うまずたゆまず

コツコツと

上弦の月

満ち欠けする月には
その時々の見え方、形によって様々な名前がつけられています。
「三日月」「上弦の月」「満月」「十六夜」「下弦の月」
・・・・など美しい名前が並びます。
 
同じ半月でも、
「上弦の月」は新月から数えて月齢が7日目頃の月のことを言います。
「下弦の月」は月齢が23日目頃の月のことを言います。
 
「上弦」や「下弦」の名前に使われている「弦」(つる)というのは、
弓に張る糸のことで、半月の形が弓に似ていることから、
弓の真っ直ぐな部分である「弦」の漢字が用いられたと言われています。
 

f:id:linderabella:20210913180114j:plain

 
 
「上弦」という名前は、
月が沈む時に弓を張ったような形(弦の部分(直線部))が上で、
半円部のカーブしている方が下の状態)に見えることから
名付けられました。
 

 
他にも、「弓張月」(ゆみはりづき)、「上の弓張り」(かみのゆみはり)
「玉鉤」(ぎょっこう)など多くの名前で呼ばれます。
因みに「玉鉤」は、古代Chinaで儀式が行われた際、
革帯を留めたカギのことを言います。
 
そして「下弦の月」は、弦の部分が下で沈む月を言います。
 
 
「上弦の月」は、
昼頃に東の空に昇り、夕方頃に南中、
そして真夜中に西の空から沈んでいきます。
 
一方、「下弦の月」は、
真夜中に東の空に昇り、明け方頃に南中、
そして昼頃に西の空から沈んでいきます。
 

 
ところで「上弦の月」の日には、
新月から始めたことを、
ここで一度見直したり、改良したり、軌道修正をしていくと、
その後の流れが良くなると言われています。