うまずたゆまず

コツコツと

選日(せんじつ)

暦に書かれている暦注の中で、
六曜、十二直、二十八宿、九星、暦注下段に含まれないものをまとめて
「選日(撰日)」(せんじつ)または「雑注」と言います。
 
八専 「天干」と「地支」の五行の気が揃う日のこと。
壬子から癸亥までの間に8日だけあるので、「八専」と呼びます。
1年に六度。
気が乱れ、物事が上手くいきません。
また、神が冥界に帰るため、神事や弔事は行えません。
単純作業をするといいでしょう。
十方暮 「天干」と「地支」の気が、
「相剋(互いのエネルギーを削る)」の関係になっている日。
何事も上手く行かない厄日。
骨折り損のくたびれもうけになりやすいので、
大人しくしていたほうが無難。
三隣亡 家を建てたり、大工のように高いところへ昇ったりすると
不運が訪れるとされる日。
「(この日に建てた家は)火事で三軒隣まで焼き尽くす」
という意味がある。
もとは「三輪宝」というめでたい日だったが、凶事に転じた。
天一天上
f:id:linderabella:20201127063511j:plain
方角神の一つ、天一神が天に上がっている日。
天一神の祟りはないが、その代わりに
日遊神が地上に降りて家の中に留まるので、
この期間は家の中を清潔にしなければ
日遊神の祟りがあるとされている。
家さえキレイにしておけば、
どこへ出かけても幸福な出来事に出会える日。
旅行に最適。
一粒万倍日
f:id:linderabella:20210307064038j:plain
一粒の種を蒔くと万倍にも実を結ぶ意から、
開店、種まき、投資は吉。
人から物を借りたり、借金は凶。
他の歴注の吉日と重なったら効果倍増、
凶日と重なったら半減する。
不成就日 万事に成就しないで悪い結果だけを招く日。
何事も凶。
大明日 すみずみまで太陽が照らす吉日。
結婚、旅行、引越しなどは吉、
新しいことを始めるにも良い日です。
母倉日 特に婚姻に良い日。
母が子を育てるように、天が人々を慈しむ日。
天恩日 天恩のある日で、吉事に用いて大吉。
結婚、旅行、引越し、いずれも良い日。
但し、凶事に用いてはならない日。
神吉日 神事に関することは吉とされる日。
神社の参拝や祖先を祀ることなどは吉。
月徳日 その月の福徳を司る日。
万事障りのない日で、家の増改築、土に関わることに吉日。
特に女性にとって吉日です。
天赦日
大吉日。
天の恩恵により何の障害も起きない大吉日とされ、
特に、結婚、開店、事業創立、
拡張等に用いて最良の日とされています。
万に用いてよしの太鼓判の日。
他の凶日と重なっても、忌むに及ばない最上の吉日です。
何をしても諸災を除ける大吉日です。
受死日 暦では、「黒丸(●)」の印で記載される最悪の日。
他の暦注を見る必要もないほどの凶日。
結婚も旅行も引越しも避けた方が良い日。
お葬式だけは問題ない日。
十死日 受死日に次ぐ凶日。
結婚、旅行、引越しともに避けた方が良い日。
「受死日」と異なり、お葬式もやらない方が良いとされている。
帰忌日 星の精が降りてきて、家の門にいて、
帰るのを邪魔する日とされています。
特に旅行は避けた方が良い日です。
血忌日 何事をするにも血を見る日。
または血を見ることが「凶」とされ、
鍼灸、刑戮、狩猟などが凶。
地火日 大地の火気が激しい日。
土を掘ることや植樹などを忌む日。
天火日 天に火気が激しい日で、
棟上げや屋根葺きなどを行えば、火災に遭う。
凶会日 陰と陽の調和がうまくいかない日。
何事も慎むべき日。
往亡日 往きて亡ぶ日という意味で、
旅行、引越し、結婚には「凶」の日。
重日 干支の「巳」と「亥」の日で、陽または陰が重なる日。
吉事を行えば吉事が重なり、凶事を行えば凶事が重なる日。
結婚は再婚に繋がることから凶。
復日 「重日」と同じように、
吉事は吉が重なり、凶事は凶が重なる日。
結婚は再婚に繋がることから凶。



f:id:linderabella:20200616092637j:plain