うまずたゆまず

コツコツと

若火・若火迎え

f:id:linderabella:20210513115257j:plain

 
新年の行事として、
大晦日に歳神様の祭壇に供える灯明の火種となる
新しい火を起こし、
福茶や雑煮を作る竈の火を焚くための神聖な火を迎える
「若火迎え」という行事がありました。
 
昔は、大晦日の夜に
神社で大きな篝火(かがりび)を焚いたり、
民家でも屋根裏に届くほどの大きな火を焚く風習が
各地にありましたが、
「若火迎え」の行事は比較的早く廃れてしまいました。
 
ただ、現代でも神社の境内で日没後に篝火を焚き迎えるところがあり、
京都八坂神社の「おけら火・おけら詣り」はそのひとつと言えます。
八坂神社では、12月31日午後7時半頃から「をけら詣り」、
1月1日には「白朮祭」(をけらさい)が行われています。
 


www.youtube.com

 
「おけら詣」は、社の前でおけら(朮)を燃やし、
その煙のたなびく方角でこの一年の吉凶を占う神事です。
参拝者はこの火を火縄に移して家に持ち帰り、
灯明を灯したり、雑煮やお節料理を作る火種としました。
 
かつて京都では「おけら売り」が売り歩き、
燻して蔵の湿気を払ったり反物の防カビに使われました。
色の白いのは「白求」と言って、昔は燈芯に使用しました。
生薬でもあり、邪気を払い長寿を願って正月にいただく
「お屠蘇」(おとそ)にも入っています。
「京都府レッドデータブック2015」で、絶滅危惧種に
分類されました。
 

f:id:linderabella:20201213093232j:plainf:id:linderabella:20201227110722j:plain