うまずたゆまず

コツコツと

八専(はっせん)

「八専」(はっせん)とは、
日の「干支」
「壬子」の日(49番目)から「癸亥」の日(60番目)までの12日間で、
同じ五行に属する日が8日間あることから「八専」と言われています。
 
「八専」の期間は、天地陰陽の気が偏ることから、
気が乱れ、何事も上手くいかない期間とされています。
 
またこの期間は降雨が多く、
特に八専の2日目を「八専二郎」と言って、
この日に雨が降ると長雨になるとされており、
農家の厄日の一つとなっています。

f:id:linderabella:20210823025811j:plain

 

 

八専とは

 
干支
「干支」とは
「十干」と「十二支」の組み合わせによって作られた名称です
  • 十干 (じゅっかん):甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
  • 十二支(じゅうにし):子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
 
「十干」は五行の「木」「火」「土」「金」「水」のどれかが割り当てられ、
更に、陰陽説の「陽」を表す「兄(え)」と「陰」を表す「弟(と)」が
割り当てられています。
また、「十二支」も五行の「木」「火」「土」「金」「水」が
割り当てられています。
 
十干 読み 五行 陰陽
きのえ 兄(陽)
きのと 弟(陰)
ひのえ 兄(陽)
ひのと 弟(陰)
つちのえ 兄(陽)
つちのと 弟(陰)
かのえ 兄(陽)
かのと 弟(陰)
みずのえ 兄(陽)
みずのと 弟(陰)
 
十二支 五行
 
六十干支
この組み合わせが60種あるので
「六十干支」(ろくじっかんし)と言います。
この干支は60日周期で
「甲子」(きのえね)から「癸亥」(みづのとゐ)まで
規則正しく配置されています。
 
六十干支 十干 十二支 専一  
甲子    
乙丑  
丙寅  
丁卯  
戊辰
己巳  
庚午  
辛未  
壬申  
癸酉  
甲戌  
乙亥  
丙子  
丁丑  
戊寅  
己卯  
庚辰  
辛巳  
壬午  
癸未  
甲申  
乙酉  
丙戌  
丁亥  
戊子  
己丑
庚寅  
辛卯  
壬辰  
癸巳  
甲午  
乙未  
丙申  
丁酉  
戊戌
己亥  
庚子  
辛丑  
壬寅  
癸卯  
甲辰  
乙巳  
丙午
丁未  
戊申  
己酉  
庚戌  
辛亥  
壬子

 

 

 

 

 

 

 

癸丑 間日
甲寅
乙卯
丙辰 間日
丁巳
戊午 間日
己未
庚申
辛酉
壬戌 間日
癸亥
 
五行の気が重なることを「専一」と言います。
全部で12日ありますが、うち8日が最後に集中しています。
「壬子」から「癸亥」までの12日間に8日だけあるので
「八専」と呼び、要注意日としました。
 

八専間日

 
ただ、八専の期間中に
干と支の性質の組み合わせが同じでない日の
「癸丑」「丙辰」「戊午」「壬戌」の4日は「八専間日」と呼び、
「八専」の期間ではありますが、
「間日」は凶日ではないとされています。
 

八専にしてはいけないこと

 
「八専」の期間は、天地陰陽の気が偏ることから、
気が乱れ、何事も上手くいかない期間とされています。
また、神が冥界に帰るため、神事や弔事は行えません。
 
この期間は、以下のことは避けた方が良いと言われています。
  • 法事(仏事や供養など)
  • 神事
  • 入籍や結婚など婚礼に関すること
  • 契約
  • 柱を建てる(土木関係)
  • 建物の解体、木の伐採のような破壊に繋がること
  • 引っ越し
  • 針灸                  など
 
また、八専の期間は雨が多いため、
農家にとって「凶日」と言われ、
この期間に木や竹などを伐採すると虫が入ってしまうため
避けた方が良いと言われています。
 

令和3年「八専」の日

 
  •  1月 : 1月 4日(月) ~  1月 15日(金)
  •  3月 : 3月 5日(金) ~  3月 16日(火)
  •  5月 : 5月 4日(火) ~  5月 15日(土)
  •  7月 : 7月 3日(土) ~  7月 14日(水)
  •  9月 : 9月 1日(水) ~  9月 12日(日)
  • 10月 :10月31日(日) ~  11月 11日(木)
 
 

f:id:linderabella:20201220063356j:plain