うまずたゆまず

コツコツと

十日夜(とおかんや・とおかや)

f:id:linderabella:20201123054638j:plain

 
 
旧暦の10月10日は「十日夜」
東日本を中心に行われる秋の収穫祭です。
 
令和3(2021)年は11月14日(日)です。
 
 

f:id:linderabella:20201123052857j:plain

 

「十日夜」(とおかんや)とは?

 
月齢が十日目に当たるので「十日夜」と言います。
「とおかんや」または「とおかや」と読みます。
 
十五夜」「十三夜」に続き、
その年に行われる三回目のお月見を行う地域もあることから
「三の月」と呼ぶこともあります。
そして、「十五夜」「十三夜」「十日夜」の
「三月見」(さんつきみ)が全て晴れると良いことがあると
言われています。
 
更に「十日夜」は、
稲刈りが終わって田の神様が山に帰る日なので、
「刈り上げ十日」とも言います。
「十日夜」は、田の神に感謝する収穫祭の意味合いがある行事でした。
 
f:id:linderabella:20201123054852j:plain
 
 

収穫祭

 
田の神様が山に帰るこの日は、
稲の収穫に感謝し、翌年の豊穣を祈って
田の神に餅やぼた餅をお供えし、
田の神にお供えした餅やぼた餅や収穫した食べ物を
いただきました。
 
 
 
「十日夜」の習慣は東日本を中心に残っていますが、
収穫祭の内容は地方によっても違いがあります。

かつて「十日夜」では、
夕方から夜にかけ、集団になった子供達が歌いながら、
刈り取り後の稲を縄で固く巻いて棒状にした「藁鉄砲」で地面を叩き、
庭先を回る光景が見られました。
 
歌は地域によって異なり、
例えば埼玉県には、
「トーカンヤ、トーカンヤ、
 朝そばきりに昼団子、ヨーメシ食ったらひっぱたけ」
                     (秩父地方)
 
「トーカンヤ、トーカンヤ、
 十日の(または“イノコの”)ぼた餅生でもいいから
 十(とう)食いたい
               (入間地方、川越市周辺)
などのバリエーションが存在します。
 
藁鉄砲で地面を叩くのは、
農作物の敵であるモグラやネズミなどの害獣を駆除する他、
五穀豊穣を願う“まじない”としての意味合いからで、
昔は地面を叩いた時に「カーン」といい音がするよう、
藁鉄砲の中に里芋の茎を入れたりしました。
藁鉄砲は群馬県や埼玉県、長野県の一部地域で行われています。
 
 

 
 
また長野県の一部地域では、
「案山子揚げ」と言って、
「十日夜」は案山子の神が天に上る、または山の神になる日とされ、
田から案山子を引き揚げ、案山子を神として祀り、
蓑笠をかぶせ、箒や熊手などを持たせてお供え物をします。
「案山子引き」、「ソメの年取り」とも言います。
 
 

亥の子

 

f:id:linderabella:20200723094546j:plain

一方西日本では、同じような意味で、
「亥の子」(いのこ)という行事が行われます。
「亥の子」とは、亥の月の最初の亥の日に行われる行事のことで、
子孫繁栄や無病息災を願い、収穫に感謝し豊作を祈願します。
他に「亥の子祭り」や「玄猪(げんちょ)」「亥の子の祝い」とも
呼ばれています。
 

www.linderabell.com