
4.1 (Fri)
15:26
4.2 (Sat)
15:26
この時間内には必ず!
 (新月から48時間以内)
4.1 (Fri)
15:26
4.3 (Sun)
15:26
ボイドタイム
4.2 (Sat)
22:52
4.3 (Sun)
01:52
 
 
 

牡羊座が支配する身体のパーツとケアのポイント

 
12の星座はそれぞれ、
私達の身体のあるパーツも象徴・支配しています。
該当の場所をマッサージなどのケアをすることで、
全身のセルフケアを行うことが出来ます。
 
 
牡羊座は12星座のスタート。
支配パーツは「頭部」(頭髪・脳・目)になります。
 
エネルギッシュで行動派な情熱の持ち主であるということは、
カーッと頭に血が上りやすいタイプとも言えます。
ですから、高血圧や頭痛になりやすいでしょう。
また、せっかちなので慌てて頭部にケガしたり、
性に合わない我慢を続けると、
目に炎症を起こしやすいので 気をつけましょう。
頭皮ケアも丁寧に行いましょう。