うまずたゆまず

コツコツと

12月24日「納めの愛宕」です。

「縁日」とは、御本尊としている高僧や神仏の
降誕日や命日など縁のある日を指します。
神仏との繋がりを持つために、
この日にお参りをすると
普段よりもたくさんの徳を得られるとされているため、
昔から縁日にはたくさんの人々が訪れます。
 

linderabella.hatenadiary.com

 

毎月24日は、「愛宕権現」(あたごごんげん)の縁日です。
愛宕権現を祀る愛宕神社では供養や法要が行われます。
なぜ24日が愛宕の縁日の日付になったのかについては、
明確に分かっていません。
 
毎月24日にある愛宕の縁日の中でも、
その年最初の1月24日を「初愛宕」、
その年最後の12月24日を
「納めの愛宕」または「終いの愛宕」と呼びます。
 

 
「愛宕権現」は、火災を防ぐ「火伏せの神」として有名です。
愛宕神社は全国に約900社あり、
総本宮は京都府京都市にある愛宕山の上に鎮座しています。
京都人にとっては、
「火迺要慎」(ひのようじん)のお札をいただく山であり、
「千日詣」(せんにちもうで)の山でもあります。
「千日詣」は7月31日の夜から翌早朝にかけて登拝する行事で、
この日に登ると、千日分の火伏せ・防火の御利益がいただけると
言われています。
 
 
また「愛宕の三つ参り」という言い伝えがあり、
3歳までの子供がお参りする「三歳詣り」は、
生涯に渡り、火事から身を守っていただけると言われています。
愛宕神社への参拝の道すがら、参拝者がすれ違う時に
「おのぼりやす」「おくだりやす」 と声を掛け合い、
互いの労をねぎらいます。
 
  • 住所:〒616-8458
       京都府京都市右京区嵯峨愛宕町1
 
<関連事項>