うまずたゆまず

コツコツと

選日(せんじつ)

暦に書かれている暦注の中で、
六曜、十二直、二十八宿、九星、
暦注下段に含まれないものをまとめて
「選日(撰日)」(せんじつ)または「雑注」と言います。
 
一般には、「三隣亡」「八専」
「不成就日」「一粒万倍日」「天赦日」
「天一天上」「大犯土・小犯土」などを指しますが、
その大部分は、
干支の組み合わせや法則的な配列に意味を持たせて
吉凶の判断が行われています。
建築や引越し、婚礼など、
暮らしに身近な注意や禁忌が示されます。
また、「庚申」や「甲子」といった雑注は、
干支と民間信仰が結びつき、
神を尊ぶ行事や祭りとして
古くから庶民の間で行われていました。
これらの中には、今も残っているものがあります。
 

選日一覧

天赦日てんしゃにち

 f:id:linderabella:20210406174614j:plain

天赦日は百神が天に昇る日で、
天が地上の万物を生養し、その罪を許す日。
暦の上での最上の吉日です。
年に5~6回しかなく、
結婚、引越し、旅行、その他何をやっても吉の日です。
 
八専はっせん

  f:id:linderabella:20210823025811j:plain

八専は日の干支をもとにしていて、
「甲子」の日から「癸亥」まである十干十二支の9番目の
「癸子」から60番目の「癸亥」の12日間です。
干と支の性質が同じ組み合わせの多い期間で、気が傾き、
つり合いが取れず、順調に進まないという凶日です。
 
十方暮じっぽうぐれ
十方暮は干と支が「相剋」の関係で組み合わさる日。
「甲申」から「癸巳」の間の10日間で、
天地の気が相剋するため何事も上手くいかないとされる日です。
 
三隣亡さんりんぼう
三隣亡は、棟上げなどを行うと三軒隣まで亡ぼすとされ、
建築に関することは凶とされます。
 
天一天上てんいちてんじょう
天一天上は日の干支が「癸巳」から「戊申」までの16日間で、天一神が天に行き、地上で悪さをしない期間なので、
どこに出掛けるのも良しとされます。
但し、日遊神が地上に降りている期間とされ、
家の中を清潔にしなければならないとされます。
 
土用どよう
本来は「雑節」ですが、”用”には働きの意があり、
土気の最も働く期間という「暦注」でもあります。
各季節の終りの約18日間で年に4回あります。
土の気が盛んになり、
動土や穴掘りなど土を犯す作業が凶とされています。
 
三伏さんぷく
「初伏」「中伏」「末伏」の3日を「三伏日」と言い、
凶日とされています。
夏至の後の3度目の庚の日が「初伏」、4度目が「中伏」、
立秋後の最初の庚の日を「末伏」とします。
いずれも結婚、旅行は凶とされます。
 
甲子かつし

  f:id:linderabella:20201225131338j:plain

甲子は日の干支が60種類ある中の最初であり、
吉日とされています。大黒天の縁日でもあります。
 
己巳つちのとみ

  f:id:linderabella:20200725054637j:plain

「巳待」(みまち)とも言い、
福徳付与の神である弁財天を祀る日です。
巳は弁財天の使者であると考えられたため、
己巳の日に弁財天を祀るようになりました。
 
庚申こうしん

  f:id:linderabella:20201112164955j:plain

日の干支が「庚申」の日。
干の庚が金の性質、支の申も金の性質なので、
金の性質が重なる日。
庚申の日は人の心が冷たくなる日とされます。
 
一粒万倍日いちりゅうまんばいび

  f:id:linderabella:20210307064038j:plain

一粒の籾が万倍にも実る稲穂になるという意味で、
結婚、引越しには吉日。
また、何かを始めるにはとても良い日です。
但し、お金を借りたりすることは凶です。
 
不成就日ふじょうじゅび
何をやっても思っていた結果に結びつかない日。
結婚や引越しには凶です。
また、急に思い立ったことを始めることや願い事も
良くない日です。
 
犯土つち
土に休養を与えるべき日とされ、
土に関することは慎むべきとされています。