うまずたゆまず

コツコツと

花祭り(灌仏会・仏生会・降誕会)

仏教での「花まつり」とは、
“お釈迦さまのご生誕をお祝いする日”のことです。
お釈迦さまの誕生日である毎年4月8日の前後には、
宗派に関係なく全国の寺院や地域をあげてお祝いをします。
 
 
「花まつり」という呼び名が定着しましたが、
正式名称は「灌仏会」(かんぶつえ)です。
また、「浴仏会」(よくぶつえ)、「仏生会」(ぶっしょうえ)
「降誕会」(こうたんかい)などの別名もあります。
このように呼び名が沢山あるのは、仏教にも宗派があるからです。
宗派を問わず使える「花まつり」という呼称が、
今ではこの行事を代表する名前になっています。
 
 
その誕生仏に
柄杓で甘茶を注いでお祝いする習わしがあるのですが、
それは、お釈迦様が生まれた時に誕生を祝って
9匹の龍が天井から甘露の雨を降り注がせたという
言い伝えに由来するそうです。
 
 

花御堂と誕生仏

 
「花御堂」(はなみどう)とは、
たくさんの花で飾りつけた小さなお堂で、
「花まつり」の名称の由来にもなっています。
お釈迦様が誕生した「ルンビニの花園」を模したものです。
 
お寺の境内に設置された花御堂に、
「灌仏桶」(または「浴仏盆」)と呼ばれる
たらいのような器を置いて甘茶で満たし、
その中央に「誕生仏」を安置します。
 
お釈迦様は生まれてすぐ、
東西南北に向けてそれぞれ七歩ずつ歩き、
右手は天を、左手は地を指し
「天上天下唯我独尊」と唱えたと言われています。
生きとし生けるものは誰もがこの世にひとつの尊い存在である、
といった意味です。
「誕生仏」とそのポーズはこの故事に因んだものです。
参拝者はこの誕生仏に甘茶をかけ、お釈迦様の誕生日を祝います。
 
 

甘茶

 
花まつりに欠かせない「甘茶」は、
ユキノシタ科の植物「アマチャ」の若葉を煎じた、
自然な甘みのある飲み物です。
「甘茶」は生薬としても知られ、
無病息災の効験があるとして重宝されています。
なお、日本で「灌仏会」が始まった奈良時代から江戸時代頃までは、
「甘茶」ではなく「香水」(こうずい)という水が使われていたようです。
 
「甘茶」は「誕生仏」にかけて、お釈迦様の誕生日を祝います。
お釈迦が生まれる際、九頭の龍が天から現れ、
お釈迦様の頭から甘露の雨を注いだという言い伝えに基づくもので、
灌仏会の「灌」とは水を注ぐという意味です。
 
因みに、似た名称の「アマチャヅル茶」は
ウリ科の植物「アマチャヅル」から作られるお茶で、
これを「甘茶」と呼ぶこともありますが、本来は全く別のものです。
 
 

白い象と稚児行列

 
花まつりの際に、稚児行列を行うところもあります。
「白い象」に乗せた「花御堂」を引いて
子供達が界隈を練り歩きます。
この白い象は、
 
お釈迦様の母マーヤー王妃(麻耶夫人=まやぶにん)が
お釈迦様を身ごもる前に見た夢に現れたと伝えられています。
象は6本の牙を持ち、なかなか子供の出来ないマーヤー王妃の
右脇からお腹の中へと入っていきました。
夢から覚めると、王妃はお釈迦様を身ごもっていたそうです。
 
象は当時から神聖な生き物とされ、
白は穢れのない清浄な色とされていました。
 

f:id:linderabella:20201227110645j:plain