うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「草露白」

「くさのつゆしろし」と読みます。
 

 
 
草や花の上に降りてきた朝露が、白く光って見える頃。
この時期は朝晩と昼の寒暖差が大きくなり、
夜の空気が冷やされることで朝に露ができます。
少しずつ秋の気候になってきました。
 
「露草」は日本全国に幅広く生息し、素朴で可愛らしい、
青く小さな花を咲かせます。
 
早朝に花を咲かせ、
午後にはしぼんでしまうという特徴があります。
そこから、朝に出来て午後には消えてしまう
「朝露」のようだと捉えられ、
「露草」となったそうです。
 
その他にも、その特徴的な花の形から、
「蛍草」(ほたるぐさ)や「帽子花」(ぼうしばな)
花の鮮やかな青色から「青花」(あおばな)といった別名もあります。
 
 
「青花」はキモノの白生地に下絵を描く時に使われています。
天然の成分のものは、「本青花」(ほんあおばな)と呼ばれます。
本青花は、露草の花びらの汁から作られます。
この汁で描いた線は、水で消える特徴があるので、
友禅染めの柄付けの下絵に使されています。

f:id:linderabella:20201227114520j:plain