うまずたゆまず

コツコツと

お節料理

f:id:linderabella:20201223144011j:plain

 
「おせち料理」の「おせち」とは、
「御節供」(おせちく)を略したもので、
元々は季節の節目となる「節日」(せちび)
神様の供える食べ物のことでした。
 
「節日」(せちび)とは、
「元日」と「五節句」(人日・上巳・端午・七夕・重陽)のことで、
おせちとは、この日に食べる行事食でした。
その後、その中でも最も大事な節日である
「元日(正月)」に食べる
重箱に詰めた料理を指す言葉になりました。
 
重箱に詰めるのには、
「めでたさを重ねる」という意味があります。
「一の重」から「与の重」までの四段が本来の形ですが、
これは「完全」を表す「三」に更に一つ重ねるというから
四段目は「四の重」ではなく「与の重」と呼びます。
これは四の重は忌み言葉とされており、
「四」が「死」を連想させ
縁起が悪いと言われているからです。
また、料理の品数も
三、五、七といった奇数が縁起が良いとされています。
 
おせち料理には、栄養バランスや保存性のよさなど、
まさに先人の知恵の結晶と言えますが、
重箱に詰める時は、段毎に詰める内容が決まっています。
 
f:id:linderabella:20201223144011j:plain
 
おせち料理は
日本の懐石料理と同じくコース料理のようになっており、
大きく分けて、
「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」の5種類で、
それぞれの料理におめでたい意味やいわれがあります。
 
お重 種類 詳細
一の重 祝い肴
口取り
かまぼこ、栗きんとん、伊達巻き、
田作り、黒豆、数の子、
きんぴらごぼうなどを詰めます。
二の重 焼き物 鯛や鰤などの焼き魚、海老をはじめとする
海の幸を詰めます。
三の重 酢の物 紅白なますなどを詰めます。
与の重 煮物 里芋やクワイ、蓮根や人参など
山の幸を使った煮物、筑前煮などを詰めます。
 
なお、三段重の場合は、
  • 一の重:祝い肴と口取り
  • 二の重:焼き物と酢の物
  • 三の重:煮物
 
二段にまとめる場合は、
  • 一の重:祝い肴と口取り
  • 二の重:煮物、や好みの物
となります。
 

f:id:linderabella:20201223144011j:plain

 

壱の重[三つ肴、口取り]

 重ねた時に一番上になる「壱の重」には、
 正月に相応しい「祝い肴」を詰めます。 
 
「三つ肴」(みつざかな)
 お節料理に欠かせない三品で、
「三つ肴」「三種肴」とも呼ばれています。
  • 関東:黒豆、数の子、田作り(ごまめ)
  • 関西:黒豆、数の子、叩きごぼう
● 黒豆
マメに(勤勉に)働き、
マメに(丈夫で元気に)暮らせるように。
関東では、
「シワが寄るまで元気で働けるように」と、
長寿の意味を込めてシワが入るように豆を煮ます。
● 数の子
子宝に恵まれ、子孫繁栄。
ニシンの子なので「二親健在」にも通じる。
● 田作り
イワシが畑の肥料だったことから
「田作り」「五万米」(ごまめ)と呼ばれ、
豊作祈願の料理。小さくても尾頭付きで。
● 叩きごぼう
ごぼうのように根を深く
家の土台がしっかり張り、代々続くように。
叩いて身を開き開運を願います。
 
 
 「三つ肴」の他、お正月ならではのおめでたい料理が入ります。
● 紅白かまぼこ
半円形は日の出(年神様)を表します。
おめでたい紅白で、
紅は魔除けの意味があり、白は清浄を表します。
● 伊達巻
「伊達」には華やかという意味があります。
巻き物が書物や掛軸に通じることから、
知識や文化の発達を願うものです。
● 昆布巻
「喜ぶ」にかけて
● 栗きんとん
栗は「勝ち栗」と呼ばれる縁起もの。
「金団」と書き、
黄金色で縁起が良く、蓄財に繋がります。
● ちょろぎ
「長老喜」「千世呂木」と書き、
長寿を願います。
● 錦玉子
黄身と白身の2色が「金」と「銀」に譬えられ、
2色を錦と語呂合わせしているとも言われています。
 
 

弐の重【焼き物】

 縁起のいい海の幸が中心です。
 
● 鰤
(ブリ)
ぶりは大きさによって名前が変わる出世魚。
ぶりで立身出世を願う。
● 鯛
(タイ)
「めでたい」にかけて。
姿も良く味も良い鯛は、
江戸時代から
「人は武士、柱は檜の木、魚は鯛」と言われ、
めでたい魚として祝膳には欠かせないもの。
● 海 老
 (エビ)
腰が曲がるまで長生き出来るように。
 

参の重【煮物】

 山の幸を中心に、家族が仲良く結ばれるよう煮しめます。
 
● れんこん
穴があいていることから、
将来の見通しがきくように。
● 里芋
子芋が沢山つくことから、子孫繁栄。
● 八つ頭
頭となって出世をするように、
子芋が沢山つくので子孫繁栄。
● くわい
大きな芽が出て「めでたい」、
子球が沢山つくので子孫繁栄。
● ごぼう
根を深く張り代々続く。
 

与の重【酢の物・和えもの】

 忌み数字の「四」は使わず、「与の重」とします。
 日持ちのする酢の物などを詰めます。
 三段重の場合は、酢の物も焼き物などと一緒に、
 彩りよく詰めるとよいでしょう。
 
● 紅白なます
紅白でめでたく、祝いの水引にも通じます。
根菜のように根を張るように。
● 菊花かぶ
菊は邪気を祓いと不老長寿の象徴です
● 小肌粟漬け
小肌はコノシロという魚の成魚になる前の名前。
出世魚で縁起が良いです。
クチナシで黄色く染めた粟で、五穀豊穣を願います。
 

五の重【控えの重】

年神様から授かった福を詰める場所として空っぽにしておくか、
家族の好物や予備の料理などを入れます。
f:id:linderabella:20201213093232j:plainf:id:linderabella:20201227110722j:plain