うまずたゆまず

コツコツと

臘日(ろうじつ、ろうにち)

f:id:linderabella:20201020074553j:plain

 
「臘日」(ろうじつ、ろうにち)は、
元々は、古代Chinaの「臘祭」(ろうさい)という
年末の習慣が由来とされた日と言われています。
 
「臘祭」の「臘」という字には「繋ぎ合わせる」という意味があり、
神と祖先の祭祀を一緒に行う(繋ぎ合わせて行う)もので、
「臘」は「猟」(りょう)に通じることから、
猟で捕まえた動物を神や先祖に捧げる祭りが12月に行われていました。
 
その日が「大寒」に近い「戌の日」で、
これを「臘日」(ろうじつ、ろうにち)と呼んだそうです。
それが後に「辰の日」に変わったと言われています。
 
日本には祭りの風習は伝わらず、「臘日」という言葉だけが伝わり、
「暦注」(れきちゅう)のひとつとなりました。
古くからこの名を暦に見ることが出来ます。
日本最古の暦である「具注暦」にも記載されています。
それらによると、
  1. 「小寒」の後、2度目の「辰」の日
  2. 「大寒」に最も近い「辰」の日
  3. 「大寒」の後、最初の「戌」の日
  4. 旧暦12月9日           と様々です。
 
また、「繋ぎ合わせる」という意味から、
この日を年の暮れとして「大祓」を行うところもあるため、
「大晦日」のことを「臘日」(ろうじつ)と呼ぶこともあります。
また、旧年と新年の境目になる「旧暦12月」を
「臘月」(ろうげつ)と言ったりもします。
 
この日は、神事や婚礼は「凶」とされています。
 

令和4(2022)年の「臘日」はいつなのか?

「臘日」がいつなのかについては、上記に説明したようにいくつかあり、
カレンダーごとに違ってくるようです。
 
  1. 「小寒」の後、2度目の「辰」の日 ➡ 1月27日(木)
  2. 「大寒」に最も近い「辰」の日   ➡ 1月15日(土)
  3. 「大寒」の後、最初の「戌」の日  ➡ 1月21日(金)
  4. 旧暦12月9日          ➡ 1月11日(火)
 と様々です。