うまずたゆまず

コツコツと

秋の七草

「秋の七草」は、『万葉集』に収録されている、
山上憶良が詠んだ2首の和歌が由来と言われています。
 
「秋の野に 咲きたる花を
 指折り(およびをり)かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」
「萩の花  尾花  葛花  撫子の花  女郎花  また藤袴  朝貌の花」
 
1つ目の歌で
「秋の野に咲いている草花を指折り数えると7種類ある」とし、
2つ目の歌で
「それは萩の花、尾花、葛の花、撫子の花、女郎花、
 また藤袴、朝貌(あさがお)の花である」と述べています。
「朝貌」については諸説ありますが、現在では桔梗(ききょう)が定説です。
 
「春の七草」が七草粥にして無病息災を祈るものに対し、
一方、「秋の七草」はその美しさを鑑賞して楽しむだけでなく、
薬用など実用的な草花として昔の日本人に親しまれたものが選ばれています。
 
「秋の七草」の鑑賞時期は、
旧暦の7月、8月、9月ですので、
現在の暦に当てはめると、9月中旬頃から11月初旬頃になります。
 
 
秋の七草は以下の七つです。
 
 
萩(はぎ)

「草かんむり」に「秋」と書く、まさに秋を代表する花の1つです。
ですが実際は、枝垂れた枝に赤紫色の花が
夏の盛りから咲き始めて、秋の初めに満開になります。
山野に自生していたり、庭木としても使われています。
根が、咳止めや胃の痛み、下痢止めなどに効果があるとして
漢方としても使われてきました。
また、秋のお彼岸にお供えする「おはぎ」の名の由来にもなっています。
 
 
尾花(おばな)=芒、薄(すすき)

山や野原などに自生しているススキは、
平安時代は赤い花が咲いている状態を「薄」(すすき)
白い穂になっている状態を「尾花」(おばな)
使い分けていたようです。
確かにススキの穂は馬の尾に似ています。
夏から秋にかけて十数本の分かれた花穂を浸けます。
根や茎に、利尿作用があると言われています。
 
 
葛(くず)

8~9月に赤紫色の、藤を逆さまにしたような美しい花を咲かせます。
この植物は雑草として厄介者扱いされることが多いのですが、
非常に有用な植物で、
根からはでんぷん質「葛粉」が得られ、
葛切りや葛餅などとして食用されます。
風邪薬として有名な「葛根湯」の原料にもなります。
また、肩こりや神経痛にも効果が期待出来ると言われています。
蔓繊維の芯を解して繊維にしたものは、
「葛布」と呼ばれる強靱な生地を作り出します。
蹴鞠の袴「葛袴」は、この生地で仕立てたスポーツ向けの袴です。
 
 
撫子(なでしこ)

秋の花とは言え、かなり長期間咲いているので、
別名「常夏」と言われています。
「大和撫子」は日本原産のカワラナデシコの別名です。
花弁の縁を細かく裂いたような、可憐な花で、
和歌などでは、美しい女性の代名詞とされます。
煎じて飲むと、むくみや高血圧に効果が期待出来ると言われています。
 
 
女郎花(おみなえし)

黄色い小花を搗ける愛らしい花です。
女性の美しさの例えに使われることもあります。
根に消炎作用があると言われています。
 
 
藤袴(ふじばかま)

「秋の七草の中」で、
最も目にする機会が少ないのがこのフジバカマで、
今や絶滅危惧種です。
淡いピンク色の小さな花が8~9月頃に咲きます。
フジバカマの葉には、
桜の葉と同じように「クマリン」という成分が含まれており、
乾燥させると「桜餅の匂い」がします。
良い香りの植物と言うことで、
古代Chinaではフジバカマを「蘭草」と呼び、
入浴剤にして沐浴すると、魔除けになると言われました。
また口臭予防にも用いられ、
帝の前に出る時には蘭草を口に含んだとも言われています。
日本では、乾燥させた茎や葉を香料として使われてきました。
また、煎じて飲むと、糖尿病に効果が期待出来るそうです。
 
 
桔梗(ききょう・朝貌のこと)

『万葉集』で「朝皃之花」(朝顔の花)とされている花は、
「桔梗」(ききょう)だとする説が一般的です。
 
 
奈良時代の「アサガオ」=「桔梗」であったところに、
平安時代に漢方薬として輸入され、
「桔梗」は「キキョウ」として区別されるようになったと
言われています。
星のような青紫色の花をつけます。
根を煎じて飲むと咳や喉の痛みに効果が期待出来るそうです。
 

f:id:linderabella:20201227114520j:plain